ブロンプトンの重量は9kg-13kgです。・・が、これはどのくらい重いの?


田舎に佇むブロンプトン

ブロンプトンの重量は、公式情報によると「軽くて9kg、重くて13kg」です。

 

How much do Bromptons weigh?
Depending on the model of bike and configuration, the weight of the bike can range from 9KG to 13KG (20lbs to 28lbs).

Here are the weighs to our key model types:

M3L - 11.5 kg

S2L - 10.7 kg

P6R - 12.4 kg

M3L-X - 10.5 kg

S2L-X - 9.8 kg

P6R-X - 11.5 kg

ブロンプトン英国公式サイトの該当記事より引用

 

ブロンプトンたちの重さって、どれくらい?

モデルやカスタマイズにもよるけど、だいたい9kgから13kgくらいだよ。

 

主要部分を意訳すると、こんな感じでしょう。

 

もちろん重さなんてものは、カスタマイズや装備などによって、いくらでも変わります。

 

チタンモデルにすれば、値段は跳ね上がりますが、軽くできますし、
さらに軽量パーツを加えて、ものすごく軽く作り上げる例もあるようですね。
(もちろん、値段もすごいことになるとは思いますが・・・)

逆に、重さを気にせずにリアキャリアとか、鍵のフレーム固定とかをしていけば、
重さはいくらでも増えていきます。

 

とはいえ、公式サイトにそう書かれているわけですので・・・

「ブロンプトンの重さって、だいたいどのくらいなの?」に対する答えは、
「だいたい、9-13kgくらい」ということになると思います。

 

以上!!

 

・・・なのですが、この9-13kgというのは、
だいたい、どのくらいの重さなんでしょうか?

 

たとえばよく、ブロンプトンと対として語られる有名折りたたみ自転車の「Birdy(BD-1)」ですと、
もちろんこちらもタイプによるのですが、だいたい、10-11kgくらいのことが多いようです。

たとえば「Classic」「Monocoque Air」といった、ポピュラーなモデルが、
そのくらいの重さになるようですね。

 

折りたたみ自転車の有名どころというと、それ以外に、たとえばDAHONがありますが・・・

いちばん重いモデルでも、12kg台くらいですし、
平均するとだいたい、10kgくらいになるようでした。

他の折りたたみ自転車で、13kgに達するようなものはなかなか、無いようでしたね。

 

そして、軽量な自転車だと・・・

DAHONの、安価かつ軽量なモデル「Dove Plus」といったものだと、
ペダル無しで7.0kgを切るレベル(ペダルありでも、7kg台前半でしょう)だったり・・・

チタン製の高級自転車「トレンクル」だったりすると、
ペダルもありで、6.9kgだったりします。

 

チタンを導入し、純正のなかで軽いパーツ構成にしても9kgまでにしか軽くならないブロンプトンより、
「軽量!」と言われる自転車はさらに、2kgも軽いわけですね。

 

視点をほかのタイプの自転車に移し、たとえば、ロードバイクを見てみると・・・

これも、時代などによって変わってくるのですが、この記事を書いている時点だと、
たとえば10万円くらいのロードバイクですと、だいたい、9-10kgくらいだと思います。

同じくらいの値段のクロスバイクも、重さは、そんな感じですね。

 

ブロンプトンに近い値段の、20万円くらいのロードバイクですと、
だいたい、8-9kgといったところでしょうか。

 

なのでブロンプトンは、これもまあ、一概には言えないものの・・・

他の折りたたみ自転車たちと比べて「重い」のは間違いないですし、
だいたい、1-2kgくらいの規模感で、他の自転車より重い・・と言っていいのではないかと思います。

 

現代の自転車ですと折りたたみを含め、ほとんどがアルミとか、カーボンなところを、
ブロンプトンはクロモリですので・・まあ、そんなものでしょう。

 

とはいっても、折りたたみ自転車は適度に重いほうがいい、というのも、ひとつの考え方です。

重いほうが安定したり、長距離でも疲れにくかったり・・という要素も、ありますので。

 

ブロンプトンの重さには、タイプとか装備とかによって幅が出ますが・・・

ブロンプトンを買うときには、だいたいのイメージとしては、
他の自転車よりだいたい1-2kgくらい重いんだ・・くらいの感覚でいると、
大きな間違いはないのではないか・・と、思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ