セラサンマルコのおしりが痛くなりにくい、幅広サドル

錆びない自転車なんて無いけど、「最小限に抑える」は可能です


錆びた自転車

錆は、自転車の大敵です。

 

なので・・

錆びない自転車がほしい!

というのも、自然な考えだと思います。

 

しかし、

錆びない自転車は、ありません。

自転車である以上、錆は必ずつきまといます。

 

しかし、だからといって問題にはならないです。

錆を「最小限」にする自転車選びとか、

もしくは、錆を防ぐ「防錆」の方法とかは、ありますので・・

 

この記事では、なぜ、錆びない自転車は無いの?

じゃあ、錆をできるだけ防ぐためには、どうすればいいの?

そんなところを解説していきます。

錆を「ゼロ」にできる自転車は、無い

錆びない自転車は、無い。

 

そう聞くと、もしかすると、

カーボン製の自転車は、錆びないのでは?と思われるかもしれません。

カーボンはそもそも金属ではないですので、「錆びる」という概念が無いはずですよね。

 

それ以外でもたとえば、チタンとかステンレスとかだと、基本的に錆びないはずです。

 

なのですが・・パーツは錆びます

 

チェーンとか、クランク・チェーンリングとか、ディレイラーとか、もしくはそれらを繋ぎとめるボルト類とか・・

自転車には何十、数え方によっては何百ものパーツが使われていますので、
例えフレームが錆びなかったとしても、むしろそっちが錆びてくるのです。。

 

実際、わりと廉価なアルミ製ロードバイクだったとしても、
「フレームの錆」が問題になることはあまり無く・・

むしろ「パーツがどんどん錆びてくる」ほうが、問題にはなりやすかったりします。

 

ボルト類を含め、すべてをカーボンやチタンに・・とか、
金属をまったく使わない、フル竹製自転車!・・とかももしかすると、可能なのかもしれません。

とはいえそれは、ものすごいレアパーツのオンパレードになったり、すさまじい値段になったりするはずなので・・

まあ、普通は、ちょっと無理だと言えるのでは・・と思います。

 

と、自転車は結局、どこか錆びてくるものですので・・

絶対に錆びない自転車を探す!というよりは、

錆は「予防」し、どうしても錆びてしまうなら「治療」する

という考え方のほうがいいのかな・・と思います。

錆を防ぐために、できること3つ

では・・錆を最小限に抑えるために、できることには何がある?

 

① 室内保管

② 防錆処理

③ 錆びにくいパーツを選ぶ

 

この3つをやっておけば、錆は相当に防げるのではないかと思います。

実際に私自身はこれらをやるようにしてから、自転車にほとんど錆は浮かなくなりました。

① 室内保管

まずは、これが基本でしょう。

マンションの中とかに毎回、自転車を持ち込むわけですね。

これをやっておけば当然、雨風を完全に防げるわけですので、圧倒的に錆びにくくなります。

 

実体験として、ずっと自転車を室内保管していて、そのあいだは全く錆びていなかったのですが・・

とある事情で1週間くらい、自宅前の屋外に自転車を置いていたところ、
チェーンや小さいパーツがいきなり錆びだして焦った・・ということがありました。

室内保管・室外保管はそのくらい、錆び方に劇的な差が出る・・ということですね。

 

そして室内保管のコツについては、

 

自転車を室内保管するとき、部屋からの持ち出しをスムーズにしたり・・といったコツを紹介しています。

 

上の記事に書きましたので、注意したほうがいいことなど詳しくは、ご覧ください。

② 防錆処理

「錆び止め処理」をしっかりやっておく!というのも、かなりの差を生みます。

 

具体的には、錆びやすい場所に「防錆スプレー」を吹きかけたり・・

もしくはパーツ表面の錆びやすい部分に、頑丈なシールを貼って、酸素を遮断してしまったり・・とかですね。

 

私自身、クロモリ(鉄)製の自転車に乗っていることもあり、防錆処理はかなりしっかりやっているのですが・・

もう購入から数年経ちますが、いまだに表面も、見える範囲のフレーム内も、錆はぜんぜん出てきていないです。

 

錆止めの具体的な方法は、私自身がいろいろ試してみてベストだと思った方法を・・

 

クロモリフレーム内部を錆から守る、防錆スプレーの選択と、処理のコツについて解説しています。

 

自転車フレームなどの「内部」については上の記事に、

 

フレーム表面の錆を防ぐために、これが最強!と思った方法を解説しています。

 

自転車の「表面」については、上の記事で解説しています。

それぞれ自転車の「フレーム」を軸にお話ししていますが・・
その他の錆びやすいパーツについても、問題なく適用できる内容になっていると思います。

③ 錆びにくいパーツを選ぶ

そもそも錆びにくいパーツを選んでおく、というのも有効でしょう。

 

例えばチェーンリングとか、シートポストとか、締めるためのボルトとか・・

そのあたりだと現代では「素材を選ぶ」ことができます。

鉄にしようかな?アルミかな?それともカーボン?・・といった感じですね。

 

昔は、錆びやすいスチール(鉄)しか無かったわけですが・・

現代ではカーボンとか、チタンとか、ステンレスとか・・さまざまな「錆と無縁な金属」がありますので、
錆を防ぎたい!というのであれば、積極的に導入していいと思います。

 

なのですが・・ここで気をつけたほうがいいのが、「電蝕」の問題です。

詳しくは、ぐぐっていただければわかると思いますが・・

つまりは、違うタイプの金属が接触しているところで、起きる錆のことですね。

 

そしてここは、接触面をちゃんとグリスアップしておくことで防げます。

電蝕による錆はふつうの錆よりも落ちにくく、やっかいなことで知られているようですので・・

異種金属を組み合わせていくときには、忘れずにグリスアップしておくことをおすすめします。

 

 

と、絶対に錆びない自転車!というのはパーツなども含めていくと、まず、実現は難しいですので・・

錆と無縁になる!!という方向性よりは、しっかりと「錆止め」について考えて、
試行錯誤して錆と戦っていく・・という方向性のほうが、現実的なのかもしれない、と思いました。

 

関連記事
軽さ?乗り心地?それぞれを重視したサドルの選び方を解説しています。

 

歯数は?変速段数は?グレードは?・・さまざまなポイントに注目しながら、スプロケットをどう選ぶかを解説しています。

 

自転車本体に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ