シングルスピードで旅は無理?意外といける?


シングルスピードのギア部分

自転車旅は、楽しいですけど、キツいです。

そしてそのキツさをかなり軽減してくれるのが、変速機です。

 

実際、20段、22段もの変速ができる最近の自転車は、かなりラクに走れます。

何度も何度も繰り返す発進とか、えんえん続く登りとか・・・

旅の中で出会ういろいろな「負荷が高い」状況で、その負荷を最小にしてくれるからですね。

 

では・・「シングルスピード」での旅って、どうでしょう?

 

ピストバイク系などの、シングルスピードの自転車しか持っていないとか、
もしくはあえて、変速機をつけないスタイルが好きとか・・・

そういった理由で「シングルスピード x 旅」をやってみよう!とか、
もしくは既に何度もやっている・・とかいう方も居ると思います。

 

私自身、シングルスピードの自転車を持っていて、それを使って何度も旅をしていますので、
この記事では「シングルスピードで旅」って、どう?

といったテーマでお話ししていきます。

キツいときもある・・けど「なんとかなる」

シングルスピードは、キツいものです。

 

それはまあ、そうですよね。

ペダルがものすごく重くなってしまう、激坂とか、強い向かい風とか・・・

もしくは街中で、何度も繰り返す発進とかでもギアを落とせずに、
一種類のギアを使うわけですので。。

 

たとえばママチャリにも、シングルスピードはよくありますが・・・

ママチャリの場合はスピードを出す必要が無いですので、
「軽いギアひとつ」になっていることが多いです。

なので意外と、何度も発進を繰り返すような状況でも、大丈夫なんですね。

 

しかしピストバイクとか、シングルスピードのロードバイクとかだと、
ある程度スピードを出したいですので「重いギアひとつ」になっています。

ギアは重ければ重いほど、「脚の筋肉」に負担がくるものです。

そして山をひたすら登るような場面でも、ひたすら重いギアを踏むしか無いですので、
脚がパンパンになって動かなくなり、これがキツいのです。。

 

 

しかしそのキツさも、工夫次第である程度なんとかなるものだと思います。

 

例えば脚力をほとんど使わず、体重だけでペダルを回していく「休むダンシング」といったテクニックは、
自転車乗りのあいだではポピュラーだと思いますが・・・

これは重いギアの場合でも、脚の負担がかなり少なくなるテクニックですので、
これをうまいこと多用する・・とかですね。

実際、シングルスピードはこの「休むダンシング」が使えないと、
ある程度以上の坂を登るのは、ほとんど無理になってきます。

 

もしくは・・自転車には、軽いギアを効率よく回す「ハイケイデンス型」の乗り方と、
重めのギアをしっかり回していく「トルク型」の乗り方とがあるのですが・・

シングルスピードではもちろん、ギアを軽くして回転数を自由に上げる・・というのは無理ですので、
「トルク型」のほうを追求していくほうがいいと思います。

例えば「おじぎ乗り」といった乗り方は、ギアをむやみに落とさず、重いギアでも筋力に頼らず回していく方法を教えていて、
私も気に入って、よく勉強させてもらっています。

 

・・と、シングルスピードでの旅!というのは正直、キツイものではありますが、
工夫次第でかなりのレベルで、何とかなるかな・・と実際、旅をある程度繰り返して思いました。

シングルスピードで旅に出ようかな?など考えている方の、なにかの参考になればと思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ