ブロンプトンを買うと後悔する?7年使った経験から「ダメだった点」を語ります!


晴れた川沿いのブロンプトン

私は7年前に、ブロンプトンを買いました。

そして、買って後悔しました。

 

というのは、冗談です。笑

 

しかし、ここはダメだったな。。とか、
このポイントは、他の自転車のほうが良かったな・・とかいう、
「後悔ポイント」があったというのは、事実です。

 

ブロンプトンは、多くの方が評価するように、すばらしい折りたたみ自転車です。

折りたたみサイズの小ささ、頑丈さ、安定した走行性能・・など、
良いところを挙げようとしたら、きりがありません。

 

しかし・・・もちろん、すべてを兼ね備えた、
完全無欠の、パーフェクト折りたたみ自転車ではありません。

ちゃんと「デメリット」「欠点」と言えるようなポイントも、あります。

 

特に、7年も使っていると、いろいろと悪いところも浮かび上がってくるものです。

素晴らしい、離れることなど考えられない嫁だけど、
悪いところも、ゼロではない・・・といった感じでしょうか?笑

 

この記事では、ブロンプトンを買って長年、乗り回してきて、
「後悔したポイント」を軸に、お話ししていきます。

変速が貧弱

暗い海沿いに佇むブロンプトン

まず真っ先に挙げられる後悔ポイントとしては、
ブロンプトンは、「変速能力」がものすごく低いです。

 

現代のロードバイクや、ほとんどの折りたたみ自転車は、
10段、20段の変速があたりまえです。

最近はさらに段数がアップし、22段変速になったりもしていますね。

マウンテンバイクだと、30段変速タイプのものがあったりします。

 

対して・・・ブロンプトンは、ひとつの変速機あたり、
たったの「2速」、もしくは「3速」の変速しかできません

ブロンプトンの変速機には、外装変速機と内装変速機があり、
外装変速機のほうが、純正で2速、
内装変速機のほうが、純正で3速・・という仕様なんですね。

ふたつの変速機を掛け合わせて、やっと「6速」で、それが最大です。

 

ブロンプトンの購入を検討しているとき、
カタログで、ブロンプトンを眺め・・・

変速段数、どのくらい?・・2速。2速・・?

2速かい!!

と、ツッコミを入れたのを覚えています・・笑。

 

 

そして現代の自転車は、特に日本だと、
ほとんどの自転車が「シマノ」製の変速機を装備しています。

シマノは自転車の世界では、世界に誇る品質のコンポーネント(変速機など)メーカーで、すごく高品質な変速機をつくります。

実際、シマノの変速機を装備した自転車はかなり、安めのグレードのものであっても、
すぱすぱと、スムーズで快適な変速が可能です。

 

しかしブロンプトンは、そのシマノの高性能な変速機が使えないのです。。

ブロンプトン社独自制作の変速機とか、ちょっとマイナーなメーカーの変速機とか、
そういったものしか使えません。

なので変速のスムーズさとか、確実さとかいったものは、シマノ変速機に比べると大きく劣ってしまいます。。

値段としても割高になりがちですし、トラブルも多いです。。。

 

 

いちおう、変速が貧弱になっているのには、理由があります。

ブロンプトンは、折りたたみサイズを極限まで小さくするための設計上、
後輪をはめる部分の幅・・つまり「リアエンド幅」が一般的なスポーツ自転車よりかなり、小さくなっているんですね。

なので、いわゆる「普通の変速機」は使えない・・という、事情があるのです。

変速段数を上げたいからといって、シマノの多段変速機を着けよう!としても、それは無理なのです。。。

 

ブロンプトンで多段変速を実現する手段も、あるにはあります。

たとえば「外装3速化」という、ふつうは2速しかない外装変速機を、
特殊なカスタムで3速にまで拡張してあげたり・・・

もしくは「インター8」といった、普通は3速しかない内装変速機を、
8速まで拡張したり・・

もしくはリアエンド幅がロードバイクと同じくらいある、特殊なリアフレームを入手したり、
リアエンド幅をむりやり広げる処置をしたりして、一般的なシマノ変速機を使えるようにする・・とかですね。

 

しかしそれぞれの方法で、特殊パーツが必要になったり、特殊な作業が必要になったりしますので、
相当なお金がかかったり、メンテナンスがすごく面倒になったり・・と、デメリットが多いです。

なので私としては、実現するためには、
相当な覚悟が必要になるな・・と、思います。。。

 

ちなみに私は、そんな貧弱な変速性能なのであれば、
いっそ変速機は外して、シングルスピードで乗ってしまえ!と思い、現在は変速機無しのシングルスピード・ブロンプトンに乗っています。

 

と、いう感じなので・・・

ブロンプトンを検討するのであれば、
「変速機」「変速能力」といった部分では、他の折りたたみ自転車より圧倒的に劣るんだな・・と、理解してから検討するほうがいいと思います。

ポジション出しが難しい

ロードバイクは、ハンドルの位置やサドルの位置を自由に変えて、
「ポジション出し」ができます。

特にハンドルの位置を、「ステム」の長さによって調整できるので、
ハンドルがもっと近いほうがいいな・・遠いほうがいいな・・と不満を感じたなら、簡単に位置を変えることができます。

 

しかしブロンプトンは、ハンドル位置の調整が、基本的にできません

サドル位置だけはある程度、変えられるのですが・・・

「ステムを変える」という概念が無い自転車ですので、
ハンドルを遠ざけたり、近づけたり・・ということは、基本的に一切できないのです。

 

なのでもし買ってみて、ポジションが自分にまったく合わなかったとしたら、
後で変更することはできませんので、後悔することになります。。。

 

一応、ライザーバーをうまいこと使って、ハンドルを前に出す裏技・・といったものは、あります。

 

折りたたみサイズを大きくすることなく、ハンドルだけを前に出しポジション改善する方法を解説しています。

 

具体的な方法は、上の記事に書いたのですが・・・

私はもともとのハンドル位置だと、窮屈だと感じていたので、
いろいろと試行錯誤して、この裏技を編み出すことで、
快適なライディングポジションを実現できました。

 

しかしブロンプトンは、ポジション出しが難しい自転車だ、というのは事実ですので・・・

ブロンプトンを検討するなら、試乗などで「自分の体に合うか?」を徹底的に検討してから買うようにすると、
結局、良いポジションが出せない自転車だった。。と、後悔する可能性が減ると思います。

パンク修理の手間が多い

そして・・ブロンプトンは、パンク修理に手間がかかります

正しくは、「ホイールを着脱する手間」がロードバイクなどと比べたとき、かなり大きくなるんですね。

 

例えばロードバイクやクロスバイクだと、ホイールの着脱は数秒で終わります。

ブレーキアーチをさっと広げ、クイックリリースレバーをぐいっと広げ、ガコン!

と、瞬殺ですね。
(フロントホイールだと、クイックレバーをくるくる回す手間が加わりますが・・)

 

しかし・・ブロンプトンのホイール着脱はそれに比べると、何倍もの手間がかかります。

 

まず、ブロンプトンのホイールはクイックリリースレバーではなく「15mmナット」で固定されています。

このナットを前ホイールでは2個、後ホイールでは3個(チェーンテンショナーを固定しているものが1個あります)、
15mmレンチという工具でくるくる回してはじめて、外すことができます。

クイックリリースレバーだと工具不要ですので、「工具を取り出す手間」も余分にかかりますね。
(パンク修理をするのなら、キットと同時に取り出せばいいかもしれませんが・・)

 

レバーさえ開放すればすぐ外せるロードバイクと違って、
ブロンプトンの場合はホイールを外すときに「泥除けのステー」とか「チェーンテンショナー」とかいったものが絡んできます。

なのでこれらを、うまく処理する手間もでてきます。
(やってみるとわかると思いますが・・ホイール着脱の手順が、ちょっと「シンプルじゃない」のです・・)

 

 

加えて、ブロンプトンには「内装変速機がある」タイプと、それが無いタイプとがありますが・・

内装変速機があるタイプの場合、変速の再調整という、めちゃくちゃ手間がかかる作業が追加で発生します。

 

ここは、ブロンプトンのパンク修理について検索でもしていただけば、おわかりいただけると思いますが・・

それだけ10分以上は取られかねないような、かなり大変な作業のようですね。

私自身は「内装変速機無し」タイプのブロンプトンを使っているので、この手間は無いのですが・・

 

折りたたみ自転車でもクイックリリースを採用していて、ロードバイクと変わらないくらいの手間でパンク修理できるものは多いのですが・・

ブロンプトンを買うのなら、パンク修理に手間がかかる!ということを理解しておくほうがいいと思います。

重い

ブロンプトンは、重いです。

 

まあ、クロモリ鉄という鉄製の自転車ですので、当然かもしれません。

 

モデルにもよるのですが・・・

同じくらいのホイールサイズの他の折りたたみ自転車より、だいたい1-2kgくらい重いと捉えていいと思います。

 

なのでもしあなたが、持ち運びやすく、加速に優れた、
軽い折りたたみ自転車が良い!!・・と思われていたとしたら、
ブロンプトンの「重さ」は、後悔ポイントになると思います。

 

とはいえ、折りたたみ自転車はある程度重いほうがいい・・という考え方もできます。

いちばんの理由としては、ある程度重いほうが、重心が安定するからですね。

もともと不安定な折りたたみ自転車では、できるだけ安定してくれたほうが、いいのです。

 

とはいえまあ、ブロンプトンを検討をされるのであれば、
なかなかに、重い自転車なんだな・・ということを把握してから買うと、
後悔がないと思います。

錆びる

そして・・ブロンプトンは、錆びます。

これはまあ、鉄製自転車の宿命ですね。

 

アルミやカーボンの自転車ですと、基本的に錆びませんので、
(アルミは錆びるよ!というツッコミはしないでください・・笑)
気をつけるポイントがひとつ増えてしまう・・というのは、デメリットのひとつです。

 

あまりに錆びさせてしまうと、気持ちてきにイヤなだけではなく、
強度が低下してしまったりも、心配ですよね。。

 

とはいえ、ブロンプトンの錆対策の方法、というのはちゃんとあります。

 

ブロンプトンの錆を防ぐために、必要な方法やアイテムを解説しています。

 

詳しくは、上の記事に書いたのですが・・・
要は、フレーム内部に防錆スプレーを吹きまくる、という方法ですね。

そして防錆処理をちゃんとやっておけば、そんなに致命的に錆が進行することもないとは思います。

 

とはいえまあ、ブロンプトンは錆びるんだ!ということは理解してから買うほうが、後悔は少ないと思います。

でも・・総合的に、いい折りたたみ自転車です

と、思いつくままに、ブロンプトンを買って「後悔したこと」を語ってみたのですが・・・

逆に言えば、後悔ポイントというのは、そのくらいです。

 

すでに、多くの方が評価しているように、
ブロンプトンというのは、本当に良い自転車です。

 

折りたたみサイズの小ささにおいては、他の追随を許しませんし・・

頑丈さ、安定感、折りたたみのしやすさ・・といった多くの要素で、
他の自転車の、一枚も二枚も上をいくと思います。

 

高価なのが、たまにキズなのですが・・・

「輪行」など含め使い倒してあげるのなら、ちゃんと値段ぶんの価値はある・・と、個人的には思います。

もし、整備やメンテナンスのスキルがあるのなら、
ヤフオクなどで安く買う・・といった選択肢もありますし。

 

最終的にブロンプトンを選ぶにしろ、他の自転車を選ぶにしろ・・・

ブロンプトンの「後悔ポイント」・・つまり悪い面も知ったうえで、
良い面・悪い面の両方から、じっくりと検討してあげると・・・

失敗のない、納得いく一台を選び抜くことができるのではないか、と思います。

ブロンプトンに興味がある方に、おすすめの記事

最後に、ブロンプトンを買おうかな?と思う方に、役に立つかもしれないと思った記事をまとめてみます。

 

ブロンプトンのモデル、S2LとかM3Rとかいろいろあるけど・・どれを選べば幸せになれる?詳しく解説しています。

 

ブロンプトンが気になるけど・・「魅力」ってどこ?なにを求めて買うといいの?といったところを解説しています。

 

ブロンプトンを買おうかな?と思ってるけど・・「メンテナンス」ってどのくらい大変なの?そんな疑問に答えています

 

この記事ではブロンプトンを買うと後悔する?をテーマにお話ししてみました。

 

関連記事
ブロンプトンの整備に必須の工具を、「まず集めたほうがいいもの」を中心にまとめて紹介しています。

 

ブロンプトンを盗難から守るのに最適な、頑丈で持ち運びやすいU字ロックを解説しています。

 

ブロンプトンをちゃんと持ち上げて固定できる、おすすめメンテナンススタンドを紹介しています。

 

折りたたみ自転車「ブロンプトン」に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ