シングルスピードでロングライドは無理?意外といける?

このブログは広告リンクを含みます

シングルスピード

シングルスピードでロングライドを、してみようと思うけど・・

ぶっちゃけ無理?それとも、意外と余裕?

実際に経験した人の、体験談を聞きたい!

 

シングルスピードは、ロングライドに向きません。

ロングライドは細かい変速で、負荷を調節しながら走るものですが・・

シングルだと当然、それは一切できないからですね。

 

しかしシングルスピードだって、ロングライドをやってみたいものです。

そしてやってみようかな?と思えば・・

  • シングルスピードでロングライドのキツさは、どの程度?
  • キツさを軽減するためのコツや装備は?
  • 鬼門の「坂道」はどう越える?

こういったことが気になるのではと思います。

 

私はシングルスピードの自転車を所有していて、ロングライドももう何度もやっています。

なのでこの記事では、シングルスピードでロングライドは無理?意外といける?

ここを解説していきます。

キツいけど「何とかなる」レベル

シングルスピードでのロングライドは、キツいです。

しかしそのキツさは、意外と「何とかなる」レベルに落ち着く!

何度もロングライドしてみて、私自身はそう思いました。

 

つまりロングライドは、シングルスピードでは無理だとか・・

変速無しだと、いつもの半分の距離で疲れてしまうとか・・

そんなことは無い!ということですね。

 

特に平坦メインなら、差はほとんど感じないです。

シングルスピードだと細かく変速し、脚の負担を一定にはできないわけですが・・

それでちょっとくらい脚の負担が上がろうが、現実的にはほとんど気にならないと思いました。

 

逆に、

  • 坂だらけ
  • ずっと向かい風
  • 混んだ街中で発進を繰り返す

こういったシングルに向かない要素が増えると、キツさは跳ね上がるものです。

たとえば坂道をひとつのギアだけで越えようとするなら、それはそうなりますよね。

 

しかしそれら悪条件であっても、キツさは「何とかなる」レベルに落ち着くと感じます。

もちろんずっと坂で、脚がピキピキ言うような負荷で走り続けるのはキツいものですが・・

それでも休み休み走れば、何とか登りきれるわけですね。

 

具体的な距離としては100kmくらいまでなら、特に問題ないと思いました。

さすがに200kmとかいった距離になると、変速による負荷調整ナシでは難しくなりますが・・

100kmくらいまでなら、変速無しのゴリ押しでも意外と通用してしまう感じですね。

もちろんここは体力とか、シングルスピードへの向き不向きとかあるので一概に言えませんが・・

 

という感じで・・シングルスピードでロングライドは、ちょっとキツいけど何とかなる!

確かに大変ではあるけど・・意外といける!

というのが実際に何度も繰り返してみた、私の感想となりました。

「乗り方のコツ」でラクになる

シングルスピードでロングライドは、そりゃキツいものだろうけど・・

とは言ってもできるだけ、キツさを軽減したい!

それを実現する鍵は「乗り方のコツ」にあります。

 

シングルスピードでのロングライドには、それに向いたコツがあります。

そしてそういったコツを使わずに、普通のロードバイクと同じように走るときと比べれば・・

コツを使ったロングライドは、かなりの負担軽減を果たせたりします。

 

じゃあ、シングルスピード・ロングライドのコツって具体的に何?

  • 「トルク型」でペダルを回す
  • 筋力だけでなく体重を使う

特に大事なのは、これら2つです。

「トルク型」でペダルを回す

ペダルの漕ぎ方には大きく分けて、

  • トルク型
  • ケイデンス型

この2つのスタイルがあります。

 

各スタイルの詳しい解説は、

パワーを掛ける「トルク型」とくるくる回す「ケイデンス型」・・どっちが自分に向く?の考え方を解説しています。

上の記事でしているのですが・・

 

トルク型というのは、ギアを重めにしておいて・・

それを強いパワーでグングン回すことで、加速を得る方法です。

そしてこの方法では負荷を軽くする「ギアの切り替え」は、最小限となります。

 

そしてケイデンス型というのは、軽めの適切なギアを選択し・・

最小の脚力でクルクル回すことで、加速を得ていく方法です。

こっちはギアをこまめに切り替え、最適な回転数をキープするやり方ですね。

 

そしてシングルスピードに向くのはトルク型の回し方です。

シングルスピードはもちろん、ギアの切り替えができませんので・・

重さを調節せずグングン踏み込む前提のほうが、フィットするからですね。

 

トルク型というのは、単に力任せに踏み込むことではありません。

より強いパワーを出すためには、トルク型に適した「身体の使い方」みたいなものが必要になりますので・・

シングルスピードで楽なロングライドを目指すなら、ここを追求する価値はあるのではと思います。

筋力だけでなく体重を使う

筋力だけでなく、体重をちゃんと使う!

というのもシングルスピードに効く、向いた乗り方のひとつです。

 

シングルスピードはどうしても、ギアが重めになりがちです。

たったひとつのギア比で、あらゆる状況に対応しますので・・

普通なら軽いギアに切り替える状況でも、同じギアで切り抜けるしか無いからですね。

 

そして重いギアというのは、体重を使うと回しやすいものです。

人間には個人差こそあれ、何十キログラムもの体重がありますので・・

それをフルに使いこなすことができれば、重いペダルも意外にスルスル回るものです。

 

対して「筋力だけ」で重いギアを回そうとすると・・

筋肉に負担が掛かりすぎて、すぐ動けなくなってしまったりします。

ハードすぎる筋トレを強行した感じになるわけですね。

 

自転車で体重をうまく使うコツは、

自転車に乗っているとすぐ疲れる原因を、「後傾」という悪い乗り方や、自転車・パーツ選びなどを軸に解説しています。

上の記事がおそらく参考になると思いますが・・

 

シングルスピードでロングライドするなら、体重をちゃんと活用する!

ここを心がけると、うまくいくのではと思います。

ロングライドの「坂道」は攻略できる?

とは言っても、シングルスピードでのロングライドにおいて・・

いちばんの鬼門となるのは「坂道」です。

シングルスピードでキツいのって、明らかにここですよね。

 

じゃあ、シングルスピードでもできるだけラクに坂を登ることはできる?

このあたりのコツは、

シングルスピードは坂がきつい!・・できるだけ負担なく登れるコツを紹介しています。

上の記事で詳しく解説したのですが・・

 

中でも「「休むダンシング」」というテクニックは、特別に有効です。

シングルスピードで坂だと、ペダルはとても重くなるのですが・・

休むダンシングなら体重をフルに使い、重いギアでも疲れずに回していけるからですね。

 

逆に休むダンシングが使えないと、ある程度以上の坂を登るのはほぼ無理になってきます。

休むダンシング無しだと、脚力だけでペダルを何とか回していく感じになるのですが・・

激坂ではペダルが「脚だけで回すのは無理」なレベルで重くなり、その時点で詰んでしまうからです。

 

あるいは、坂道を避けるルート選びも有効です。

シングルスピードで坂を越えるのがきついなら・・

そもそも坂道を避けてしまえば、そこは問題なくなるからですね。

 

坂を避けたルート選びは、

ルートサービス「ガーミンコネクト」を使って自転車で走るルートを作成する方法を、詳しく解説しています。

上の記事で解説した「ガーミンコネクト」といったツールを使えば、簡単にできます。

このツールは、引いたルートの高低差をグラフ表示してくれますので・・

登りが少ないところをだけを狙って、ルートを作成できるからですね。

 

シングルスピードでのロングライドは、坂道が特にキツいものですが・・

こういった感じで工夫していけば、かなり和らげることができます。

どのくらいの「ギア比」がロングライドに向く?

シングルスピードでロングライドをしよう!と思うなら・・

ギア比」も、絶対外せない大事なポイントです。

 

シングルスピードでは、ひとつのギア比しか選べません。

重すぎるギア比を選べば、脚がパンパンになって走れなくなりますし・・

逆にギアが軽すぎれば、漕いでも漕いでも進まない!となりイヤになってしまいます。

なのでそのどちらにもならないよう、ベストバランスのギア比を狙いたいところです。

 

そしてシングルスピードのギア比選びについては、

シングルスピード自転車の「ギア比」はどのくらいが良い?最適なバランスを実現する考え方を解説していきます。

上の記事で解説したのですが・・

具体例をひとつ挙げると、「50T - 17T」がいちばんバランスが良い!

と、個人的には感じました。

ホイールサイズは一般的な、700Cである前提ですね。

 

もちろんギア比というのは、目的や好みによっても変わってくるところです。

たとえばシングルスピードの「ママチャリ」は、速いスピードを出す必要がありませんので・・

かなり軽いシングルギアにして、負担ない走りを優先することが多いです。

 

対してたとえば、レース前提の「ピストバイク」というシングルスピード自転車だと・・

ロードバイクのいちばん重いギアみたいなヘビーギアの、シングルスピードになっていたりします。

ゴール前で時速70kmみたいなスピードで走るために、そういうギアが必要になるわけですね。

 

なのでギア比を考えるときは、

  • 自分の脚力
  • 速く走りたいか?ラクに走りたいか?
  • いろいろなギア比を試しての経験

こういったものを軸にベストバランスを考えていくと、後悔が無いと思います。

「手変速フロントダブル」も選択肢

ちょっと、番外編にはなりますが・・

ロングライドをするなら「手変速フロントダブル」も意外と良いよ!

というのも、ここで付け加えておきます。

 

手変速フロントダブルとは何か?は、

フロント変速機フリーのおすすめスタイル「手変速フロントダブル」の、改造方法やメリット、注意点などを解説しています。

上の記事で詳しく解説していますが・・

要はフロントギア2枚を装備し、手で変速可能にするというスタイルのことですね。

 

このスタイルにしておけば、普段は変速なしのシングルスピードとして使っておき・・

どうしても軽いギアが欲しい!というときの「切り札」として、インナーギアを使えます。

そしてロングライドでは坂や向かい風、疲れなどで軽いギアが欲しくなることは多く・・

このたった1枚の切り札があるだけで、とてつもなく助かるのです。
(経験談です)

 

そしてこれはシングルスピード自転車にフロントインナーギアを装備するだけで、あっさり実現できる仕様です。

「リアテンショナーが必須」といった事情はありますので、ピストバイクみたいな仕様の自転車では無理ですが・・

もともとリアテンショナーがついている自転車なら、改造は難しくないでしょう。

 

さらに、このスタイルはシングルスピードと同じく変速機無しの仕様です。

なので変速機メンテナンスフリー!といった、シングルスピードのメリットはそのままに・・

最低限の軽いギアを追加できる!という「美味しいどこ取り」になると思います。

 

とはいえ・・確かにこれは変速機無しとはいえ、「シングルスピード」とは言いづらい仕様です。

なのでシングルスピード前提のこの記事に、書き添えるか迷いましたが・・

私自身も現在使っている良仕様ですので、あえて紹介してみました。


シングルスピードでロングライドは、確かにキツいものです。

しかし意外と、やってみれば出来てしまうものですし・・

この記事に書いたような工夫も駆使すれば、キツさをさらに下げることもできます。

 

なのでもしシングルスピードをお持ちで、ロングライドに興味があるなら・・

とりあえず試してみても損はないのでは、と思います。

 

 

今回はシングルスピードでロングライド、をテーマにお話ししました。

関連記事
自転車を「シングルスピード化」するときに、かかってくるコストや必要アイテムを軸に解説しています。
シングルスピード仕様に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇ナビデバイスはガーミンウォッチ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

よく読まれている記事
サイト内検索
カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ