ロードバイクが続かない・・続けるための「工夫のしかた」を紹介!


ちょっと疲れてるサイクリスト

せっかく、高いお金を出して買ったロードバイク・・・

最初は毎日、乗りまくっていたのに・・・

 

気がついたら、部屋の片隅で、オブジェになってる。。。

 

・・・「ロードバイクが続かない」というのは、
けっこう、多くの方が抱える、悩みのようです。

 

もちろん、無理をして続ける必要はないです。

 

ですが・・・せっかく買ったんだから、続けたい!

でも、続かない・・というのであれば、
「続け方」を模索するべきだと思います。

 

私自身は、ずっと乗りまくってきた!というわけではありませんが、
それでも、もう7年ほど、ロードバイクを中心とした自転車趣味が続いていますので・・・

この記事では、ロードバイクを続けるためのコツを解説していこうと思います。

「ストレスなしの道」だけを走る(そのためのスキルを身につける)

ロードバイクで、走るたびに・・・

 

路駐、邪魔!!

 

歩行者の飛び出しが危ない・・・!

 

信号、多すぎ!ぜんぜん飛ばせない!!

 

・・・と、いうことになっていませんか?

 

ロードバイクは、自分の脚力だけで、原付並みのスピードでかっ飛ばせる、
すごく、爽快な乗り物です。

自転車の中でも「ロードバイクならではの楽しさ」といえば、
まあ、やっぱり、ここでしょう。

 

しかし乗るたびに、ストレスフルなことになっていては、
その楽しさも半減・・・

どころか、ロードバイクに乗るたび、ストレスがたまる・・!

なんてことに、なりかねません。

 

もちろんそうなれば、ロードバイクは、もういいや。。と、
続かなくなりやすいです。

 

では、どうすれば?

ロードバイクにとって、走りやすい道だけを厳選する

個人的にはこれが、一番だと思います。

 

世の中には「ロードバイクが走りにくい道」と「ロードバイクが走りやすい道」があります。

 

例えば、混雑した東京の街中とか、交通量が多い片側一車線とか・・は、
ロードバイクにとって「走りにくい道」ですね。

走るとき、もし、こういう道ばかりを選んでいるとすれば・・・
ストレスがたまってしまうのも、仕方がないのです。。

 

しかし走る前に、「快適に走れるルート」を、しっかりとリサーチしたり・・・

もしくは電車輪行やクルマ輪行で、走りにくい場所を避けたりすれば、
「自転車で走りにくい道」をスキップして、快適な場所だけを走ることができます。

 

実際、私は100km以上くらいの長距離を走るときは、
必ず、快適に走れる道をじっくりリサーチしたり・・・

もしくは何度も走って、快適だと分かっている道だけを走ったりします。

ストレスフルな道を100kmも走るのは、正直、ただの苦行だと思いますので・・笑。

「走り方の方向性」を変える

ロードバイクに乗ってるんだから、速く走ろう!!

 

ロードバイクを買うと、多くの場合、そう思うものでしょうし、
私もロードバイクを買った初期は、「速さ」を求めていました。

 

もちろん、全然問題ない考え方ですし、
速さを追求するのは、立派な楽しみ方なのですが・・・

ロードバイクに乗っているからといって、速さだけにこだわると、
ロードバイクが続かない・・ということになるかもしれません。

 

もし、「速く走る」ことに関して、マンネリを感じてしまうようなら、
ロードバイクの新しい楽しみ方を模索してみるのも、いいと思います。

 

例えば、豊かできれいな景色の道を厳選し、ゆったりと自然の中を走るのを楽しむ・・とか、

例えば、クルマだとあまり立ち寄らないような場所を、ふらっと訪れて回る、冒険とか・・・

もしくは走った先にある、おいしいものを目指す、グルメライドもいいでしょう。

 

ロードバイクで速く走る!というのは、立派な趣味の形なのですが、
当然、すべての人がそれを楽しめるわけではないです。

人によっては、速く!速く!と急かされるような雰囲気に、
辟易してしまうことも、あるでしょう。

 

そんな時は、いろいろな走りの方向性を試してみて、
「自分に合う、走りの方向性」を見つけることができれば・・・

 

その方向性であれば、ロードバイクがちゃんと続く可能性は、高いんじゃないか・・と思います。

カスタマイズを楽しむ

「走ること以外」の方向性に目を向けてみるのも、
マンネリ化しない、ひとつの方法です。

 

例えば私がハマったのは、ロードバイクのカスタマイズ、ですね。

 

ロードバイクのカスタマイズは、自動車などと違って、
自分ひとりだけでも十分、完結させられるものです。

 

パーツを入手して、もとからついているパーツと交換してみると、
お!乗り心地が良くなった!

・・みたいなことを繰り返し、「自分で自分の自転車を作っていく」感覚は、
私の趣味の方向性には、ベストマッチしました。

 

もちろん、カスタマイズ以外にも、「走ることそのもの以外」の楽しみ方は、いろいろあります。

 

ロードバイク・コミュニティに入って、友人を作り、一緒に走った先でのグルメを楽しみにしたりとか・・・

もしくは、カメラを持って走り回り、ロードバイクならではの写真を撮り集めるとか・・・
それをインスタグラムに上げるのを、楽しむとか・・・

もしくは自転車趣味ブログを立ち上げ、情報発信にのめり込むとか・・・
(このブログもそれですね。笑)

 

「走ることそのもの以外」の楽しみ方にも、いろいろと目を向けてみると、
あなたに合う、長く続けられる楽しみ方・・というものが、見つかるかもしれません。

 

 

と、この記事ではロードバイクを「続ける工夫」について、いろいろと語ってみました。

 

もちろん趣味は、無理に続ける義務なんて無いですし、
「やめてしまうのも仕方がないよな」というケースも、確かにあります。

 

もし「ロードバイクを続けたい!けど、楽しみ方が尽きてしまった・・」という場合は、
新たな楽しみ方を開拓する!という方向性で頑張ってみると、
楽しみながら、ロードバイクを続けていけるんじゃないか・・と、思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ