石垣島をロードバイクなどの自転車で一周!かかる時間は?注意点は?


平久保崎

石垣島を、ロードバイクなどの自転車で一周してみよう!

と、思い立ったとしても・・・
石垣島は離島という環境ですし、気候も本州とはぜんぜん違ったりしますので、
「石垣島ならではの注意点」といったものが結構、あったりします。

 

私自身は、石垣島に飛行機輪行でロードバイクを持ちこみ、
石垣島を一周したことが、2回ほどあります。

そして、石垣島の一周はこんな感じだったな・・とか、
注意点はここだな・・とか、いろいろと感じるところがありました。

なのでこの記事では、石垣島をロードバイクで走ろうとするならここに気をつけるべき!
・・といったことを中心に、お話ししていきます。

石垣島を自転車で一周・・って、こんな感じ

まず、走る地形についてですが・・・

石垣島は、沖縄南部にある、こんな形をした島です。

 

 

一周の距離は、ルートによっても違ってくるのですが・・・

最北端の平久保崎まで含めると、だいたい120kmといったところです。

距離的には、ロードバイクを始めたばっかりの方だとかなり厳しいでしょうが、
何年もやって慣れている方なら、そこまでは苦労せずに走れる・・といったところだと思います。

 

高低差としては、島の外周を走る限りにおいては、何百メートルも上ることは無いです。

しかしアップダウンは意外と激しく、だいたい30-50メートル程度の上り・下りは、いくつもあります。

 

一周にどのくらい時間がかかるか?は、脚力とか、風の強さとかによるので一概に言えませんが・・・

参考までに、私が軽く観光しながら、がんばりすぎない程度の負荷で走ったときには、
7時間くらいかかりました

 

時計回りに回るか、反時計回りに回るか?なのですが・・・
特に理由がなければ、「島は反時計回りに回る」という原則に従っていいと思います。

日本は左側走行ですので、海などのきれいな景色がよく見えるからです。

なのでルートとしては、島の南側にある市街地の「西側から」出発して「東側から」帰ってくる・・
ということになると思います。

注意点は、ここ!

注意点なのですが・・・

まずは、本州に比べてとてつもなく暑いですので、対策は必須です。

何月に行くかによってももちろん、変わってはきますが・・・
熱中症対策のためのウェアとか、アームカーバーとか、そういったものは揃えるべきですね。

特に、石垣島に行くときには通常、半袖で行くと思いますので・・・
腕を日差しから守ってくれるアームカバーは、すごく有り難かったのを覚えています。

 

パールイズミのアームカバー

 

実際に私は、これを装備して走りました。

パールイズミは自転車ウェアメーカーとしてはド定番ですし、UVカットもしっかりしている品で、
なかなか良い選択だったのでは・・と思っています。

 

 

天候の変化にも、注意が必要です。

石垣島の天気は、本州に比べて圧倒的に、荒れやすいです。

さっきまで晴れていたのに、スコールかよ!?と思うレベルの雨が、前触れもなく降り出したりします。

なのでたとえ予報が晴れで、出発時点でからからの晴天だったとしても、
レインウェアなどの雨対策グッズは必須だと思います。

 

私自身はゴアテックスのセパレート型レインウェアを、日頃から愛用していて、石垣島ライドにも持っていったのですが・・・

突然、バケツをひっくり返したような土砂降りに遭遇してしまったのですが、これのおかげでガードできました。笑

 

 

また石垣島は、台風がヤバい土地としても、有名です。

検索でもしていただければ、いろいろわかると思いますが・・・
単純に風の強さが、本土の比ではないくらいに強いのです。。

特にひどい場合は、命に関わるほどのことになると思いますので、
台風の情報には過敏なくらいに注意し、台風が来てしまう。。とわかった場合には、
いさぎよく、自転車で走るのはあきらめるべきだと思います。

 

 

そして「水分」についても、注意が必要です。

石垣島の市街地・・つまり人がたくさん居たり、建物がたくさんあったりするエリアは、島の「南側」にしかありません。

つまり、自転車乗りのオアシスにして生命線・・「自販機」がたくさんあるのは、そのエリアだけなのです。

行ってみると、ほんとうによくわかるのですが・・・
島の「西部」「東部」、そしていちばんの未開の地である「北部」では、
コンビニとか自販機とか、飲み水を入手できる場所がほんとうに無いのです。。

 

しかも本州に比べると、とても暑く、また湿度が高いこともあり、
水分の喪失量は、けっこう半端ないです。。

水が手に入らないエリアで手持ちの水分が切れると、ほんとうに致命的ですので、
水分は多めに持っていくか、もしくは過疎エリアに行く前のところでしっかり補給しておくのをおすすめします。

 

 

項目が多くはなってきましたが・・・
24時間やっているタクシーの電話番号を、できるだけたくさん控えておくほうがいいでしょう。

石垣島は本州と違って、電車が一本も走っていませんし、
バスの類もものすごく少ないです。

なので万一、自転車が壊れたりなどのトラブルに遭ったり、怪我で走れなくなったりしたら、
帰る手段がなくなってしまいます。

特にそれが暗くなった後だったりしたら・・本当にヤバいことになりかねないです。

ので、トラブルに遭ったりしてもちゃんと帰れるように、
帰る手段はしっかり確保するべきだと思います。

 

 

あとは・・朝早く出発するのが、かなり重要です。

島の北側などの、人や建物がぜんぜん無い環境で夜になってしまうと、ほんとうに怖い思いをするからです。。。

参考までに、実体験として、私がしてしまった大きな失敗をひとつ・・・

 

私は、ちょっとした事情があり、石垣島を一周するとき、出発が「午後1時くらいから」になってしまいました。

出発したのは、島の南部の市街地からです。

 

まあ、日があるうちになんとか帰れるだろうと甘く見ていたのですが・・
予想以上に日が落ちるのが早く、まだ島の北部に居る段階で、陽が落ちてきてしまいました。。

 

島の北部の、道を少し外れればジャングルのようになっているエリアで、
真っ暗になってしまっときの怖さは・・いまも、忘れられません。

街灯なんてひとつも無いので、自転車のライト以外は完全な暗闇ですし、
なんか森のなかで、変な生き物はギャアギャア鳴いているし・・笑

必死に走り、ようやく市街地の光が見えたときの安堵感といったら・・・笑

あの状況でパンクでもしていたらと思うと・・ゾッとします。。

 

・・と、いうアホなことにならないように、
朝は余裕をもってかなり早くに、出発したほうがいいでしょう・・笑

石垣島の「楽しさ」はここ!

気をつけることばかりを書いてきましたが・・・

石垣島は、自転車で走るには本当に良い場所で、
しっかりと準備をして走れば、雄大な自然と美しい景色を楽しむことができます。

海沿いのクロスバイク

道沿いのクロスバイク

平久保崎とクロスバイク

 

そして自転車以外でも、石垣島はみどころが多く、
特に食べ物としては、八重山そば、焼肉、島料理・・と、おいしいものばかりです。

ソーキそば

海ぶどうの軍艦巻き

海鮮の盛り合わせ

 

・・・自転車で消費したカロリーを、また摂取することになるかもしれませんが(笑)

 

もちろん、おいしい店を探したりは必要なのですが、
そのあたりは、グルメ系ブロガーの方々に譲ることとします(笑)

 

私は、仕事や観光でもう何度も、石垣島に行っているのですが・・・

毎回、自転車を楽しみ、グルメを楽しみの、
大満足の旅をしています。笑

「おみやげ」は、ネットで買ってしまうのもアリ

と、しっかりいろいろ気をつけて走れば間違いなく、楽しいライドになると思うのですが・・・

意外と問題になってくるので、おみやげ事情です。

 

どんなふうに自転車を持っていくかにもよりますが・・・
自転車は分解して持ち運ぶにも重いですし、走るときの積載量も低いですので、
おみやげを持って帰る余裕がないんですね・・涙

 

もちろん、現地で郵送を手配するのが常套手段でしょうが・・・
個人的なおすすめはAmazonなどで通販してしまうことです。

というのも・・現地で購入して、郵送を手配して、家に届くのと、
通販で手配して、家に届くの・・・

結局、同じように船に乗って、同じような流通ルートで届くわけですので、
やっていることは変わらないわけですよね・・笑

買える商品も、現地で売っているもののかなり多くを、
通販でも買うことができてしまいます。

 

そしてもちろん「送料」に関しては、たいていの場合で、現地手配のほうが通販より高くなります。

だったらいっそ、通販で届けてしまえ!・・と、私はある時そう思ったのです・・笑

 

もちろんこれを「邪道」と感じる方もいらっしゃるでしょうから、
このあたりは自己判断、ですね。

 

何度も石垣島に行った私の、おすすめの石垣島みやげは・・・

 

石垣島のおすすめおみやげ

 

この「紅芋タルト」は毎回買う、ド定番ですね。

中までたっぷりと実がつまっていて、甘くて、本当においしいです。

 

少し、おしゃれなおみやげなら・・・

 

石垣島のおすすめおみやげ

 

この、ロイズ石垣島というところの「黒糖チョコレート」がおすすめです。

ちょっとビターな風味と、しっかりした黒糖の旨味が、深みのある味わいなのです・・。

 

他にもいろいろありはするのですが、
私がいつも買う定番のおみやげは、挙げましたふたつです。

 

 

・・と、いろいろお話ししましたが・・・

石垣島を自転車で走るのに、興味がある・・

石垣島をロードバイクで一周!に、チャレンジしてみたい!!

・・と思う方のために、この記事が少しでも役に立てば嬉しいです。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ