ロードバイクをやめたい方へ。「仕方がない」場合と「続けたほうがいい」場合を解説します


岩のそばで乗るロードバイク乗り

せっかく買った、ロードバイク・・

だけどもう、やめてしまいたい・・・!

 

原因はいろいろ、あると思います。

そしてもちろん、無理して続ける義務なんてありませんので、
やめてしまうのは、自由ではあります。

 

しかし・・・

それでやめてしまうのは、もったいない!

 

と思うケースが結構、ありますので、
この記事では「その状況では、やめなくてもいいのでは?」という状況・・・

または逆に「それは、やめてしまうのも仕方がないかな・・」と思う状況について、
解説していきます。

ロードバイクを「やめなくてもいい」と、思う場合

ロードバイクをやめなくてもいいと思う、筆頭のケースは、
単に、マンネリ化しているケース、です。

ただただ、ロードバイクに乗り続けるうちに、
飽きてしまった場合・・ですね。

 

ロードバイクは、単調です。

やっていることは、何時間ものあいだ、
ただただ、ペダルをくるくるし続ける・・

基本的にはこれだけですので、
人によっては「飽き」がくるのも、仕方がないかもしれないです。

 

とはいえその場合は、「新しい楽しみ方」を開拓することができれば、
まったく、問題ないです。

 

例えばなのですが、クルマや電車、なんなら飛行機を使って輪行し、
いつもと違う場所や、絶景で有名な場所などを走ってみたり・・・

パーツを変更してみて、もっとラクに走れるよう工夫してみたり・・・

場合によっては、できるだけ太いブロックタイヤを履かせて、
シクロクロスよろしく、オフロードに繰り出してみたり・・なんてことも、できます。
(これは、フレーム強度が低いロードバイクでは、やめておくほうがいいかもですが・・・)

 

「ロードバイクを続ける、詳しい方法」については、この記事に書いていますが・・・

ロードバイク、そして自転車の楽しみ方は、無限大です。

ですので「ロードバイクを完全に遊び尽くす」ということは、できないと思います。

 

想像力を働かせ、新しい楽しみ方を模索していけば、
楽しむための「ネタ切れ」というのは、まず、起きません。

 

もちろん人によって、方向性の「合う合わない」はありますので・・・

自分が楽しめる方向性で、もっといろいろな楽しみ方はないか?と試行錯誤してみると、
マンネリは意外と簡単に、解消できるのではないか・・と思います。

 

 

次に、よく聞かれるのが、
「車道が怖い」ケースです。

 

もちろんロードバイクでは、事故とかは、自己責任(と、相手がいる場合は相手の責任)になりますし、
やっぱり、怪我をする時はしてしまいますので・・・

車道で怖い思いをしてしまって、危ないのでやめてしまおう・・と思うのであれば、
それは、ひとつの判断だと思います。

 

しかし・・・
このあたりは実は、「走る道選び」を徹底すればある程度、解決します。

 

日本には、「ロードバイクで走るには危険な道」というのがたくさん、あります。

そしてそういう道は、工夫すればかなりのレベルで、避けることができます。

 

実際・・私は現在、ロードバイクで走ると危ないかな?という道は、
ほとんど、電車輪行とかクルマ輪行とかで、スキップしてしまっています。

走りやすく安全な、「おいしい」道だけをロードバイクで走る・・という感じですね。

 

道を選んだとしても、危険をゼロにすることはできませんが・・・

それはまあ、歩道を歩いている段階で、ある程度の危険はあるわけですし、
そこから危険度がハネ上がるような道に、行かなければいい・・と私は、割り切っています。

 

「自転車で車道は怖い!」を克服するコツは、この記事にまとめていますが・・・

 

このあたりの判断はもちろん、自己判断・自己責任になるのですが、
道選びさえちゃんとやっておけば、
「ロードバイクで車道!が怖い・・」というのはかなり、軽減できると思います。

ロードバイクを「やめるのは仕方ない」と、思う場合

ロードバイクを「やめるのも致し方ないかな・・」と思うケースは・・・

第一に、他に、より好きな趣味ができた場合です。

 

どの趣味がいちばん「ハマるか」は、言うまでもないですが、
人によるところです。

そして、いろいろと試してみて初めて、分かるところでもあります。

 

なのでいろいろ試してみた上で、他の趣味をより、好きになった・・・

その趣味にハマりこむために、ロードバイクを続けるのが難しくなった・・というポジティブな理由なら、
ロードバイクをやめてしまうのは、仕方ないよなぁ・・と思います。

 

 

ふたつめに思いつくのは、完全に冷めた場合です。

 

最初のうちは楽しいかな?と思って、ロードバイクを買ってみたんだけど、
実際にやってみたら一切、まったく、楽しくなかった・・・

もしくは、最初は楽しかったんだけど、
少しやってみたら、ぜんぜん楽しくなくなった・・・

工夫をしたところで、また楽しくなる見込みも、なさそう・・・

 

そんな場合はやっぱり、仕方がないでしょう。

 

趣味は、人によって「合う合わない」があります

なので実際にやってみて、まったく合わないことがわかったなら、
それを無理に続けるのは基本的に、時間の無駄なのではないかと思います。

 

やってみたら合わなかった・・というのは、
私の場合は「ゴルフ」が、そうでした。

 

上司や同僚の勧めもあり、楽しそうかな?と思って、
ゴルフクラブなどを持ってコースに、赴いてみたのですが・・・

全っ然、まっったく、楽しくなかったです・・笑

 

もちろん、ゴルフを楽しんでいる人をディスりたいわけではなくて、
あくまで私の場合の、個人的な感想です。

とはいえ趣味というものは、合わないときには決定的に合わないものですので、
無理だな・・と思ったら撤退したほうがいい、と思います。

 

・・・ロードバイクとゴルフの両方が好きな人って、なかなか、居ない気がします・・
(当社調べです)

 

 

と、もちろん趣味をやめるやめないは、完全に個人の自由なのですが・・・

もし、ただただマンネリ化している・・とか、そういう場合であれば、
とりあえず続けられるよう、工夫してみる・・というのも、
価値があるのではないか、と思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ