ブロンプトンに値段ぶんの価値はあるか?実際に購入し、5年間使ったのでレビューします


道沿いのブロンプトン

ブロンプトンは、高価だけど品質がいい「ハイエンド折りたたみ自転車」です。

 

ブロンプトンは、この記事の執筆時点で、新品で購入するとだいたい20万円くらいします。

折りたたみ自転車の有名メーカーである「DAHON」から、
まともな品質の折りたたみ自転車が、5-6万円もあれば買えますので、
すごく高い・・と言えると思います。

 

しかしそれだけ高価にもかかわらず、ブロンプトンは大人気自転車となっていますし、
いろいろな人が高評価をしていますよね。

もちろん、差額分の「なにか」があるから、
それだけ高くても、それだけ高評価されるのでしょう。

 

しかし・・・ほんとうにブロンプトンという自転車には、
はたして、そこまでの価値があるのか?

特にもし、あなたが折りたたみ自転車の購入を検討しているとしたら、
気になるところだと思います。

 

私は5年ほど前に、15万円くらいで新品のブロンプトンを購入し、
現在までずっと乗り回しています。

その結論として・・・

「電車輪行に使いまくる」という条件を満たすのであれば、
じゅうぶんに買う価値がある、と感じました。

 

逆に、電車輪行をあまりしなかったり、そもそも乗る頻度が少なくなってしまうのであれば、
ブロンプトンを選ぶのはもったいないな・・と、個人的には思います。

そのためご自身が折りたたみ自転車を買ったとして、
電車輪行をどのくらいするのか?そもそもどのくらいその自転車に乗るのか?・・と考えると、
買う価値があるかどうかが、わかってくると思います。

 

言うまでもないことですが、ブロンプトンは、輪行に向いた自転車です。

調べ回っている方や、すでに所有している方であれば、当然ご存知のことかもしれませんが・・・
ブロンプトンは、同じくらいのホイールサイズの他の折りたたみ自転車よりも、圧倒的に小さくなります

比較対象の機種にもよるのですが・・・
横幅として、だいたい20cmくらい小さくなることが多いと思います。

 

そして、この折りたたみサイズの差は、
電車輪行において、圧倒的なアドバンテージになります。

実際に電車輪行を繰り返してみると、実感できるとは思うのですが・・・
たった20cm、自転車のサイズが小さくなるだけでも、
電車への「載せやすさ」や、移動するときの「動きやすさ」が、圧倒的に上がるのです。

 

私は通勤で毎週、ブロンプトンを電車輪行していた時期があるのですが・・・

ブロンプトンであれば満員に近い電車でも、ちゃんと載せることができましたし、
駅のホームなどで人にぶつけそうになったりもせず、スムーズに移動することもできていました。

あの状況で折りたたみサイズがあと20cm大きかったら、
おそらく周囲にかなり気を使いながらしか輪行できなかったでしょうし、
もしかしたら電車輪行自体、無理だったかもしれません。

 

・・・というように、電車輪行を何度も何度も繰り返すのであれば、
ブロンプトンの「圧倒的に小さくなる」というアドバンテージが活きてきますので、
高いお金を出す価値はある、と感じるのです。

 

もちろん通勤だけではなく、旅好きで、ブロンプトンで電車輪行を繰り返して各地の観光地をサイクリングしたり、
日常生活の中で、輪行でワープできる便利自転車としてブロンプトンを使い倒したり・・というのもアリだと思います。

 

輪行は輪行でも、たとえばクルマ輪行メインであれば、
折りたたみサイズにはそこまでシビアにならなくていいですので、
ブロンプトンである必要性は薄れると思います。

 

 

そしてブロンプトンは、折りたたみサイズだけでなく、
品質そのものも圧倒的に高いと思います。

私は、5万円くらいのDAHONの自転車に乗っていた時期もあるのですが・・・

ブロンプトンは、その自転車と比べると、
頑丈さ・安定感・剛性感といったものは、格が違うレベルだと感じました。

 

やはり、旅などでハードに使い倒すのであれば、
多少高価でも安定性・耐久性に優れたものがいいと思いますし、
そうであれば、ブロンプトンにお金を出す価値はでてくると思います。

そしてもちろん、乗る頻度そのものがあまり多くないのであれば、
高いお金を出すのはもったいない・・ということになると思います。

 

 

・・・というように、ブロンプトンは、買った自転車にたくさん乗る予定の方、
また電車輪行を何度も繰り返す方、にとっては、
高価ではありますが、買う価値があるのではないかと思います。

逆に電車輪行をあまりしない、そもそもときどきしか乗らない・・というのであれば、
ブロンプトンに大金を払うのはもったいないと思いますし、
ほかの折りたたみ自転車でもいいのではないかと思います。

 

そして、ブロンプトンは高価ですので、買うとしたら、
盗難対策には、ふつう以上に気をつける必要があります。

20万する大切な自転車が、すこし目を離したすきにいきなり、消えていたとしたら・・・
ショックなんてものでは済まないはずです。

折りたたみ能力を活かして、会社のロッカーなどに入れておけるならいいのでしょうが・・・
それができない場合も多いでしょうし、路上にぽんと駐輪しなければいけないことも多いはずです。

そういう時のために、ブロンプトンを買うのであれば、
ぜったいに盗まれないような、超頑丈な鍵を使うのがいいと思います。

私としては、ブロンプトンに最適な鍵は「Kryptonite Evolution Mini 7」だと思いますが、
この鍵を選ぶにしろ選ばないにしろ、できるかぎり頑丈な鍵で、盗難は徹底的に防ぐべきだと思います。

 

そして・・ブロンプトンを買うとしても、できることなら「安く」買いたいところだと思います。

日本は、代理店がマージンをとっているので高価になっている、という面もあるのですが・・・
この記事の執筆時期に私が調べた限りでは、イギリス本国で買ったとしても日本で買ったとしても、
配送にかかる料金などあわせると、さほど大きな差額は出ないようでした。

もちろん、最終的にはご自身で決めていただくことになるのですが・・・
外国での購入や、配送にかかわる手間も考えると、海外からの個人輸入は微妙な方法かもしれない・・と個人的には思いました。

 

そして、「自転車整備の腕がある程度あるなら」という条件つきですが、
「ヤフオクで買う」というのも、ひとつの手なのではないかと思いました。

ヤフオクだと、ジャンクというわけではない、そこそこまともな中古品が、
7-8万円程度で買えるようです。

しかしもちろん、ヤフオクで買う自転車なんてものは、どんなふうに整備されてきたのかもわかりませんし、
もしかしたら、致命的なパーツの緩みやパーツの破損などあるかもしれませんので・・・
ヤフオクに限らず中古品を買う場合は、
いちどパーツをすべてバラしてチェックし、異常がないか調べてから組み直す・・くらいのことをする覚悟が必要だと思います。

そういった条件さえ満たせるのなら、
ヤフオクなどで売られている、ブロンプトンの中古品は狙い目かもしれませんし、
もし私がいま、新しくブロンプトンを入手するとしたら、そういった中古品をまず検討すると思います。

 

ブロンプトンは、スマホでいう最新型iPhoneのような、高いけど性能がいい「ハイエンド品」なのですが、
「電車輪行を使いながら、たくさん乗り倒す!」という予定なのであれば、
高すぎる買い物にはならないのではないか、と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ