スポンサードリンク



ガーミンのスマートウォッチをロードバイクのナビとして使う方法


手首につけたガーミンウォッチ

ナビ機能を搭載したスマートウォッチは、自転車との相性がとても良いです。

 

自転車で知らない道を走るとき、
スマートフォンやナビ専用機を、自転車のハンドルバーに装着して、
ナビをしてもらう人は多いと思います。

私もかなりの期間そのように、スマートフォンをハンドルに装着してナビをしていたのですが・・・

あるときランニングのログなどをとるために「GARMIN Fenix」というシリーズの、Garmin Watchを購入しました。

 

そしてある日思い立ち、自転車で100km程度を走るとき、そのウォッチでナビをさせてみたところ、
個人的には「スマートフォンなどを使うよりも上だ」と感じるほどに便利でしたので、
以後、自転車でのナビはほぼすべてスマートウォッチでするようになりました。

 

ガーミンウォッチと自転車って、ほんとうに相性がいいの?

ガーミンウォッチの優秀ポイントって、どんなところなの?

この記事では、そんな疑問に答えていきます。

GARMIN社は、モバイルGPSの世界で一、二を争うほどの有名企業で、
自転車の趣味とする方でも、GARMIN製品を持たれている方は多いのではないかと思います。

Garmin Watchは、そのGARMINが発売するスマートウォッチで、
登山、ランニング、自転車などにおける、走行ルートのログや、ナビといった機能に特化した製品です。

 

スマートウォッチといえば、Apple Watchが有名だとは思いますが・・・

Garmin WatchはApple Watchと比べて、特に「自転車でナビをする」場合に、数々のメリットがあります。

 

その中でも最高のメリットは、バッテリーの持ちがとても良いことです。

体感では、同じようにナビをさせる場合で、バッテリーの減りかたはApple Watchの1/3以下だと思いました。

ナビとして使用し続け、15-20時間はナビを続けられると思います。
(仕様でも、そのくらいのバッテリー持続時間のようです)

 

Garmin Watchのバッテリー持ちが良いのには、大きな理由があります。

Apple Watchは、iPhoneなどと同じような、それ自体が発光するタイプの液晶を持つのですが、
Garmin Watchは「反射型液晶」という、それ自体は発光せず、太陽などの光の反射を利用して画面を表示するタイプの液晶を採用しています。

Garmin Watchに限らず、GARMIN製品は多くがこのタイプの液晶なのですが、
この液晶はスマートフォンなどの液晶と比べ、自分からは光を出さないので、とても少ないバッテリー消費で表示が可能です。

有名どころでは、AmazonのKindleなどのデバイスが、このタイプの液晶を使っていますね。

部屋の中などでは、光が少なく、見えにくいことがあるのですが、
太陽がしっかり照っている屋外であれば、見えにくいことはほとんどありません。

自分からはいっさい発光しないので、真っ暗闇だとまったく見えないのですが・・・
ほとんどの製品は、バックライトを点灯させることができるので、暗闇では使えないといったこともありません

そのため「主に、屋外でのナビに使う」という用途では、
反射型液晶を採用したGARMINのデバイスは、とても良い選択になるのです。

 

他にもメリットとして、スマートフォンのような形のデバイスと比べると、
「小さく軽く、荷物になりにくい」「ずっと腕についているので、自転車から離れるときにも取り外す手間がかからない」
といったものがあります。

 

そしてこのデバイスは、入れたルートデータを画面に表示することができます

そのため実際にナビとして使うときは、
自分で作ったり、ルートラボなどのサイトからダウンロードしたりして入手した、
「GPX」形式のルートをインポートして表示し、そのルートに沿って走る、という方法がいちばん便利です。

Garmin Watchでは地図表示はできないか、できても小さすぎてほとんど役に立たないのですが、
ルートさえちゃんと見ることができれば、地図は見られなくても問題ないと思います。

どうしても地図を確認したいのであれば、止まって、スマートフォンを取り出せばいいのです。

ルートを表示したガーミンウォッチ

ルートをインポートすると、上の画像のように、ルートが表示されます。
自分の位置もわかりますので、あとはルートから外れないように、沿って走り続けるだけです。

画面はかなり見やすく、腕をさっと上げれば、走行中でもすばやく確認することができますし、
ハンドルを握ったまま見下ろして確認することもじゅうぶんに可能です。

方位もしっかり表示してくれるので、方角がわからなくなることもありません。

 

ルートデータは、「ルートラボ」もしくは、「Google Map」で作成するのが定番です。

作り方はいろいろあるので、ここでは割愛しますが・・・
最終的には「.gpx」という形式のルートデータファイルが出来上がると思います。

ルートデータファイルができあがったら、
Windowsパソコンの「Garmin BaseCamp」というソフトから、インポートするといいでしょう。
GARMINのデバイスを使うのなら、あとあとお世話になる定番ソフトです。

 

 

また、それ以外のナビの方法として・・・
ルートではなく、目的とする「地点」を指定して、そこまでの距離と方角だけを示し続けてもらう、ということもできます。

ルートのときと同じように、Windowsパソコンの「Garmin BaseCamp」から地点データをインポートすることができますし、
もしくは、目的地の「座標」さえわかれば、ウォッチ側で座標を入力して目的地を指定することもできます。

この方法で目的地を設定すれば、
あとは目的地に到着するまで、目的地までの「距離」と「方角」だけをシンプルに表示し続けてくれます。

矢印を表示したガーミンウォッチ

こちらのモードは、
「ナビをしてほしいけど、いちいちルートを作成するまでもない」という場合にとても便利です。

 

スマートウォッチは、実は、自転車との相性がとても良く、
Garmin Watch以外だと、Apple Watchも自転車ナビとして優秀だったり、
Garmin WatchとApple Watchを「両方」装着し、ナビを完全なものにするテクニックがすごく便利だったりします。

 

この記事の執筆時点での、おすすめ機種は、

 

GARMINの地図機能つきスマートウォッチ

 

これが、価格もすごく高くはなく、かつ「地図機能」がついているので良いのでは・・と思います。

Garmin Fenixシリーズには、地図機能ありと無しの機種があるのですが・・
やはり地図は使えたほうが、知らない土地を走ることも多い「自転車」との相性は、圧倒的に良いです。

 

 

スマートウォッチ、特にGarmin Watchは、
登山やランニングだけではなく自転車にも便利な、神デバイスです。

 

もし、自転車ナビとしてスマートフォンや専用デバイスを使っているけど、
大きすぎて邪魔・・振動で外れたりして面倒・・と思われる方は、
スマートウォッチ、特にGarmin Watchを使うことを検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク




 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミスを防ぐための、一押しアイテムです。
運営者が愛用しています。

Amazonで見る
楽天で見る

詳細なレビュー記事はこちら

運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ