三ヶ島の鋲つきで滑りにくいフラットペダル

壱岐を自転車で一周!かかる時間は?フェリーはどう使う?


壱岐の海沿い

壱岐を自転車で一周してみよう!

 

壱岐は、長崎県に属する島で・・

自転車で走ると、風光明媚・見どころ満載のコースとなります。

 

しかし壱岐を自転車で走ってみよう!とすると・・

◇どういう交通ルートで行く?フェリーはどこから出ているの?

◇一周するとどのくらいの距離で、時間はどのくらいかかるの?

◇おすすめのルートとか、見所とかを知りたい!

 

とかが、気になるかもしれません。

 

私自身、わけあって何度も壱岐に行く機会があり、
そのたびにフェリーで自転車を持ち込んで、一周したり、走り回ったりしました。

なのでこの記事では「壱岐を自転車で走る」ってどんな感じ?

そんなところを解説していきます。

走りやすい?一周にかかる時間は?

壱岐を自転車で一周すると、どんな道を走ることになるの?

 

実際に走ったときの景観を、ざっくりと抜粋してみると・・

壱岐の田園地帯

壱岐の一般道

壱岐のトンネル

壱岐の港

こんな感じです。

 

全体を通して、道幅はけっこう広めで、交通量も少ないです。

トラックとかの大型車両も少なめですね。

そして信号も少なく、快適に走れます。

 

島一周ルートですので外周を走れば、ずーっと海沿いで・・

壱岐は海がきれいですので、なかなか癒しのあるライドを楽しめます。

 

そして外周を離れ、内陸部に行けば、いかにも「田舎!」という感じの田園地帯が広がっています。

こっちはこっちで、また違った癒しがありますね。

 

壱岐の全体像は・・

 

 

こんな感じで、だいたい一周60kmくらいです。

 

どのくらいの時間がかかるか?は、もちろん脚力などで変わってきますが・・

まったく寄り道せずに走って、たとえばロードバイクだと、一周3時間とか、そんなものです。

 

もし熟練者なら、寄り道せずフルスピードで走ると、瞬時に回りきってしまって物足りないかもしれないです。

なのでその場合は、内陸部を走れば坂が増えますので、よりハードなライドにもできますし・・

もしくは景観が良い場所を見つけたら、そこでしばらく自然を楽しむ・・みたいなまったりライドも良いかもしれません。

 

と、壱岐を自転車で一周!のざっくりした全体像は、そんな感じです。

壱岐のみどころは、どんなところ?

壱岐を楽しむときの「みどころ」は、どんなところ?

 

ここは「雄大な自然」と「おいしい海鮮」

このふたつだと思います。

 

まず・・自然に関しては、だいたい、島中どこでも楽しめます。

「観光スポット」というのも、もちろんありますが・・

そういうスポットに限らずとも、走っているだけで海も山もたっぷり堪能できると思います。

 

徒歩やクルマと違って、島の全行程をきっちり楽しめる!
というのも、自転車の良さですね。

 

そして壱岐は「海鮮」が、とてもおいしいです。

特に「うに丼」が有名ですね。

うに丼定食

海鮮料理

 

うに丼も、その他の海鮮料理も、たくさんの店がありますので・・

壱岐に行く前にじっくり、下調べしていくのをおすすめします。

壱岐に行く「フェリー」は、どんな感じ?

壱岐に行く「交通手段」は、どんな感じ?

 

ここは2種類で「フェリー」と「飛行機」なのですが・・

飛行機のほうは、長崎空港からしか出ていません。

なので福岡からなら、「フェリー一択」ですね。

 

そしてフェリーは「博多港」から出港しています。

 

 

ここですね。
(地図は動かすことができます)

 

「唐津東港」のほうからも便があるようですが、こっちは利用したことがありませんので・・

以下、この「博多港」からのルートを前提に書いていきます。

 

 

博多から壱岐までのフェリーは、「九州郵船」が運営しています。
(公式ページへのリンクを貼っています)

上のリンクから飛べば、時刻表とか、料金とかいろいろ見られると思います。

 

そしてこのルートを航行するフェリーは、「通常のフェリー」と「ジェットフォイル」の2種類あります。

このふたつの違いは「値段」と「かかる時間」ですね。

 

ジェットフォイルのほうは1時間ちょっとくらいで、博多港から、壱岐まで到着するのに対し・・

普通のフェリーのほうはだいたい、2時間半くらい時間がかかります。

 

そして料金はジェットフォイルのほうが、片道5,000円くらいで・・

普通のフェリーのほうが、片道2,000円台から3,000円台、といった感じです。

 

選択はもちろん、自由なのですが・・

個人的には時間の差と価格の差を考慮すると、ジェットフォイルのほうが優秀だな、と感じます。

 

あとはジェットフォイルのほうが、揺れは圧倒的に少ないですので・・

船酔いがひどい場合はかかる時間・揺れともに少ない、ジェットフォイルにしておくほうが良いでしょう。

 

 

そしてフェリーが、壱岐のどこに到着するのか?ですが・・

ここは「郷ノ浦港」と「芦辺港」のどちらか、です。

 

郷ノ浦港は、

 

 

この、島の南西のほうにある港で・・

 

芦辺港は、

 

 

この、島の北東のほうにある港ですね。

それぞれ、島の対局するような位置にある港たちです。

 

とってあるホテルとか、どこから走り始めたいか?で、どっちの港を選べばいいかは変わりますので・・

間違えないように、注意です。

 

そして自前の自転車を使うのなら、自転車を載せてもらって運ぶ必要があるわけですが・・

この場合は九州郵船の料金表ページに書いてあるように、
「特殊手荷物」の扱いになり、追加料金がかかります。

片道で1,000円とか、そのくらいですね。
(実際の価格はご確認ください)

 

そして自転車は、電車に載せるときのように分解して、輪行袋に詰めるほうがいいです。

 

ホームページを見た限りでは、分解必須!とかは書かれてはいなさそうですが・・

特にジェットフォイルの場合、船はそこまで広くはありませんので、
輪行スタイルへの処理は、必須でしょう。

他の乗客も乗るわけですので、オイルの付着とかにも気をつけるべきですし・・

 

と、壱岐への「交通」については、こんな感じです。

 

 

いろいろ書いてはみましたが・・

島ライド好きであれば、まず後悔しないのではないか?と思うくらい良い場所ですので、
晴れの日を狙って、行ってみてはいかがでしょうか。

 

今回は「壱岐を自転車で一周!って、どう?」をテーマにお話ししてみました。

 

関連記事
「バックパック」「ショルダーバッグ」「手提げビジネスバッグ」の3スタイルに切り替え可能で、自転車通勤やビジネスに向いたバッグを紹介しています。

 

安くてじゅうぶんな機能が揃った、コスパ最強の振れ取り台を紹介しています。

 

旅や観光に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ