クロモリフレーム「内部」の錆止めは、防錆スプレーで一発です!


CrossCheckフレーム

クロモリフレーム「内部」の錆は、やばいです。

 

クロモリフレームは、錆びるものです。

それ自体は、鉄の宿命であり、仕方がないものです。

 

しかし、フレームの表面だけが錆びるのなら、
ちょっと茶色くなって、見た目が悪くなるくらいで済むのでいいのですが・・・

いつの間にか起きる、フレーム「内部」の錆こそが、問題です。

 

クロモリフレーム内部の錆は、見えないところで、サイレントに進行していきます。

パーツがついたフレームであれば、普通は覗き込むこともできませんので、
チェックすることも基本的に、できません。

 

なのである日、シートポストを交換するときに何気なく覗き込むと・・・

フレーム内部が、錆でボロボロ・・!

ということにも、なりかねません。

 

なので特にフレーム内部は、強力に、錆対策をしておくほうがいいです。

 

クロモリフレーム内部の、錆対策のやり方なのですが・・・

私としては錆止めスプレーを、フレーム内部にまんべんなく吹きまくっておく方法を、おすすめします。

 

例えば私は「RESPO セミウェットタイプ防錆スプレー」というものを愛用しています。

 

 

RESPOの防錆スプレー

これは、 防錆スプレーとしては定番のもので、
セミウェットという名前の通り、乾いてしまえばべとつくこともないですし、
使い方も簡単で、ただただ、防錆したい場所に吹き付けるだけです。

 

【防錆効果持続時間は?】
直接泥水や雪と接触しない部分は、長期に渡り持続。苛酷な状況下でも効果を持続。

【あらゆるパーツに使用できる安心設計!】
すべての金属・ゴム・樹脂・塗装面に安心してお使いください。

商品パッケージより引用

 

と、商品に記載がありますし、実際に私が使ってきた経験からも、
錆止め効果は長期間、ちゃんと続くと思いますし、
防錆処理をするとき、間違って他のパーツに付着したりしても、致命的な問題にはなりにくいのでは・・と、思います。

 

そしてクロモリフレームの防錆処理は、できれば、
「組む前に、まとめてやってしまう」のを、私としてはおすすめします。

フレームの全体像

例えばこれは私が、現在使っているクロモリフレームの、
自転車として組む前の状態なのですが・・・

この状態で、組む前に防錆処理をしてしまうほうが、
圧倒的に、やりやすいです。

 

フレームだけの状態だと、防錆スプレーを吹き込める穴がたくさんありますので、
片っ端からたっぷりと、防錆スプレーを吹きまくりましょう。

例えば、このフレームですと・・・

CrossCheckフレーム ヘッドパーツまわり

ヘッドパーツ部分にこんな感じで、トップチューブとダウンチューブに吹き込める穴があったり・・・

CrossCheckフレーム シートポストの穴

シートポスト部分の穴から、吹き込むことができたり・・・

CrossCheckフレーム BBハンガー内

ボトムブラケット部分に、ダウンチューブ・シートチューブ・シートステーそれぞれに吹き込める穴があったり・・・

という、感じですね。

こういうところに、片っ端から、吹き込んでいきましょう。

 

できるだけ効果を高めるために、
フレーム内に、スプレーの液がかかっている部分が、まったく無くなるくらいに、
がっつりと吹きまくるのを、おすすめします。

私の場合は、2本のスプレーを使い切りました・・笑。

 

さらに、フレームを回転させることができるメンテナンススタンドなどを使って、
フレームをくるくると回転させながら吹き込んでいくと、
さらに効率がいいでしょう。

 

さらに効果を高めるために、私の場合は、
層を重ねていくために、3日間くらいに分けて少しずつ噴霧・・とかいうことも、やりました。

 

その後、このフレームの自転車は、3年間くらいは使っているのですが・・・

雨の日の長時間駐輪とかも、何度もやっているのですが、
パーツ交換のときに、フレーム内部を照らして見る範囲では、
錆はまったく、出ていません。

さすがに「スプレーを使わなかった場合」との比較とかは、できませんが・・・
まあ、大きな間違いは無い方法なのでは・・と、思います。

 

この、スプレーで防錆する方法は、
フレームを買ったとしても、自転車として「組み上げた後」だったり、
もしくは「完成車」だったりすると、なかなか難しいかもしれません。

その場合は一度、すべてのパーツを外してから防錆するのが、理想ではありますが、
相当な手間になってしまいますし・・・

シートポストなど、ひとつずつパーツを外して吹き込んでいく方法ですと、
なかなかフレーム内部全体を、コーティングするのは難しいですし、
他のパーツにがっつりと、液が掛かってしまうでしょう。

なのでできれば、クロモリフレーム「単体」の状態で、
処理をやってしまうのが、理想です。

 

フレーム内部は、私としてはこの方法だけで、
十分なのではないかと思います。

フレーム「表面」に関しては、塗装が剥げた部分にフレームプロテクターをぺたっと貼る方法が、
私がいろいろ試してきた限りだと、ベストだと思います。

 

まあ、もともと、
クロモリフレームには自転車素材の中でも、最高レベルの耐久性があるわけなのですが・・・

しかし・・フレーム内部の錆が、あまりにもひどくなるようなら、
その耐久性も台無しになってしまう・・・かもしれません。

 

クロモリフレームの錆止め、どうしよう・・?と悩む方の、
参考になれば、と思います。

 


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ