ブロンプトンのスピードってどのくらい?他の折りたたみ自転車より遅いの?


草原と河沿いのブロンプトン

ブロンプトンは、遅い自転車。

・・というイメージがもしかしたら、なんとなく、あるかもしれません。

 

世の中には「ロードバイク系の折りたたみ自転車」といった、
ホイールが小さいながら、ロードバイクのようにスピードを目指したタイプの折りたたみ自転車があります。

具体的には「Birdy(BD-1)」とか「Tyrell」とか、そういったものです。

いかにも速そうな見た目ですし、実際乗ってみると、ロードバイクに迫るような剛性・巡航能力があります。

 

しかしブロンプトンはそういう、「速い折りたたみ自転車」といったカテゴリではありません。

どちらかといえばまったりと、上半身を起こして、ママチャリみたいに走るのに向いた自転車・・と言えるでしょう。

 

とはいえ・・ブロンプトンって、本当に遅いの?

他の自転車と比べたりして、実際、スピードはどのくらいなの?

特にもし、ブロンプトンを新しく手に入れようとしている・・とか、
折りたたみ自転車を新しく検討している場合だと、気になるところだと思います。

この記事ではそういった疑問に答えていきます。

ブロンプトンの巡航速度は「23-25km」くらい

個人差があるところをいきなり、具体的な数字で書いてしまいましたが・・笑

私がブロンプトンで、特別にはがんばらずに車道を走っていると、
そのくらいのスピードで走ることになります。

 

これはスポーツ自転車としては「ちょっと遅め」くらいのスピードだと思います。

ロードバイクだと一般の人が、特にはがんばらずに車道を走ったとして、
27-28km/hとか、そのくらいで巡航することになると思います。

ある程度乗っている人が、少しがんばりめに踏んだくらいが、
30km/h・・いわゆる「30km巡航」になる、そのくらいが相場だと思います。

なのでそういったスピード特化の、ホイールが大きい自転車と比べると、
ブロンプトンはさすがにけっこう遅いな・・とは、なると思います。

 

そしてブロンプトン以外の、Birdyなどの「速い」折りたたみ自転車と比べると、
あくまで個人的に乗り比べてみた感想なのですが、ブロンプトンは「1-2km/h遅い」な、と感じました。

変わるといえば変わりますし、誤差といえば誤差・・といった感じですね。

 

もちろん個人の経験とか、そのあたりから言ってますので、
明確な根拠があるとかはないのですが・・・

経験上、ブロンプトンのスピードのざっくりとした目安としては、
こんな感じになると思います。

ロードバイクよりはさすがに、かなり遅いですし、
他のスピード特化系の折りたたみ自転車と比べると、わずかに遅い
・・ということです。

 

とはいえ・・ブロンプトンは決して、走行抵抗が高いとか、ペダルを回しにくいとか、
そういう機材的にダメな乗り物ではないです。

むしろ車体がしっかりしているぶん、剛性はかなり高いと思いますし、
ホイールベースが長くしっかり安定し、スピードを出すための素質はちゃんとある自転車なんですよね。

 

しかし・・ブロンプトンには、高いレベルのスピードを出しにくくする、
「ブロンプトンならではの理由」があったりします。

ブロンプトンでスピードが出ない理由は、実はこれ

ブロンプトンならではの、スピードを出しにくい理由・・・

まずは・・乗り方がアップライトだということですね。

 

ブロンプトンは上半身がかなり起きた、ママチャリに近いポジションになる自転車です。

「Mハンドル」モデルだとほとんど、ママチャリと同じ感じになりますし・・・

「Sハンドル」モデルだと少しは前傾しますが、そんなに大差はないです。

 

もちろんロードバイクとかと比べればもちろんですし、
Birdyなどのスピード系折りたたみ自転車と比べても、前傾はかなり浅いです。

 

自転車は基本的に、ロードバイクくらいまで前傾するほうがスピードが出ます。

もちろん浅い前傾にも、「すばやく動き回れる」とか「まわりが見やすい」とかいうメリットがあるのですが・・・

上半身が起きていると空気抵抗も大きくなりますし、大きいパワーも出しにくくなりますので、
やっぱりスピードは落ちてしまうんですね。

そしてこの影響はかなり、大きいのです。

 

ブロンプトンは他の折りたたみ自転車と比べると、多少、重いのですが・・・

そっちは正直、スピードには大した影響はないと思います。

そして自転車の品質としても、ブロンプトンは悪いわけではなく、
車体が力を逃してしまうから遅い・・とか、そういうこともないです。

 

なのでブロンプトンは「前傾が浅い」ぶんだけ、他の自転車より遅くなってしまっている・・
ということになると思います。

それでも、ブロンプトンでスピードを出したいなら

ここでひとつ申し上げておきたいのは、
ブロンプトンはスピードがすこし遅いけど、「ダメな自転車」とかでは決してないということです。

折りたたみ自転車としてなら、20km/h台前半も出ればじゅうぶんだと思いますし・・・

ホイールが小さい折りたたみ自転車で、あまりにも速いスピードを出すと危ないかもしれませんので、
ブロンプトンくらいがちょうどいい・・という見方もあると思います。

 

そして、スピードを出したいとしても・・・

ブロンプトンには、折りたたみサイズが究極に小さくなるというメリットがありますので、
それでもやっぱりブロンプトンを選んで、スピードをも追求する・・というのはアリだと思います。

 

ブロンプトンでもスピードを出したいなら、やっぱり、なんとかして前傾を深くするのが王道ですね。

Mハンドルモデルより、Sハンドルモデルを選ぶほうがいいですし・・・

例えばバーエンドバーを使ったりとか、ブルホーンバーにしたりして、
握る場所をさらに前に出したとしても、前傾は深くすることもできます。

私自身が使っているのは、ライザーバーをうまく使ってハンドルを前に出す方法、ですね。

そしてハンドルを前に出したぶん、サドルを後ろに退げてバランスをとると、
さらに前傾を深められると思います。

 

いろいろ工夫して、クロスバイクくらいまで前傾を深めることができれば、
他のスピード系折りたたみ自転車と遜色ないくらいまでには、スピードアップができるのではないか・・と思います。

 

 

と、ブロンプトンは遅いの?という質問に関しては、
私としては、「少し遅い」と答えざるを得ないと思うのですが・・・

それは別に、悪いことでもないですし、
どうしてもブロンプトンでスピードを追求したいなら、やり方次第である程度は可能・・と、思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ