SRAMのブレーキレバー(変速機無し・シングルスピード向き)

シングルスピードで坂道はきつい・・!できるだけラクに登るコツを解説!


山の登り路

シングルスピードは変速機が無く、なのでトラブルや手間がすごく少なくなる、優秀な仕様です。

 

私自身、所有している自転車の一台をシングルスピードにしているのですが・・・

ふとしたときに狂って、なかなか変速しなくなって困らせてくれる変速機を、
まったく気にしなくていいというのは、なかなかに快適です。

 

とはいえ、実際にシングルスピードの自転車を買ってみようかな?とか、
持っているロードバイクをシングルスピードにしてしまおうかな?とか考えるとき・・

気になるのは坂道って、どう?

というところだと思います。

 

シングルスピードはもちろん、変速ができませんので、山でギアを軽くすることができません。

そのため坂道はまったく走れない、使いにくい自転車になってしまうのか?

もしくはそこまで苦労することなく、「何とかなる」ところなのか?

というのは、気になるところだと思います。

 

なのでこの記事では、シングルスピードで坂道って、実際どう?

そんな疑問に答えていきます。

「激坂」は無理

シングルスピードで激坂は、無理です。

 

激坂といえば、斜度でいえば15%とか、20%とか、それを越えてくるくらいだと思います。

感覚的には、特に鍛えていない私のような一般人だと、数分登るくらいでゼイゼイ言うくらい疲れてくる・・とか、そんな感じだと思います。

 

そしてそのくらいの登りを、シングルスピードで登ろうとすると、
物理的に、ギアを回せないくらい重くなります。

ダンシングでペダルに全体重を乗せ、さらに全脚力を発揮しても、ペダルがまともに回らない場合・・
もちろん、それで登っていくのは無理ですよね。

 

もちろんここは、シングルスピードのギア比とか、乗り手の脚力とかで違ってきますが・・・

一般的に「激坂」と呼ばれるような場所を、シングルスピードで登るのは私としては、無理ゲーだなと感じました。

 

なのでシングルスピードの自転車で、激坂を含むようなルートを走ろうとするのなら、
激坂区間は基本的に、押して歩くことになると思います。

 

まあもちろん、激坂をシングルスピードでするする登れるような、モンスター級の脚力を持つ人もたまに居るのですが・・・
それはもう、例外とします。笑

激坂じゃなければ、結構いける

では、激坂じゃなければ、どう?

問題なく登れてしまうなぁ・・というのが、個人的な感想です。

 

激坂じゃない坂といえば、5%ちょいとか、10%未満とか、そんな程度の坂ですね。

感覚的にはこの区間、登りでちょっときついなぁ・・と感じるくらいの坂だと思います。

 

そして、その程度の坂ならシングルスピードでもさほど無理なく、登れてしまいます。

 

とはいえ「乗り方」は、変速機ありの自転車とは変える必要があります

変速機ありならもちろん、斜度が上がればギアを落として、ペダルを軽くします。

激坂であってもギアをおもいっきり落とせば、さほど無茶な負荷にはならずに、くるくる回していけるはずです。

 

しかし当然、シングルスピードではそれはできません。

なので登りでは、ペダルが無茶な重さになります

 

そして、その無茶な重さに対抗するために・・・

とれる手段は「休むダンシング」、ほぼ一択になってきます。

 

 

休むダンシングについては、上の関連記事にもいろいろ書いていますが、
ペダルの上に片脚立ちみたいに立って、体重だけでペダルを落とし、ペダルが落ちたら逆のペダルに乗り移る・・・

これを延々、何度も繰り返していくことで、
ほとんど脚力を使うことなく、体重だけでペダルを回していけるスキルのことですね。

自転車が趣味の方にとっては、もしかしたら、当たり前の知識だったかもしれませんが・・・

 

この「休むダンシング」なら、かなり重めのペダルでも、回していくことができます

体重だけでゆっくりペダルを落としていくので、そんなスピードは出ませんが、
そのかわり最低限の脚力で、着実に自転車を進めていくことができるのです。

 

そしてこれを使わないと、シングルスピードで坂を登るときには、
脚をぶっ壊すほどの重いギアをえんえん、脚力で回し続けることになります。

正直、それは無理です。笑

 

なのでシングルスピードで坂を登るときには、
延々、「休むダンシング」だけでペダルを回していく・・・

この方法、ほぼ一択になってくるのです。

 

なので結局、シングルスピードで坂を登れるか?というのは、
「休むダンシング」がどれだけ上手いか?ということになってきます。

そして、この休むダンシングを延々、さほど疲れずに繰り返せるのであれば、
シングルスピードで坂道・・というのもさほど、苦労しなくなると思います。

 

もちろん上にも書いたように、休むダンシングで対抗できるのは、
「普通の斜度」の坂まで、ですね。

激坂と言える坂道には、たとえ休むダンシングを駆使したとしても、
シングルスピードでは太刀打ちできないです。。。

 

 

この記事ではシングルスピードで坂道ってどう?普通に登れる?

そういったテーマで解説してみました。

 

関連記事
自転車を「シングルスピード化」するときに、かかってくるコストや必要アイテムを軸に解説しています。

 

シングルスピード仕様に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ