自転車で、向かい風にイライラしないためのスキル・工夫のしかたを紹介!


強風

さて・・今日はひさびさの休みだ!
予定していたサイクリングに出かけよう!

ワクワクしながら家を出て、
いざ、自転車で走り出すと・・・

 

・・・風が強い!!!

 

よく、あることだと思います。

 

「風」は、雨・坂と並び称される、
自転車三大天敵のひとつです。

 

クルマやバイクなら、エンジンの圧倒的パワーがありますので、気にもならないものですが・・・

1馬力も無いような人間のパワーだと、
強い向かい風の中、走るのはなかなか、つらいものですよね。

風の程度によっては、ふらついてしまって危険だったりもします。

 

そして風は、避けるのがなかなか、難しいものです。

雨は天気予報で、当日は晴れか?雨か?くらいなら、かなりの確率でわかりますので、
当日の降水確率が高いなら、その日のライドは延期・・とかすればいいのですが・・・

風は、天気予報でもなかなか正確には予測できないので、
そういう面では、雨よりやっかいかもしれません。

 

しかし向かい風は、いろいろと対策をしていけば、
かなりのレベルで影響を抑えられたりします。

以下、「向かい風の対策方法」を、
いろいろな面から、解説していきます。

風の吹く方向を、あらかじめ予測する

風が吹いてくる方向を、あらかじめ予測することができれば、
「向かい風になってしまう確率」を、下げることができると思います。

 

もちろん、風を完全に読むのは無理なのですが・・・

ある程度、予測することはできます。

 

たとえば・・・

夏は「南から北に向かって」吹くことが多いものです。

 

夏は「南高北低」の気圧配置になると言われています。

そして風は、気圧が高いほうから低いほうに向かって吹くため、
南から北に向かって、風が吹くことが多いのです。

そのため夏場に長距離を走りたいのであれば、
南から北に向かうように・・つまり「北向き」にルートを組むほうが、
追い風になってくれる可能性が高まります。

 

北向きに100km走ったら、帰るために南向きに100km走らなければいけないというのはその通りなのですが・・・
あまりに風が強いのであれば、帰りだけ輪行してしまう、という方法もあります。

これは自転車ならではの特権ですね。

 

 

そして・・・

冬は「北西から南東に向かって」風が吹きやすいです。

 

冬の気圧配置は「西高東低」と言われるものですが・・・

実際には、真西から真東に向かってではなく、
北西から風が吹いてくることが多いです。

そのため、冬に走る場合は、
南東方面に向かってルートを組むのが、
向かい風を避けたいのであれば、最適となります。

 

こんな感じで、風の吹く方向は、季節によってある程度の傾向があります。

しかしもちろん、それだけで正確に読めるわけではないので・・・

たとえばYahoo!天気 風予測といったツールを使って、
目安となる風向きをリサーチしておくのも、良いかもしれません。

風予報には、雨予報ほどの正確さは無いため、
あくまで目安にしかならないかもしれませんが・・・

ある程度でも傾向が読めれば、役に立ってくれると思います。

「姿勢」や「服」を工夫する

と、風向きはある程度、事前に予測することができるのですが・・・

もちろん完璧に予測したり、完全に避けたりはできないので、
向かい風を受けてしまっても、できるだけスピードを落とされないような工夫が有効です。

 

まず、簡単にできる対策としては、
自転車に乗る姿勢を、寝かせることでしょう。

 

ロードバイクのレースなどをご覧いただくと、選手はみんな大きく前傾しているのがわかると思いますが・・・

あんな感じで、上半身を大きく寝かせて進むと、
特に向かい風では、驚くほど風の影響が少なくなります。

深い前傾で走るローディ

こんな感じで、下ハンを持ってがっつりと前傾するわけですね。

普通に乗っているときより、風を受ける面積がすごく小さくなるのが、
ひと目でわかるのではないか、と思います。

 

こういう乗り方はやっぱり、ロードバイクが圧倒的に、やりやすいです。

マウンテンバイクのような、バーハンドルしか無い自転車ですと、
長時間、姿勢を寝かせると腕の角度が不自然になり、疲れてしまうことが多いのですが・・・

ドロップハンドルがあるロードバイクだと、ドロップハンドルを握れば自然に、姿勢を寝かせることができますので、
もし、お持ちの自転車がロードバイク系であれば、こういった点でもかなり有利だと思います。

 

 

そしてもし、あなたがいわゆる「ふつうの服」を着て、自転車に乗られているのであれば・・・

ロードバイク専用のジャージやレーシングパンツといったものの装備すると、
特に向かい風の中ですと、風の影響を大きく抑えることができます。

 

レースのような速度で走らないのであれば、基本的には、ふつうの服でもそんなに空気抵抗は受けないので、
私はいつもは、ふつうの服で走ることも多いのですが・・・

特に向かい風が強いときには、ロードバイク用のジャージやレーパンが圧倒的に有利ですので、
特に風が強い日には、レーシングパンツなどを装備してみると、かなり快適に走れるようになると思います。

ペダリングのパワーを上げる

ここまででは、「向かい風の影響を小さくする」方向性で、お話ししてきましたが・・・

ある程度の向かい風があったとしても、
パワーがそれ以上に強ければ、問題ありません

 

・・・まあ、当たり前ですよね。笑

 

もちろん、パワーを出すための筋力とかは、
上げろ!とか言われていきなり、上げられるものではありません。

しかし例えば、体重をペダリングに利用するコツ、といったものを活用すると、
筋力はそのままに、体重もパワーに変えることができますので、
向かい風の中でもかなりラクに、進んでいくことができます。

 

逆に、ちょっとした向かい風の中でもぜんぜん進めなくなる・・という場合、
もしかすると、出せているパワーが弱すぎる・・という状態かもしれません。

 

ペダリングのパワーを上げるためのコツ・・というのは、
本当に奥が深く、難しく、
私自身も素人なりにいろいろ、試行錯誤しているのですが・・・

 

ペダリングの試行錯誤をしたり、
もしくはパワーを上げるための筋トレをしたりして、
進むための推進力自体を、上げることができれば・・・

ある程度の向かい風があっても、
ラクに進めるようになるかもしれません。

 

 

・・・と、向かい風は、自転車の天敵なわけですが・・・

風を予測したりなど、いろいろ試行錯誤してみると、
向かい風で進めなくてイライラする・・!を、
かなりのレベルで、解消できるかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ