Amazonでの購入に最大「2.5%」のボーナスがつきます

レスポの防錆スプレー「RS-930S」をレビュー!効果はある?使い勝手は?


レスポの防錆スプレー

自転車・・特にクロモリフレームや鉄製パーツは、「防錆」が必要です。

そしてレスポの防錆スプレー(RS-930S)は、自転車の錆止めスプレーとして定番品です。

 

なのでクロモリフレームを買ってみたけど、錆びたら困るから防錆しないとなぁ・・

良い防錆方法って、なにか無いかな?

と思った場合、レスポの防錆スプレーは候補に上がりやすいです。

 

 

しかし、この防錆スプレーを買おうかな?を検討する場合・・

  • 本当に錆を防げるの?

 

  • 防げるとして、どのくらいの期間?

 

  • 匂いがきつい!とか、やたらべたつく・・とかの、使いにくいポイントはある?

 

といったことは、気になるところだと思います。

 

私自身はこの記事を書いている7年前に、このスプレーの1本目を購入し・・

そして現在まで、クロモリフレームやパーツの防錆に使い続けています。

 

なのでこの記事では、レスポの防錆スプレー(RS-930S)って、どう?

そんなところを解説していきます。

本当に、錆を防げるの?

このスプレーを吹いておけば・・本当に、錆を防げるの?

いちばん気になるポイントは、ここになると思います。

 

そして、ここにお答えしておくと・・

ちゃんと、長期にわたって錆を防ぐことができる!

7年使ってきた経験から、そう言えます。

 

まず・・私は「ブロンプトン」という、クロモリフレームの折りたたみ自転車を愛用しています。

そしてこの自転車は買ってすぐに、レスポの防錆スプレーを、

 

ブロンプトンは対策ナシだとすぐ錆びます。なのでやっておくといい「錆止め」の方法や、必要なアイテムを詳しく解説しています。

 

この記事で解説しているような方法で、フレーム内部全体にたっぷりと染み込ませました。

そしてその後も1-2年ごと程度に、スプレーを追加噴霧してきました。

 

そして「基本的に室内保管」「雨の中でもふつうに走る」「雨の長時間駐輪も普通にする」といった条件で・・

合計で7-8年程度の間、使い倒してきました。

 

その結果、どうなったか?

ブロンプトンのメインフレーム内部1

ブロンプトンのメインフレーム内部2

ブロンプトンのメインフレーム内部3

メインフレーム内部は、外から見える範囲だと、こんな感じになっています。

まあ、長期間乗っていますので、多少の錆が浮いてはいますが・・

フレームを侵食するような「深刻な錆」は見える範囲では無いな、と思いました。

 

7-8年もの間、雨天ライドもするという条件で、この程度の錆に抑えきれるのなら・・

「じゅうぶんな防錆能力がある」と言ってしまっていいのでは、と思います。

 

防錆スプレーを使わなくても錆びなかった、とか無い?

と思われるかもしれませんが・・

 

この折りたたみ自転車は、買ったばかりの頃に防錆なしで使っていて、
パイプ内が少しずつ錆びてきたので、あわてて防錆スプレーを使ったところ錆が止まった・・

という経験があるので、ちゃんと防錆スプレーが効いているものと思われます。笑

 

公式サイトの情報としても、

 

長期防錆効果持続

直接泥水や雪などと接触しない部分は、半永久的に持続。
過酷な状況下でも、防錆効果は1年間持続します。

レスポ公式サイトの該当ページより引用

 

とあり、自転車のフレーム内部はもちろん泥水や雪と接触はしませんので・・

やっぱり、少なくとも長期にわたって防錆効果がある!と言えるでしょう。

 

使い方・使い勝手はどんな感じ?

防錆効果はちゃんと有るとして・・

 

スプレーの「使い勝手」はどうなの?

かかったらまずいパーツが多いとか、やたら匂いがキツいとかで、
使いにくい製品・・なんてことは無い?

というのは、もしかしたら思われることかもしれません。

 

そしてここに関しても・・答えは「特に問題ない」、です。

かかったらまずいパーツはあるのか?

他のパーツにかかってしまう!・・は、スプレーの弱点です。

ヘラなどで塗るタイプなら、飛び散ることは無いですが・・

スプレーは「すばやく施工できる」「狭い場所にも吹き込める」といったメリットのかわりに、
狙ったパーツ以外にも付着してしまうことがあります。

 

たとえばフレーム内部に吹き込もうとして、タイヤのゴム部分とか、パーツのプラスチック部分とか・・

そういう金属「以外」の部分にも、掛かってしまう可能性が出てきます。

もちろん、できるだけ注意はしますが・・それでもなかなか完全には、防ぎにくいですね。

 

とはいえここは「問題ない」が、結論です。

 

あらゆるパーツに使用できる安心設計

全ての金属を始め、ゴム・樹脂・塗装面にも使用可能です。

レスポ公式サイトの該当ページより引用

 

と、公式サイトに書いてある通りですね。

 

具体的に、このスプレーをクロモリフレームにどう使うのか?については、

 

クロモリフレームの内部が、いつのまにか錆でボロボロに・・!を防ぐための、おすすめ防錆スプレーや使う手順を解説しています。

 

この記事で詳しく解説しています。

 

そして実際に私自身、そんな感じで作業をしていて・・

フレーム防錆のときにプラスチックパーツ部分に掛かってしまったり、はよくあります。

しかし、それで変色・劣化・・とかは確認している限りでは、起きていません。

 

とはいえホイールの「リム」だけは、カバーしておくことをおすすめします。

リムは、ブレーキ性能に直結する部分ですので・・

掛かってダメージは無いとしても、滑ってブレーキ能力が落ちるかもしれません。
(ディスクブレーキの場合は、ここは関係ないです)

噴霧の強さは?吹いた後べとつく?

実際の、スプレーとしての使い勝手はどんな感じ?

 

まず・・スプレーの「強さ」は、わりと強めです。

水平に全力噴射したら、2-3mは飛ぶかな、といった感じですね。

 

スプレー力が強いと、狭いところまでしっかり防錆できる反面・・

噴射ミスなどで、関係ないパーツに当てまくってしまう可能性がでてきます。

噴射力のコントロールは可能ですので、ちょっと弱めにコントロールしながら吹くといいと思います。

 

スプレーの「色」は・・

レスポの防錆スプレー 液体の色

こんな感じで透明ベースの、少し白色がかったような感じですね。

噴霧により、自転車にヘンな色が付いてしまう・・とかも、気にしなくていいと思います。

 

そして噴霧したあとの触り心地は、「さらさら」タイプです。

噴霧した直後も、べとつきはしないです。

乾くまでには、環境にもよりますが・・1日もしくは2日くらいはかかる感じです。
(フレーム内部なら乾いてなくても関係ないので、乗るには問題ないです)

 

スプレーとしての使い勝手は、そんな感じですね。

「匂い」がキツい!とかは無い?

「匂い」がキツく、使いにくい・・とかは無い?

ここも個人的な感覚では、問題ないです。

 

なかなか、文章での表現は難しいところですが・・笑

噴霧した直後は、いかにも工業製品!いった感じの、ケミカル感のある匂いがします。

そしてその匂いは少しずつ弱くなりつつも、数週間とか数ヶ月とか、そういうレベルで持続します。

 

とはいえ・・ある程度時間がたてば、触れるほど近づいて嗅がないとわからないとか、そういうレベルになります。

匂いのタイプとしても刺激臭とか、臭いとか、そういったタイプのものではないので・・

ここも特に問題にはならないと思います。

 

 

と、いろいろな面から見てみましたが・・

「スプレーとしての使い勝手」も特に、問題ないのでは?と感じました。

 

レスポの防錆スプレー、「弱点」は?

レスポの防錆スプレーの「弱点」は、あるの?

①:フレームの「外側」には、あまり効かない

②:すこしだけ値段が高い

 

そんな感じだと思います。

 

まず・・この防錆スプレーはフレームの「内側」に対しては、じゅうぶんな効果を発揮しますが・・

フレームの「外側」には、そこまで高い効果は無かったです。

 

やっぱり雨風に直接触れ、防錆剤も流れ落ちやすい条件だと、
錆び止め効果は低めになるのかな・・と思います。

 

フレームの「外側の防錆」に関しては、

 

クロモリロードは塗装が剥がれるとすぐ錆びてしまう。。これを防ぐための、これが一番!と思った方法を解説しています。

 

この記事で解説しているように、「フレームプロテクターを貼る」方法がベストだと思いました。

 

 

もうひとつのデメリットとして「すこし値段が高い」があります。

このスプレーは1本、数千円程度はしますので・・

1本数百円とかのスプレーも多い中だと、ちょっと高いとは思います。

 

とはいえ私自身、いろいろな価格帯の防錆スプレーを使ったことがありますが・・

値段に見合うだけの性能はある、と個人的には思います。

 

そして・・そもそも防錆スプレーは、そんなに大量に使いまくるものでもないですので・・

高すぎる!とか言うほどのものでは無いのでは・・とも思います。

実際、自転車をゼロから組む時だけは、1本まるまる使ったりもしましたが、
定期的な防錆くらいの使い方だと、何年も持つかな・・という感じがします。

 

 

と、いろいろお話ししてみましたが・・

レスポの防錆スプレーは、クロモリフレームや鉄製パーツを防錆しよう!と思うのであれば、
大きな間違いにはならない選択肢なのでは・・と思います。

 


Amazonでの購入に最大「2.5%」のボーナスがつきます
運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ