壱岐をロードバイクなどの自転車で観光・旅行するときの注意ポイント


壱岐の港

壱岐は、福岡の港から行ける、長崎県に属する島で、
自転車、特にロードバイクなどの自転車で駆け抜けるととても楽しい、
風光明媚で、見どころ満載の島です。

 

 

長崎県の北に位置する、
一周すると、だいたい60km程度の島ですね。

 

私は仕事・プライベートで、なんども壱岐を訪れたことがあり、
行くときには毎回、フェリーで自転車を運びこみ、島じゅうを走り回っていました。

 

壱岐は、道路の幅も比較的広く、
トラックなどの大型車両も少なく、
また交通量自体も少ないので、とても自転車で走りやすいです。

 

観光スポットというものも、あるにはあるのですが、
そんなものを気にせず、てきとうに走り回っているだけでも、
なかなかに優れた景色が、そこらじゅうに広がっています。

壱岐の海沿い

壱岐の田園地帯

それぞれ、じっさいに私が壱岐を走ったときに、出会った景色なのですが・・

 

てきとうに走り回っているだけでも、広大な海や、
豊かで広い田園地帯といった、すばらしい景色を楽しむことができます。

 

 

食べ物もとてもおいしいです。

有名なのは、「海鮮」や「うに丼」といったところですが・・

こちらは、ある程度検索して、美味しい店を探す必要はあるでしょうが、
よほどの地雷を踏まない限りは、自転車で走り回ったここちよい疲れを、
おいしいグルメが癒やしてくれると思います。

海鮮料理

うに丼定食

自動車などで島を回られるのも、良いかもしれませんが・・

筆者としては断然、自転車で回ることをおすすめします。

アップダウンも少なく、自転車で走る難易度としてはそう高くありませんし、
距離も、日頃ロードバイクなどを乗り回している方であれば、一周しても「楽勝」と言える程度でしょう。

道が狭すぎたり、トンネルが過剰に連続するような、
「難所」と言えるようなところも、
筆者が走り回った限りでは、特になかったように感じます。

どうしても辛ければ、現地で電動自転車をレンタルする、といった選択肢もあります。

筆者は、クルマをレンタルして、島を観光したこともあるのですが、
壱岐の見どころは、道から眺める海、田園地帯、森など、
「道の途中」にあることが多いため、
ポイントからポイントの「ワープ」のようになってしまう自動車移動では、
なかなか、観光を楽しみきるのは難しいな、と感じました。

 

注意点としては、くれぐれも晴れの日を狙って、
行かれるべきだと思います。

壱岐はとても景観がよいのですが、くもりの日は、見どころが半減してしまいます。。
まあ、これは壱岐に限らず、自然が多い場所を観光するとき共通のことかもしれませんが・・

 

加えて雨の日は、壱岐に向かうためのフェリーが揺れやすいことがあります。

特に、船で酔いやすい方にとって、これはデメリットになると思います。

せっかく壱岐に着いたのに、船酔いで元気がなくなり、しかも天候は曇りや雨だったのでは・・楽しさは半減どころではなくなるかもしれません。

 

壱岐は、比較的安全で走りやすく、観光としても見どころも多い、
自転車を持ちこんで観光するのに、とても向いた島です。

晴れの日を狙って、旅立ってみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ