SK11のトルクレンチは自転車整備に使いやすい?おすすめ?他製品と比べた特徴は?


SK11トルクレンチで締める

自転車で走っている最中・・ボルトが緩んで、事故!!

もしくは・・せっかく買ったパーツが、ボルトの締めすぎで、バキッ!

・・・こんな事態を防ぐためにも、
「トルクレンチ」は、自転車整備における必須アイテムです。

 

トルクレンチにも、いろいろあるのですが・・・

 

私は「SK11」というメーカーの、「SDT3-060」というトルクレンチを、
もう4年ほど愛用しています。

 

そして、このトルクレンチは・・・

締め付けトルクがちょうどいい、使っていく中で「狂う」ことが少ない
スプロケットやボトムブラケットなど、さまざまなパーツに対応できるなどなど・・・
優れた点が、すごく多いです。

なので、個人の自転車整備においては、
これが最強のトルクレンチなんじゃないかな・・と、感じています。

 

 

SK11トルクレンチは、具体的にどうすごいのか?

実際の使用感はどんな感じなのか?

デメリットはあるのか?

以下、徹底レビューしていきます。

「SK11 デジタルトルクレンチ」を、実際に使うとこんな感じ!

開封の儀とか、そのへんはすっ飛ばしまして、
実際の整備では、どんなふうに使うのか?から解説していきます。

 

例えば、「ステムのボルト」を、決まったトルクで締め付けたいとします。

ステムのボルト

この部分のボルトですね。

 

ここは走行中に緩んだり、締めすぎていて壊れたりすると即!事故につながるところです。

最悪、いきなりハンドルが効かなくなるわけですので・・・

なので、トルク管理が必須!な部分ですね。

 

このステムの場合は、写真のとおり「5Nm」と書いてありますので、
5.0 N・mで締めるべきです。

ですので、トルクレンチを引っ張り出してきたら・・・

SK11トルクレンチのボタン部分

こんな感じで、ボタンが並んでいますので、
赤丸で囲んだ「C」ボタンを1回、押します。

すると・・・

SK11トルクレンチのボタン部分

前回指定していたトルクが、表示されますので、
赤丸で囲んだ矢印ボタンを押して、トルクを調整します。

目覚まし時計の時刻調整みたいな感じで、
長押しすると、数字がどんどん変わってくれて調整しやすいです。

SK11トルクレンチのトルク表示

今回はこんな感じで、「5.0 N・m」に合わせました。

この状態で、少し待つと・・・

SK11トルクレンチのトルク表示

こんなふうに、表示が0.0 N・mに変わり、
これで準備完了です。

 

では、実際に締めてみましょう。

SK11トルクレンチのヘックスビット

締めるためには、こういう「ビット」が必要です。

このトルクレンチはビットが別売ですので、
一緒に買わないと、使うことができません。ご注意ください。

 

SK11トルクレンチに使うヘックスビット

 

これは、いちばんの基本となる、「六角レンチ」タイプのビットですね。

他にもいろいろなビットがあり、下で詳しく説明するのですが・・・
とにかくまずは、この「六角レンチ」タイプがないと始まりません。

 

この、ビットを・・・

SK11トルクレンチのビット取り付け部分

この、トルクレンチのヘッドのところに・・・

SK11トルクレンチにビットを取り付けたところ

こんな感じで、カチッ!と取り付けることができます。

これで、本体のほうも準備完了です。
(取り付けたビットは、ボタンひとつで簡単に取り外せます)

 

そしていよいよ、締めていきます。

トルクレンチでボルトを締める

こんな感じで、ボルトにトルクを掛けていくと、
現在掛かっているトルクが、画面にリアルタイムで表示されます。

今回は、5.0 N・mを狙って締めていくわけですが・・・

トルクレンチでボルトを締める

徐々に力を加え、目的トルクに近づいてくると、
ピピピピピ・・という音とともに、緑色のLEDが点灯します。

そして、目的トルクに到達すると・・・

トルクレンチでボルトを締める

ピー!という音とともに、赤いLEDが点灯しますので、
この瞬間に締めるのをやめます。
(画像では5.0ちょうどにはなっていないですが、5.0になった瞬間にLEDが点灯します)
(音やLEDのおかげで、画面が見えないような体勢でも問題なく使えます)

これで、このボルトは5.0 N・mで締められたことになります。

 

長々と説明してしまいましたが・・・

実際には、難しいところも特に無く、
一連の流れで簡単に、ボルトを締めていくことができます。

 

このトルクレンチの実際の使い方というのは、こんな感じなのですが・・・

このトルクレンチには、ここが優秀!!と言えるような、
「優秀ポイント」がいくつもあります。

以下、説明していきます。

優秀ポイント①:多彩なビットに対応し、あらゆる場所を締められる

自転車でトルクレンチが必要な部分は、その多くが「六角ボルト」です。

六角ボルトのイラスト

このタイプのボルトですね。

 

しかし・・自転車の、トルクレンチが必要な部分というのは、
六角レンチにもいろいろあります。

例えば、「凹」タイプではなく「凸」タイプである、「六角ナット」を使っている自転車は、たくさんあります。

ブロンプトンのフロントホイールナット

例えばこれは、「ブロンプトン」という折りたたみ自転車の、前輪を固定するナット部分ですね。

 

それ以外にも、「スプロケットの取り付け」とか、「ボトムブラケットの締め付け」といった部分は、
ちょうどいい強さで締めるのが、大事な部分です。

50 N・mとかの、かなり強めで、しかもちょうどいい強さで締めるわけですよね。

 

そして「SK11 デジタルトルクレンチ」は、さまざまな特殊ビットに対応し、
挙げましたすべての部分の締め付けに、対応します
(それぞれ、トルクレンチ本体とは別売です)

さまざまなビット

例えばこれは、私が所有するすべてのビットを並べたものですが・・・

まあ、いろいろありますよね(笑)

 

ひとつ、例を挙げますと・・・
このレンチは「スプロケット」も締めることができます。

スプロケットの締める部分

スプロケットを、ホイールに締め込むときは、
ここを締めます。

そしてこのパーツの場合は、「40 N・m」と書いてありますので、
そのトルクで締めるべきですね。

ここを締めるためには・・・

スプロケット締め工具

こういう、「ロックリング締め付け工具」というものが必要です。

 

スプロケット締め付け用工具

 

この工具は、SK11トルクレンチに直接、装着することはできません。

なので・・・

24mmソケット

なのでこういう、「24mmソケット」というアイテムも必要になります。

 

 

この24mmソケットは、SK11トルクレンチをさまざまな特殊ビットに連結できる、重要パーツです。

これをさきほどの、ロックリング締め付け工具と組み合わせると・・・

ロックリング締め付け工具をソケットに装着

こんな感じで、カチッ、とはまります。

そして、これをこのままトルクレンチに装着できます。

トルクレンチにロックリング締め付け工具を装着

この状態にできれば、晴れて、スプロケットを締め付けることができます。

スプロケットを締め付け

こんな感じですね。

あとは、トルクを40 N・mに設定して、締め込むだけです。

 

24mmソケットと組み合わせることで、
このトルクレンチは、ボトムブラケットを締めることもできます。

例えば現代、多くのロードバイク系自転車に使われているのは、
「ホローテックⅡ」タイプのボトムブラケットです。

ホローテックⅡのボトムブラケット

こんな感じのものですね。

こういうタイプのボトムブラケットは、「BBツール」というものがあれば、締めることができます。

BBツール

 

ホローテック2用のBBツール

 

これも単独では、トルクレンチに装着できませんので、
さきほど紹介しました「24mmソケット」と一緒に装着します。

ホローテック2用BBツールをトルクレンチに装着

こんな感じですね。

この状態にすれば、ホローテック2タイプのボトムブラケットを、
規定トルクで締めることができます。

規定トルクは、製品によって違ってきますが・・
だいたい30 N・mとか、50 N・mとかで締めるわけですね。

 

ホローテック2以外のタイプに対してもちゃんと、使えます。

例えば・・・

ブロンプトンのボトムブラケット

例えばこれは、とある折りたたみ自転車のボトムブラケット部分なのですが、
やや古いタイプの、「カードリッジタイプBB」というものが使われています。

ここに対しては・・・

カードリッジ式BBのツール

こういうタイプの、適合したBBツールが使えます。

 

カードリッジ式BBに使えるBBツール

 

これを、24mmソケットに装着したうえで、トルクレンチに取り付けると・・・

カードリッジ用BBツールをトルクレンチに装着

こんな感じになり、
これで、カードリッジ式BBも、規定トルクで締めることができます。

 

そして、凹タイプのビットを使えば、
いわゆる「六角ナット」も、締めることができますね。

これも、必須ビットだと思います。

 

ナットなどに使えるソケットビット

 

 

それ以外にも「ペダル」を締める、なんてこともできます。

六角レンチでの締め付けに対応するペダルなら、対応ビットで普通に締めることができますし・・・

 

トルクレンチ ペダル用アダプター

 

例えばこういった「ペダル用アダプター」を活用すれば、より簡単に、しっかりと規定トルクで締めることができます。

ペダルは50N・mといった、かなり強いトルクで締めないといけないですので、
こういったアダプターがあるとかなり便利です。

 

と、見ていくと・・・

このレンチは、多彩なビットを使いこなすことで、
自転車で、締められない部分は無い!と言えるくらいに、
あらゆる場所を締めることができるのです。
(もちろん、締められない場所もゼロではないでしょうが・・・)

トルクレンチには、けっこう高価なものであっても、
「六角ボルトしか締められない」ような製品は、たくさんあります。

そんな中、1本であらゆる場所に対応できるというのは、
相当なアドバンテージになるのではないか、と思います。

優秀ポイント②:「ビームタイプ」のレンチである

トルクレンチには、「ビームタイプ」と「スプリングタイプ」のふたつがあります。

SK11トルクレンチは、「ビームタイプ」ですね。

 

ざっくりと説明しますと、
ビームタイプは、トルクの計測に「金属棒の歪み」を使い・・

そしてスプリングタイプは、トルクの計測に「スプリングの縮み」を使うものです。

 

ここは、どっちが良い!というわけではなく、それぞれ一長一短なのですが・・・

私としては、個人の自転車整備には、「ビームタイプ」一択だ!と、思っています。

 

ビームタイプのメリットとして、
使ううちに狂っていくことが少ない、という点があります。

「金属棒」と、「スプリング」・・・
使っていくうちに変形したり、歪んでいったりしやすいのは、どっちでしょうか?

まあ、細くてたわみやすい「スプリング」ですよね。

 

そう、ビームタイプのレンチは、しっかりした金属棒をトルク測定に使いますので、狂いにくく・・・
「校正」の必要があまり無いんですね。

トルクレンチの校正というのは、メーカーに送ったりが必要な、手間もお金もかかることですので、
できれば、あまりしたくないことです。

なので、校正をひんぱんにせずとも大丈夫な、ビームタイプのトルクレンチが、
個人整備にはおすすめなんですね。

 

もちろん、スプリングタイプならではのメリットというのも、あります。

一番は、規定トルクに達したら、自動で締め付けをやめてくれることですね。

 

そのためスプリングタイプのトルクレンチは、「締めすぎ」の心配があまり無いですし・・・

トルクを微調整する必要がないですので、
たくさんのボルトを、次々に締めていけるわけですね。

 

と、いう特徴から・・・
スプリングタイプのトルクレンチは、たくさんのボルトを短時間で締める必要があり、
しかも、ひんぱんに校正に出すことができる、「自転車ショップなどのメカニック」に向いているわけです。

事実、自転車ショップといったところでは、スプリングタイプのトルクレンチがよく使われています。

 

しかし、「個人の整備」においては、大量のボルトを締めていくことなんてありませんので・・・

だったら、「ビームタイプ」のほうが優秀!と、そういうことなのです。

優秀ポイント③:トルクの幅が、ちょうどいい

SK11の、紹介しましたトルクレンチは、
対応する締め付けトルクが3-60 N・mです。

そして、この対応トルクの幅は、
自転車整備に必要なトルク幅に、ジャストフィットなんですね。

 

自転車には、さまざまなパーツがあり、
締め付けに必要なトルクもそれぞれ、ばらばらなのですが・・・

いちばん弱い部類なのが、「ステムまわりのボルト」で、
だいたい、4.0 N・mから5.0 N・mくらいですね。

 

そして、いちばん強いトルクが必要なのが、
さきほど挙げましたような、「スプロケット」とか「ボトムブラケット」です。

このへんはだいたい、40 N・mとか、50 N・mとかが必要になるわけですね。

 

そして、このトルクレンチの「3-60 N・m」という幅は、
この必要になる幅を、ジャストでカバーしてくれるのです。

 

トルク幅が狭すぎるトルクレンチだと、
もちろん、締められない部分がでてきますし・・・

逆に、あまりに幅が広すぎるレンチだと、
「細かい精度」は、落ちやすいものです。

なので、トルク幅という目線で見ても、
このトルクレンチは、自転車整備にベストマッチする!
と、言えると思います。

「デメリット」はここ!

さんざん優秀ポイントを解説してきた、SK11トルクレンチ・・・

しかしもちろん、「デメリット」と言える部分もあります。

 

一番のポイントは、締め付けを自動でやめてくれないところでしょう。

例えばスプリングタイプのトルクレンチですと、規定トルクに達すると自動で締め付けが終わりますので、
ついつい締めすぎてしまった・・!ということが基本的に、起きません。

しかしこのレンチは、ピピピピピ・・ピー!と、レンチがシグナルを発したら、
即座に、締めるのをやめないと簡単に、「締めすぎ」になってしまいます。

 

とはいえ、そんなにシビアな部分でもありませんし、
締め付けトルクも「画面」「LED」「音」の3つで、ちゃんと知らせてくれるので、
気をつけてさえいれば、ついつい締めすぎる・・ということはまあ、起きないと思います。

 

あとは、たくさんのボルトを連続で締めていくのには向かないですが・・・

個人整備で、時間に追われながらたくさんの自転車を整備する、なんてことは無いですので、
ここも、問題にはならないと思います。

 

私はもう4年ほど、このレンチを使い続けていますが、
デメリットだと感じた点は、そのくらいでした。

総合的にみて、「最強のトルクレンチ」だと思います!

・・・と、いろいろな視点からみてみましたが、
この「SK11トルクレンチ」は間違いなく、最強トルクレンチのひとつだ、と思います。

 

もちろん、人によって事情とか、好みとかは違ってきますが・・・
おそらく、大きな間違いにはならないでしょう。

 

このトルクレンチは、操作性も高いです。

長年使っていますが、「使いにくさ」を感じた覚えはありませんし・・・

もしくは、ヘッドについているダイヤルを、

回転方向変更ダイヤル

ここから、

回転方向変更ダイヤル

こう、回すだけでさくっと「正転・逆転」を切り替えられる・・といったところも、気に入っています。

締めるだけでなく「緩める」ときも、このレンチでさくっと緩めてしまえるからですね。

 

トルクレンチを使わない自転車整備は、下手したら事故につながったりしかねませんので、
もしトルクレンチをまだお持ちでないとしたら、入手しておいてもいいのではないかな・・と、思います。

 


スポンサードリンク



運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ