ブロンプトンの値段は妥当?価格に見合った価値はあるか

道沿いのブロンプトン

ブロンプトンは、高価だけど品質がいい「ハイエンド折りたたみ自転車」です。

 

ブロンプトンの価格は、この記事の執筆時点で、新品だとだいたい20万円くらいします。

折りたたみ自転車の有名メーカーである「DAHON」であれば・・

まともな品質の折りたたみ自転車が、5-6万円もあれば買えます。

なのでブロンプトンの値段は、そのあたりと比較すると「すごく高い」と言えると思います。

 

しかし・・それだけ値段が高いにもかかわらず、ブロンプトンは大人気自転車となっています。

ネットを見ても、いろいろな人が高評価をしていますよね。

 

高価なのに何のメリットも無いのなら、評価なんてされません。

つまりブロンプトンには、差額分の「なにか」があるから・・

それだけ高くても、それだけ高評価されるのでしょう。

 

しかし・・本当にブロンプトンという自転車には、値段ぶんの価値があるのか?

特にもし、あなたがブロンプトンの購入を検討しているとしたら、気になるところだと思います。

 

私は5年ほど前に、15万円くらいで新品のブロンプトンを購入し、現在までずっと乗り回しています。

なのでこの記事では、ブロンプトンには値段に見合う価値があるのか?

ここを、いろいろな視点からレビューしていきます。

「電車輪行しまくる」なら、価値はある

ブロンプトンに、価格ぶんの価値はあるのか?

 

私が実際に使ってきた結論として、ブロンプトンは・・

「電車輪行に使いまくる」

この条件を満たすのであれば、じゅうぶんに買う価値があると感じました。

 

ブロンプトンは、輪行に向いた自転車です。

 

いろいろ調べている方や、すでに所有している方であれば、当然ご存知のことかも知れませんが・・

ブロンプトンは、同じくらいのホイールサイズの他の折りたたみ自転車よりも、圧倒的に小さくなります

 

ブロンプトンは折りたたむと、どのくらい小さくなるのか?については、

ブロンプトンの正確な折りたたみサイズと、それは他の折りたたみ自転車と比べてどうなの?といったところを解説しています。" />

上の記事で解説しているのですが・・

 

比較対象の機種にもよるのですが、一般的な折りたたみ自転車と比べると・・

いちばん大事な「横幅」が、だいたい20cmくらい小さくなることが多いです。

 

そしてこの折りたたみサイズの差は、電車輪行において、圧倒的なアドバンテージになります。

実際に電車輪行を繰り返してみると、実感できるとは思うのですが・・

折りたたみサイズが20cmも小さくなると、電車への「載せやすさ」や、移動するときの「動きやすさ」が圧倒的にアップします。

 

私は通勤で毎週、ブロンプトンを電車輪行していた時期があります。

そしてブロンプトンであれば満員に近い電車でも、ちゃんと載せることができましたし・・

駅のホームで人にぶつけそうになったりもせず、スムーズな移動もできていました。

 

あの状況でもし、折りたたみサイズがあと20cm大きかったら・・

おそらく周囲にかなり気を使いながらしか、輪行できなかったでしょう。

もしかしたら電車輪行自体、無理だったかもしれません。

 

というように、電車輪行を何度も何度も繰り返すのであれば・・

ブロンプトンの「圧倒的に小さくなる」というアドバンテージが活きてくるものです。

なのでその場合は高いお金を出す価値はある、と感じます。

 

逆に、電車輪行をあまりしなかったり、そもそも乗る頻度が少なくなってしまうのであれば・・

ブロンプトンを選ぶのはもったいないかなと、個人的には思います。

 

そのため、ご自身がブロンプトンを買ったとして・・

電車輪行をどのくらいするのか?そもそもどのくらいその自転車に乗るのか?

そう考えると、買う価値があるかどうかがわかってくると思います。

ブロンプトンは「基本的な品質」も高い

折りたたみサイズの小ささ、電車輪行のしやすさ以外にも・・

ブロンプトンには「品質そのものが高い」、という見どころがあります。

 

ブロンプトンはいろいろな折りたたみ自転車の中でも、

  • 頑丈さ
  • 安定感
  • 剛性感

といったところで優れています。

 

ブロンプトンは1980年くらいに生産開始され、現代に至るまで何十年もずっと、基本的な形を変えずに作られ続けています。

そしてもちろん何の工夫もなく作られているわけではなく、長年リニューアルを繰り返されてきたはずです。

そういった「歴史の長さ」が、品質レベルの高さを生んでいるのかもしれません。

 

さらにブロンプトンは、材質が鉄合金の「クロモリ」です。

クロモリは一般的に、ちょっと重いかわりに、頑丈さが高い!と言われています。

なのでここもブロンプトンの頑丈さに、一役買っていると思います。

 

さらにブロンプトンは「ホイールベース」が長い自転車です。

ブロンプトンのホイールベースの長さについては、

ブロンプトンの正確なホイールベースと、さらにそれは他の自転車と比べ長いのか?短いのか?といったところを解説しています。

上の記事で詳しく解説していますが・・

ブロンプトンは折りたたみ自転車の中でもトップクラスに、ホイールベースが長いです。

 

そして自転車はホイールベースが長いほうが、どっしりした、安定感のある走りになります。

特に、もとが不安定な折りたたみ自転車だと、メリットが大きくなりますね。

ここもブロンプトンが高い「安定感」を持つ、理由のひとつだと思います。

 

私は、5万円くらいのDAHONの自転車に乗っていた時期もあるのですが・・

ブロンプトンはその自転車と比べるとその「品質」は正直、格が違うレベルだと感じました。

 

旅などでハードに使い倒すのであれば、多少高価でも安定性・耐久性に優れたものがいいですし・・

そうであれば、ブロンプトンにお金を出す価値はでてくると思います。

「値段のわりに微妙」な点は、ここ

と、ブロンプトンは高価ながらも、良い点がいろいろあるのですが・・

だからといって、あらゆる面で優れた最強自転車!というわけでは、もちろんありません。

逆に「長所は尖っているけど、デメリットも結構ある自転車」だと思います。

 

ブロンプトンの欠点をまとめてみると・・

  • 変速が貧弱
  • ポジション出しが難しい
  • パンク修理の手間が多い
  • 重い
  • 錆びる

という感じです。

 

ブロンプトンの欠点や、買うと後悔するかも?と思うポイントについては、

ブロンプトンを買おうかな?でも買うと後悔する?デメリットはあるの?7年使ってきた経験からそんな疑問に答えています。

上の記事で詳しくまとめているのですが・・

 

特に変速については、公式仕様だと1変速機につき、2速もしくは3速という貧弱さです。

ひとつの変速機で「12速」とかが常識になっている現代スポーツ自転車の世界からすると、びっくりするほど少ないのです。

私自身、ブロンプトンを買うときカタログを眺めていて、びっくりしました・・笑

 

と、ブロンプトンはこれほど高い自転車なんだから、優れた要素だらけの自転車なのでは?

そう思っているともしかすると、肩透かしを食らうかもしれません。

むしろ「折りたたみサイズの小ささ」に特化した、尖った自転車と捉えておくほうが自然でしょう。

 

とはいえもちろん、高価なわりに悪い点多すぎのダメ自転車!というわけではなく・・

値段に見合う価値があるけど、デメリットも結構ある、という自転車です。

「他のハイエンド折りたたみ自転車」と比べると、どう?

ブロンプトンは、ハイエンド折りたたみ自転車です。

そしてハイエンド折りたたみ自転車は、他にもあります。

 

なのでブロンプトンと同等の、高い値段がついている自転車と比べると、どうなの?

ここも気になるところだと思います。

 

ブロンプトン以外のハイエンド折りたたみ自転車といえば、「Birdy」が鉄板です。

モデルにもよりますが、ブロンプトンと同レベルくらいの価格帯で、人気もブロンプトンと競るほどに高く・・

ハイエンド折りたたみといえば「ブロンプトン or Birdy」となるほどの、定番自転車のひとつです。

 

そしてこのBirdyとブロンプトンを比較すると、どうなの?については、

折りたたみ自転車のツートップ「ブロンプトン」と「Birdy」を、さまざまな視点から徹底比較しています。

上の記事で解説しているのですが・・

 

いちばん大事な点だけ抜粋すると、

  • ブロンプトンは「折りたたみサイズ」に優れる
  • Birdyは「走行能力」に優れる

という感じになります。

 

Birdyには、ブロンプトンほどの折りたたみサイズの小ささはありませんが・・

そのかわりブロンプトンと違った「一体型メインフレーム」とか・・

もしくはスポーツ自転車で一般的な「10速レベルの変速機」といったものを装備しています。

なので輪行能力ならブロンプトン!走行特化ならBirdy!みたいな棲み分けがされている感じです。

 

ブロンプトンには他のハイエンド自転車と比べても、見劣りしない基本性能が間違いなくあります。

なのでブロンプトンの「強み」「弱み」をちゃんと把握し、自分の用途に合っている!と思えるのなら・・

後悔のない、大きな間違いの無い選択になるのでは、と思います。

 

 

この記事ではブロンプトンに値段ぶんの価値はあるのか?を解説してみました。

関連記事
ブロンプトンの整備に必須の工具を、「まず集めたほうがいいもの」を中心にまとめて紹介しています。
ブロンプトンを盗難から守るのに最適な、頑丈で持ち運びやすいU字ロックを解説しています。
ブロンプトンをちゃんと持ち上げて固定できる、おすすめメンテナンススタンドを紹介しています。
折りたたみ自転車「ブロンプトン」に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【よく乗るエリア】福岡まわり

【自転車趣味歴】9年くらい

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
◇いつかオランダに住んでみたい
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

よく読まれている記事
カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ