自転車趣味を始めてみたら、生活が圧倒的に楽しくなった


海岸沿いのクロスバイク

このブログの記事一覧はこちらから


このブログは、どんなブログ?

 

・・運営者は「生活の中で、まったりと自転車を楽しむ」ことに、
もう7年ほどハマり続けている、自転車マニアです。

 

そんな自転車マニアが、これから自転車趣味を始めようとしている方や、
すでに自転車趣味を楽しんでいる方に対して・・

ややマニアックな自転車情報を、
心のおもむくまま、発信し続けているブログです。

自転車趣味って、何がそんなに良いの?

自転車趣味の、良いところ・・・

一番のポイントは工夫次第で、いくらでもオリジナリティを追求できるところ、だと思います。

 

自転車趣味は、楽しみ方の幅が、ものすごく広いです。

例えば・・・

  • 毎日の退屈な満員電車通勤を、楽しい自転車通勤に変えたり

 

  • 自転車だけでふらっと長旅に出てみたり

 

  • 輪行して遠くの土地に自転車を持ちこんで、見知らぬ土地を走ってみたり

 

  • ロードレースに出るために鍛え、ライバルと切磋琢磨したり

 

  • 自転車工具を揃え、自分で愛車をメンテナンスしたり、独自仕様にカスタマイズしたり

 

  • かっこいい・かわいい自転車を手に入れ、それに合うように自転車ファッションを追求してみたり

 

  • なかなか手に入らない、マニアックなレトロパーツをコレクションしてみたり

 

  • スムーズなナビのために、スマホの使い方を徹底的に追求してみたり

 

  • マウンテンバイクで山に入り、自然の中でコーヒーを楽しんだり

 

  • BMXを買って、「魅せる」乗り方をひたすら練習してみたり

 

  • 「自転車 x 写真」に目覚め、観光地を走り奇跡の一枚を追い求めたり

 

  • 疲れずに走り回れるようになるため、筋トレしたり、食生活を見直してみたり

 

などなど・・思いつくままに挙げてみましたが、
すべて私自身、もしくは私が知っている方が、実際にやっている自転車の楽しみ方です。

そして、ここまでどんな楽しみ方もできる趣味は、
ちょっと、なかなか、他には無いかな・・と、思います。

 

もちろん無理に、楽しみ方の幅を広げる必要はないです。

 

むしろ、自分自身が「これは楽しい!」と思う方向性を、
どんどん深堀りしていくほうが、自転車趣味は楽しくなると思います。

 

自転車趣味にはこういう、幅の広さ・・言い換えれば「懐の広さ」があります。

なので飛び込んでみると必ず、自分自身に合った、
自分なりの自転車の楽しみ方・・というものが、見つかるはずです。

 

そして100人の、自転車を楽しむ人が集まれば、
100通りのまったく違った、オリジナリティがある自転車趣味の形があるはずです。

 

こういう「自分なりの楽しみ方」を、徹底的に追求できるところが、
自転車趣味の一番の、おもしろさポイントなんじゃないかな・・と、思います。

自転車は「観光」が楽しい!

快晴の空と草原と道

私なりの自転車の楽しみ方、というのも、いろいろあるのですが・・・

 

たとえば・・・自転車は「観光する能力」がすごく高い乗り物です。

 

自転車は、スピードこそクルマや電車よりは、ずっと遅いのですが・・・

そのかわり歩道でちょっと止まったり、
狭い道や入り組んだ道でも、おかまいなしに走れる・・

といった「機動性の高さ」があります。

 

なので目を引く景色があれば、ふと立ち止まって楽しんだり・・・

観光地で、観光スポットをふらふら行脚しながら、写真を撮りまくったり・・・

ちょっと横道に逸れて、探検してみたり・・・

 

といった「観光を楽しむ」行動が、
クルマや電車などを使うときに比べ、とてもしやすいです。

 

さらに自転車は、旅先に持ち込んで、
旅先での移動手段にすることについても、優秀です。

 

クルマやバイクは当然、持ち歩くことは不可能です。

なので基本的に、遠くの旅先に持ち込むことはできないのですが・・・

 

自転車であれば、ロードバイクなら分解して袋詰めしたり、
もしくは折りたたみ自転車なら、ぱぱっと折りたたんだりすれば・・・

電車やタクシー、飛行機など他の交通機関に自由に載せて、遠くの観光地に持ち込むこができます。

 

そして持ち込んだ先で組み立てれば、
旅先で観光を楽しむための、便利な交通手段となってくれたりします。

自転車は「メカいじり」が楽しい!

リアディレイラー

自転車趣味の楽しさは、走ることだけではありません。

日々のメンテナンスやカスタマイズも、自転車の楽しみ方のひとつです。

 

自転車は、整備に慣れてくると、
ハンドルまわり、ブレーキまわり、変速機まわり・・などなど、
ほとんどの部分を、自分自身で整備することができるようになります。

 

なのでパンクとか、ブレーキの効きにくさとかのトラブルを、
自分で解決することはもちろん可能ですし・・・

見た目が気に入ったパーツとか、よりグレードが高いパーツとかを、
自分でインストールすることもできます。

 

ちょっと「え??」と思われるような、オリジナリティが高すぎる「魔改造」をしてしまうことも、
自己責任の範囲で、できますし・・・

 

フレームだけを単品で入手し、そこにパーツを組み込んでいくことで、
「自分だけのオリジナル自転車」を作り出す・・といったことも、

ちょっと慣れは必要ですが、普通に可能です。

 

こういう楽しみ方は、「メカオタク」タイプの方であれば、
相当にハマるのではないか?と、思います。

私自身、そのタイプなのですが・・・笑

 

大人になっても、プラモデルいじりとか、パソコンいじりとか、
いわゆる「機械いじり」が好きな方は、多いと思います。

 

そして自転車は、「自分で乗れる1/1プラモデル」みたいなものです。

なので自分でパーツの組み合わせとか、いろいろ考えながらメンテナンスしていると、
いわゆる「メカいじり欲」みたいなものが、どんどん昇華されていきます・・笑

自転車は「短所」を軸に楽しめる

山岳に佇む自転車乗り

自転車には「短所」も、たくさんあります。

 

当然ではありますが、クルマとか電車とか、ましてや飛行機とかと比べると、
亀のように遅いですし・・・

 

クルマだとまったく気にならない、「雨」とか「寒さ」も、
自転車だとすごくつらいものです。

 

そして自分がエンジンになる乗り物ですので、
長距離を走ると、疲れてしまいます。

 

しかし・・・こういう不便さも見方を変えると、
実は「趣味の一部」として楽しむことができます。

 

例えば旅先での、ちょっとした移動・・・

クルマや電車だと何の苦労もなく移動でき、何の感慨も生まないような道であっても、
あえて自転車で移動すれば・・・

 

自分の脚力のみで走りきった!という、カタルシスを楽しめますし・・

もしくはクルマや電車だと目に入らなかった、きれいな景色に気づけるかもしれません。

 

実際、100kmとか200kmとかの、クルマでも大変な距離を、
自分のカラダ、自分の脚力だけで走りきったんだ・・!という感動は、
特に、初めて味わったときは、なかなかのものでした。

 

我々は宇宙を冒険するには早すぎ、地球を冒険するには遅すぎる時代に生まれた

 

みたいな名言を、見たことがある方がいらっしゃるかもしれません。

 

確かに現代は、「冒険」をするには遅すぎる時代です。

 

たとえば、日本を縦断するとしても飛行機で数時間ですし、
クルマやバイクを使えばほとんど身体を使わずに、ラクに移動できてしまいます。

 

しかしそんな、便利で快適な世の中で・・・

あえてちょっと不便な、自転車という乗り物を使ってみることで、
単なる移動を、刺激的で楽しい「冒険」にできるかもしれません。

私はこうやって、自転車趣味に出会った

田舎の川沿いとブロンプトン

 

私は、自転車趣味を始める前から、
もともと、一人旅が好きだったのですが・・・

ある日、京都の街中を歩き回っていたとき、歩き疲れてしまい、
もし、ここに自転車を持ち込めたら快適だろうな・・・と考えたのが、自転車趣味の始まりでした。

 

そして早速、折りたたみ自転車の「ブロンプトン」を購入したわけですが・・・

 

その威力は予想以上で、歩きだとへとへとになるほどの時間がかかっていた道を、
何倍ものスピードで、びゅーんと、移動してしまえる・・

そんなシロモノを、電車とか飛行機とかでさくっと旅先に持ち込める・・ということに、
感動したのを覚えています。

 

それ以来、自転車趣味の楽しさに目覚め、
さらにクロスバイクとか、ロードバイクとかも買ってしまい・・

いろいろと試行錯誤しながら、自転車趣味生活を送ってきました。

 

自転車は現在、

折りたたみ自転車のブロンプトン

SURLY CrossCheck(自分でフレームから組んだロードバイク)

の、2台を所有しています。

 

そして輪行で自転車を旅先に持ち込み、現地での移動手段にしたいときはブロンプトンを、
長距離を走り回ったり、オフロードに出かけたりしたいときはCrossCheckを・・・

と、いった使い分けをしています。

 

家には、趣味が高じて購入したパーツや工具の数々があり、
走る以外にも、家でのカスタマイズやメンテナンスを楽しんでいます。

これまでに諭吉さんが何人、飛び立ったかは、数えていません・・笑

 

 

これまで自転車生活を送るなかで、考えてきたことや得た情報を発信してみよう!と思って、
このブログを始めてみました。

 

このブログを訪れてくれる方は、
これから自転車趣味を始めようとしている初心者であったり、

もしくは私よりずっと長く深い自転車経歴を持った、ベテランであったりと、
いろいろだと思いますが・・・

 

このブログが、自転車生活を楽しむ同志たちのための、
なにかの役に立ってくれれば、嬉しいです。

 

 

このブログの記事一覧はこちらから


スポンサードリンク



運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ