フロントシングル化は微妙?「手変速フロントダブル」が最強仕様だと思った理由


ダブルチェーンリング

フロントシングル化は、けっこう、人気のあるカスタマイズです。

私も一度、フロントシングル化をしてみたのですが・・・
最終的には、「手変速フロントダブル」という仕様のほうが最強だ、と思いました。

 

「フロントシングル化」は、フロント変速機を取り外して、
フロント変速を無しにしてしまうカスタムです。

 

フロント変速機をなくしてしまうことで、当然ですが、
フロント変速機の調整にかかる手間がゼロになります。

そのため全体として、変速メンテナンスの手間は半分くらいになります。

特に自分でロードバイクをメンテナンスしているような場合、
扱いにくいフロント変速機を、まったく気にしなくてよくなる・・というのは、
なかなかに快適です。

 

そのため私はロードバイクを、フロントシングル仕様に改造し、
しばらくは、フロント変速機メンテナンスフリー!の快適さに、満足していました。

 

しかし・・・フロントシングル化すると、当然ですが、
変速の幅は狭くなります

 

「重い」ほうは、幅が狭くなっても、
私の場合はなんの問題もないと感じました。

ロードバイクのいちばん重いギアは、レースのプロが全力で、
70km/hとかで飛ばすときに使われるようなものなのですが、
私はたんなる素人ですし、そんな速度で飛ばすことはまったく無いからです。

私はフロントシングルのチェーンリングとして、44Tのナローワイドチェーンチングを採用したのですが・・・

それで「重いギアが足りない」と感じることは、まったくありませんでした。

 

しかし・・・「軽い」ほうのギアが減ってしまうのは、
意外と、デメリットが大きかったです。

 

実体験として、ショップのイベントで何人かで走っているとき、
今日はヒルクライムをしましょう、ということになりました。

そして登ることになった坂が、なかなかの坂でしたので、
貧脚の私と、インナー無しの組み合わせでは、
早々にギアが売り切れてしまいました。。

インナーがあれば、決して上りきれないような坂ではなかったと思うのですが・・

フロントシングルだと、リアをいちばん軽いギアにしても、上りきれなかったです。。

そのため早々に足をついてしまい、
ながながと押して登ることになってしまいました。。

 

いつも、町中を走っているようなときは、フロントシングルでもなんの問題もないのですが、
やはり、いきなり急坂を上るようになった場合に備えて、
インナーギアはあるほうがいい・・と、このとき思うようになりました。

しかし、フロント変速メンテナンスフリーの快適さに慣れてしまった自分としては、
またフロント変速機をつけるのは面倒でした。

 

そこで、フロントシングルから・・・

インナーチェーンリングはつけるけど、変速機はつけない」という仕様に、改造してみました。

フロントダブルチェーンリング

上の、写真のような状態ですね。

フロントギアは2枚だけど、フロント変速機は無い、という状態です。

 

一般的に売られているロードバイクだと、
ただフロント変速機を外すだけで、この状態にできると思います。

 

そしてこの状態で、指でチェーンを押しながらペダルを回転させることで、
手動で、変速をすることができます。

チェーンを指でずらした状態

たとえばこんな感じで、下側のチェーンをぐいっと押しながらクランクを逆回転させると、
チェーンはインナーに移動します。

逆に、インナーからアウターに動かすときも、
チェーンを指で引っ張ってアウターに掛けて、クランクを逆回転させればOKです。

 

「なんちゃってフロントダブル」と呼ばれることもある仕様ですね。

 

この状態にしておいて、普段はフロントシングルとして運用しておき・・・

激坂を登ることになった時や、登りばかりのエリアを走ることになった時などに、
「切り札」として、インナーに手動で変速します。

 

こうしておけば、普段はフロント変速機無し、メンテナンスフリー!という快適さを享受しながらも、
いざ、すごく軽いギアが必要になったときには、ギアをおもいっきり軽くすることができます。

 

ちなみに、インナーの歯数は34Tにしました。

スプロケットの最大歯数も、34Tにしていますので、
前を手変速でインナーギアにして、リアディレイラーをいちばん軽い状態にすると、
前34T・後ろ34T・・つまり「1:1」のギア比にまで落とすことができます。

1:1にまで落とすことができれば、たいていの坂はラクに上れる・・というのは、よく言われており、
このギア比にすれば実際、私のような貧脚でも、
かなりの激坂を、ゼエゼエ言うほどには疲れずに、ちゃんと最後まで上りきることができます。

 

もちろん、手元でさくっと変速できないというのはデメリットですが・・・

私の場合、フロント変速機があったとしても、フロントはめったに変速しませんでしたし、
インナーに落とさないと無理。。というのは、激坂を上るときくらいでめったにありませんので、
特に問題ないな、と思いました。

 

チェーンを素手で触るので、手やグローブが汚れるのでは?と思われるかもしれませんが、
汚れに強い「ドライ系チェーンオイル」を使っておくと、私の場合は、
気になるほどに手が汚れることはありませんでした。

 

もちろん、フロント変速機をなくしてしまうので、
チェーン落ち対策は必須です。

チェーンキーパーといったアイテムもあるようですが、
私はナローワイドチェーンリングを採用したところ、チェーン落ち自体がほぼゼロになりましたので、
この方法を使うのならおすすめのカスタムです。

 

フロントシングル化をしてみたけど、インナーに落とせないデメリットが予想以上にきつかった・・という場合は、
手変速フロントダブル仕様を試してみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ