ロードバイクのシングルスピード化、費用はいくらかかる?


シングルスピードのイラスト

ロードバイクを、シングルスピード化しよう!

でも・・いくらかかるの?

 

シングルスピード化は自転車をシンプルにしたり、軽く・トラブルフリーにできたりする、人気カスタムです。

そして実際、これをやろうとする場合・・
いくらくらいお金がかかるのか?というのは勿論、気になるところだと思います。

 

なのでこの記事では、自転車をシングルスピード化するときのコストについてお話ししてみます。

「最低限の変更」だけでいいなら、ほぼ無料だけど・・

もし「変速ができない、シングルスピード状態にできれば何でもいい」のであれば、お金はほとんど掛かりません。

購入したロードバイクから、変速用のワイヤーをすべて抜き去ってしまい、そしてフロントディレーラーを取り外してしまえば、
それでシングルスピードになるはずですので・・・
(「リアディレイラー」を取り外してしまうとチェーンにテンションが掛けられなくなるので、ここはさくっとは外せません)

 

しかしそれだけだと、「STIレバー」「リアディレーラー」「スプロケット」といった、
変速機ありきの装備がたくさん、残ってしまいます。

そのままだと重さも変速機ありと大差ありませんし、何よりスマートではない・・と考える方が多いと思います。

なので本当にシングルスピードに特化した仕様にしたいなら、こういった変速機あり前提の装備たちを、
「変速機なし前提」の装備に変えていく必要があり、ここにコストが掛かってくるのです。

 

それぞれ、どのくらい掛かってくるのか?を以下、解説してみます。

「シングルスピード特化」にすればするほど、お金がかかる

① STIレバー

ロードバイクといえば、STIレバーです。

これはもちろん、ブレーキレバーと変速機が一体化した便利なものなのですが・・・
シングルスピード化したいのなら単に、重いだけのシロモノになってしまいます。

かつ、STIレバーは横方向に動かして変速するわけですが・・
シングルスピード化するのならこれは「いらない動き」になってしまいます。

 

なので、例えば・・・

 

SRAMのドロップハンドル用ブレーキレバー(変速機は無し)

 

私自身は現在、このブレーキレバーを使っています。
(現在はシングルスピードではなく「ダブルレバー」で変速する仕様にしています)

 

このブレーキレバーについては、この記事で詳しく解説しているのですが・・・

こういった「シングルスピード用ブレーキレバー」なら、
シングルスピードとして無駄な部分がまったく無く、スマートです。

かつ、こういったブレーキレバーだと「横方向への動き」が無いですので、
STIレバーより明らかにブレーキを引きやすいです。

 

もちろんSTIレバーのままで、シングルスピード化してしまっても大きな問題は無いのですが・・・

シングルスピードに特化してしまうのならやはり、専用レバーに変更してしまうのがベストなのでは・・と思います。

リアディレイラー

リアディレイラーも、シングルスピードにすると不要になるところです。

しかし・・ここはいらなくなったから外す!ということができません

 

理由は・・リアディレイラーには「チェーンテンショナー」という、チェーンを引っ張り続けてたるまないようにする効果もあるので、
これを外すとチェーンがだらっと垂れて、まともに走れなくなってしまうからですね。

特に使っていくうちに起きる「チェーン伸び」で、少しずつチェーンがゆるんでいく・・ということが起きやすいです。

 

ピストバイクとかだと、ホイールを後ろに退げることでチェーンをぴんと張れるのですが・・・

現代のロードバイクだとほとんどが「ストレートドロップエンド」という、ホイールを後ろに退げることができないタイプですので、ホイールを移動させる方法も使えないです。

 

なのでリアディレイラーを取り外してしまうとしたら、「代わりのチェーンテンショナー」が必要になってくるのです。

 

具体的には・・・

 

シマノ製チェーンテンショナー

 

例えば天下のシマノが、こういうシングルスピード用テンショナーを出してくれていたりします。

特にメーカーなどにこだわりがなければ、このあたりから選んでもいいのではないか・・と思います。

スプロケット

スプロケットも、シングルスピード化するのなら気になるところです。

10個とか11個とか重なった歯・・シングルスピードにするなら、1枚だけにしたいところですよね。

 

ホイールそのものを、シングルスピード用に換えてもいいのですが・・・

それよりも、今ついているホイールにスペーサーを使って、シングルスピード仕様に変えてしまうほうがはるかに安上がりです。

余分なギアをすべて外し、かわりにスペーサーを入れるわけですね。

 

スペーサーとして、具体的には・・

 

シングルスピード化のためのスペーサー一式

 

例えば有名メーカー「グランジ」が、こういうのを出していたりします。
(適合がシビアなところだと思いますので、合うかどうかはご自身でご確認ください)

これなら安価ですし、無駄になるパーツも最小限で済みますので、いいのではないかと思います。

 

 

・・と、シングルスピード化はただ変速機を外すだけなら、ほぼ無料なのですが・・・

「STIレバー」「リアディレーラー」「スプロケット」といったパーツを、シングルスピードタイプに換えるのなら、
その総額ぶん(自転車ショップに交換依頼するなら、プラスその工賃)がシングルスピード化コストになってきます。

額はパーツ選択によって、まったく違ってくるでしょうが・・
おそらく総額で1万円弱から、1万数千円といったところではないかな、と思います。

 

今回はシングルスピード化にかかる費用についてお話ししました。


スポンサードリンク



運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ