当サイトのおすすめアイテム
ブロンプトンに使えるメンテナンススタンド

ブロンプトンの寿命はどのくらい?もう7年は乗ってるけど・・


海沿いのブロンプトン

自転車には、寿命があります。

そしてもちろんブロンプトンにも、寿命があります。

 

なのでもしブロンプトンを持っていたり、買おうかな?と検討していたりする場合、
ブロンプトンの寿命、一体どのくらいなの?

というのは、気になるところだと思います。

 

もちろんここは一概に、何年!と言えるところではないです。

乗る道とか、乗り方とか、使う環境とかによっていくらでも変わってくるからですね。

 

とはいえ「大体、このくらいだ」という目安も、じゅうぶん参考になると思います。

私自身はこの記事を書いている時点で、もう7年ほど、同じブロンプトンに乗っているので、
「ブロンプトンの寿命」について思ったことを書いてみます。

7年乗った時点で、こんな感じになってます

まずは、実例です。

我が家にはせっかく、7年くらい乗り回したブロンプトンがありますので・・・

このブロンプトンがいわゆる「寿命」と比べて、どんな感じになってるのか?
というところから、見ていきたいと思います。

 

まず結論としては、「全然問題ない」状態だと思います。

 

もちろん、フレームの割れとか破断とか、そういった致命的なイベントは起きていません。

 

そして、フレームがやたらとたわむようになった。。とか、剛性が減った。。みたいな、
体感上の「へたり」みたいなものも、ぜんぜん感じられないです。

買ったとき同様、ペダルを回すとしっかり、パワーをホイールに伝えてくれている感じがします。

 

フレームの表面については、まあ、輪行を繰り返したりと、それなりにハードな使い方をしていたので、
表面には無数のキズができてしまっていますが・・・

フレーム強度に関わるような、大きいへこみとか亀裂とかは、ひとつも無いと思いました。

 

あとはブロンプトンは鉄製ですので「錆」が気になるところですが・・・

私のブロンプトンは、錆対策をしっかりやっているからかもしれませんが、
フレーム表面・内部(見える範囲)ともに、少なくともフレーム寿命に関わるような、ひどい錆は無いように思いました。

 

とはいえいろいろな情報を見ていると、フレームのリア三角あたりが破断してしまい、中を見ると錆だらけだった・・という例もあるようですので、
もし錆対策をあまりしていない場合は、錆による寿命・・というのも、もしかしたら有るのかもしれません。

 

ちなみに、私のブロンプトンの乗り方としては、
日々の足に使うのはもちろん、旅先での観光とか、ある程度のロングライド・・とか、
まあ、それなりの頻度で乗っているほうだとは思います。

雨の中、ひと晩駐輪してしまったり・・なんていう、ラフな扱いもけっこうしています。

 

そういった条件でも、上記のような感じですので、
ブロンプトンの寿命としては・・・

錆対策さえしていれば、7年くらいならまあ、問題なく持つ

と、言えるのではないかと思います。

「クロモリ」なので、かなり持つだろう

「素材」の面からみても、ブロンプトンの寿命はかなり長いだろうな・・と思います。

 

まず大前提として、「自転車の寿命 = フレームの寿命」だと考えます。

パーツが壊れたとしても最悪、交換すればいいわけですが、
フレームが壊れてフレームを交換したとすれば、それはさすがに、別の自転車になった・・と考えていいはずですので。

 

そしてブロンプトンのフレームは、クロモリ・・つまりクロムモリブデン鋼という「鉄」でできています。

そして、アルミやカーボンといった他の素材に比べると、
一般的にクロモリは寿命が長いと言われています。

 

例えばアルミだと、5年も乗っていればヘタリを感じ、破断してしまうリスクも徐々に上がっていくものだと思います。

実際、「アルミ 破断」などで調べるとおそらく、クロモリよりはるかに多くの事例が出てくるはずです。

 

しかしクロモリは、「クロモリは一生モノ」と言われることも多く、
そのくらい頑丈で、寿命が長い・・というのが定説だと思います。

いろいろな面から比較してみても、クロモリは自転車素材としていちばん頑丈だろうと思われたのですが・・・

クロモリは「重い」という、けっこう痛いデメリットがあるかわりに、
寿命とかいった面では、自転車素材の中でいちばん優秀なんだろう・・と、これまでいろいろ調べてみた限りだと、思いました。

 

なので、そういう「クロモリ」素材を使っているブロンプトンは、

アルミやカーボンの自転車と比べると、寿命はかなり長いのだろう

と、言えるのでは・・と思います。

「飽きによる寿命」も、ブロンプトンでは起きにくい

自転車の寿命の、意外な原因・・それは「飽き」です。

 

自転車が壊れてしまうまでには、何年もあるわけですが・・・

そういう「強度の寿命」がくる前に、その自転車に飽きてしまって、
新しい自転車に乗り換えてしまう・・というのは、よくあることだったりします。

 

例えばロードバイクだと数年もすれば、変速機とかホイールとかもどんどん進歩しますので、
今のままの自転車だと新型のパーツが組み込めない・・となって、新しい自転車に換えたくなる、といった場合も多いです。

 

しかし・・ブロンプトンは基本的に、モデルチェンジがありません

組み込まれるパーツとかは、年度によってある程度変わるのですが・・・

基本的にフレームは、もう相当に長い間、同じデザインのものが使われているはずです。

 

なのでブロンプトンには、陳腐化することがないというポイントがあり、
これも、飽きによる寿命が起きにくく、ずっと使っていられる・・という理由になったりするのです。

 

 

・・と、ブロンプトンの寿命は一概に何年!と、言うことはさすがにできないのですが・・・

7年乗った私のブロンプトンも、まだまだ現役で使えそうだ・・というところからみても、
ブロンプトンの寿命はじゅうぶんに長い、とは言えるのではないかと思います。





運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ