ブロンプトンにおすすめのカスタム・パーツを一挙紹介!


海沿いのブロンプトン

ブロンプトンにも、だいぶ慣れてきた・・

よし!パーツを換えたりとか、カスタムしてみよう!

でも、どんなカスタムが良いのか、わからない・・

 

というのは、ブロンプトンオーナーであれば一度は、考えることだと思います。

 

そしてブロンプトンのカスタムに、「正解」は無いです。

好きなパーツのタイプも、ブロンプトンで実現したいことも、人ぞれぞれですので・・

100人のブロンプトンオーナーが居れば、100通りのカスタムができてくると思います。

 

そして私自身、そんなブロンプトンオーナーの1人で、
この記事を書いている時点でもう8年ほど、ブロンプトンを使い続けています。

なのでもしかしたら、あなたのカスタムの参考になるかもしれませんので・・

この記事では自分なりの、ブロンプトンのおすすめカスタムについて書いてみます。

サドル

ブロンプトンのパーツカスタム・・候補となる部分は、いろいろありますが・・

まず、いちばん換えごたえがあるパーツ・・「サドル」からです。

 

サドルを換えると、乗り心地も見た目も、一変します。

そして人によって「合うサドル」は違ってきたりしますので・・

自分のブロンプトンに合うサドルを、いろいろ試行錯誤してみる!
というのは結構、価値のあることだったりします。

 

私自身、これまでにいろいろなサドルをブロンプトンに装着し、乗り比べてきました。

そしてその上での、個人的なおすすめサドルは、

 

ブロンプトンとの相性が良いおすすめサドルについて、いろいろな製品を試してきた経験をもとに解説しています。

 

上の記事にまとめています。

 

 

中でも私自身、これが良い!と思ったのは「ブルックス」のサドルです。

ブルックスサドルは例えば、

 

ブルックスの革サドルって、ブロンプトンとの相性は良い?見た目・乗り心地などくわしく解説しています。

 

上の記事で紹介している、乗り心地に特化した「革サドル」が定番です。

ブルックスの革サドルは、私がこれまで試してきたさまざまなサドルの中でも、
「おしりへの優しさ」がダントツのトップでした。

なのでブロンプトンではもっぱら、このサドルを使っています。

 

もしくは・・

 

ブルックスの全天候対応サドル「カンビウム」の、ブロンプトンとの相性はどう?実際に使ってるので解説してみます。

 

上の記事に詳しく書いた、ブルックスの「カンビウム」というサドルも優秀です。

カンビウムは革サドルに似た構造なのですが、素材が高品質な「ラバー」になっています。

 

なので革サドルに迫る乗り心地と・・

革サドルにある「雨に弱い」「オイルの塗り込みなどが必要」といったデメリットが無い、といった強みを兼ね備えています。

 

私自身がいろいろ試してきて、おすすめ!と考えたサドルについては、そういった感じです。

ペダル

「ペダル」も、変化が大きいところです。

ペダルを換えると、靴のグリップ力とか、回転の良さとか、いろいろなものが変わります。

 

ブロンプトンの純正ペダルも性能はかなり高く、しかも一瞬で折りたためる!という強みがあるので、これはこれで良いものなのですが・・

私の場合は・・これ、「三ヶ島ペダル」に換えてみたら、性能は上がるんじゃないかな?

そう思って換えてみたところ・・剛性・回転の良さ・靴のグリップ力など、いろいろな部分がレベルアップしました。

 

「三ヶ島ペダル」の良さについては、

 

長年使ってきて、これが最強!と感じている「三ヶ島製フラットペダル」の、その良さやデメリットなどを解説しています。

 

上の記事で詳しく書いているのですが・・

いろいろ試してきた結果、三ヶ島ペダルが剛性などいろいろな視点から見て、総合的に最強!・・と、個人的には思います。

 

しかし・・ブロンプトンは折りたたみ自転車なので、ペダルも「小さく」できたほうがいいです。

そしてペダルを小さくするときは「折りたたみペダル」「着脱式ペダル」のどちらかになるのですが・・

私は両方試してみた結果、「着脱式ペダル」のほうを採用しました。

 

ブロンプトンのペダルを、三ヶ島の着脱式に変更すると・・どうなったか?

といったところは、

 

ブロンプトン純正の折りたたみペダルを、あえて「三ヶ島の着脱式」に変更してみた感想をお話ししています。

 

上の記事で、詳しいことを書いているのですが・・

剛性とか、踏みやすさとか、回転の良さ・・とかが総合的にレベルアップしてくれた上・・

ブロンプトンを持ち運ぶときの「脚に当たって痛い」問題も、かなり改善してくれました。

 

着脱式ペダルだと、取り外したペダルをどう持ち運ぶのか?といった問題も出てきますが・・

そこをうまくやる方法とかも含め、上の記事で解説しています。

グリップ

「グリップの変更」も、影響が大きいカスタムです。

 

ブロンプトンのデフォルトのグリップは、スポンジグリップです。
(年式などにより、変わるかもしれませんが・・)

スポンジグリップは手に優しく、それはそれで良いのですが・・

私の場合はここを「エルゴングリップ」という、定番の高性能グリップに換えてみると、
「握りごこち」「ロングライドでの手の痛み軽減」といったものが、かなりレベルアップしました。

 

 

換えたら具体的にどうなったのか?

換えるとして、具体的にどれがいいの?

といったところは、上の記事で詳しく解説しています。

変速まわり

ブロンプトンの「変速」まわりも、よく改造されているところです。

 

ブロンプトンは「リアエンド幅」が狭いこともあって、デフォルト状態だと、特殊な変速機が装備されています。

ブロンプトン社製の2段・外装変速機とか、スターメーアーチャー製の3段・内装変速機とか、そういったものですね。

 

そしてここは、本当にさまざまなカスタマイズがされるところです。

たとえばリアエンド幅を工具で拡張して、シマノ製の高性能な変速機を着けたり、

もともと2段の外装変速機を、特殊パーツを使って3段にレベルアップしたり・・

5段タイプの内装変速機に変更し、外装2段とあわせて合計10速にしたり・・

「フロント」変速機を装備し、フロントダブルにしたり・・

もしくはいっそ、シングルスピードにしてしまったり・・とかですね。

 

ここをどうするか?は本当に人によるところですので、
一概に、このカスタムが良い!とか言いにくいところなのですが・・

参考までに現在、私自身がやっているのは、

 

ブロンプトンのフロントダブル化を「手変速スタイル」にしてみると、簡単・快適だった!ここを詳しく解説しています。

 

この「手変速フロントダブル」へのカスタムです。

詳しい方法は、上の記事に書いていますが・・

この「フロントチェーンリングを追加し、フロント変速機はつけない」仕様は、
変速機のメンテナンスが不要で、それでいて軽いギアが欲しいときは、切り札的に「手で」変速する・・といったスタイルです。

 

ブロンプトンにフロント変速機をつけると、手間とかお金とか試行錯誤とかが、かなり必要なのですが・・

この方法だとインナーチェーンリングをぽん、と装着するだけですので、すごく簡単です。

 

ブロンプトンの変速カスタムは、奥が深くて、めちゃくちゃマニアックになっていくところですが・・

それだけ個性が出るところですので、興味があるなら手を出してみては・・と思います。

クランク

「クランク」も、影響大なところですね。

 

クランクは踏むときの剛性、足の回りやすさ・・といった、基本的な性能を上げてくれるだけでなく・・

「自転車の顔」と言われるくらい目立つところですので、見た目を大きく変える効果もあります。

 

そして、クランクは「長さ」を変えたときに、影響がすごく大きいです。

たとえば私自身は・・

 

純正では170mmのブロンプトンクランクを、「175mm」に伸ばすとどうなった?詳しく解説しています。

 

純正の170mmクランクから、「175mm」に伸ばすカスタムをしています。

もともと私自身、「長いクランクのほうが回しやすい脚質」なことがわかっていたので、この変更をしてみたのですが・・

目論見通り、すごくトルクを掛けやすくなり、坂もすいすい登れるようになった・・
と、私にとってはメリットしかないカスタムとなりました。

 

もちろん「短いクランク」のほうが脚に合う場合もあると思います。

そして純正の170mmクランクが、脚にちょうど合う!という場合もあると思うので、
ここは一概にどうすれば良い!と言いにくいところですが・・

 

とはいえ、カスタムすれば回しやすさとか、ペダルへのパワーの伝わりやすさとかが上がる可能性があるところですので、
いろいろ試行錯誤してみては・・と思います。

タイヤ・チューブ

「タイヤ・チューブ」といった足回りも、重要なところです。

このあたりは消耗品ですので、「交換するタイミング」で他のものにカスタムしたくなるところかも、ですね。

 

例えばブロンプトンのタイヤにも、いろいろな種類があります。

そしてそれぞれ、太さがぜんぜん違ってきたり・・

「軽さ重視」「耐パンク性重視」といった、属性が違ってきたりしますね。

 

ブロンプトンのタイヤ・チューブの選び方は、

 

ブロンプトンにちゃんと「合う」タイヤの選び方を解説しています。

 

ブロンプトンに合うチューブはどれ?適合するサイズの選び方や、具体的なおすすめ製品を解説しています。

 

上の記事たちで、詳しく解説しました。

 

参考までに私自身は現在、「シュワルベ コジャックのワイヤービード」といったタイプのタイヤを使っています。

 

ブロンプトンに合う細身スリックタイヤ

 

これはややパンク耐性は低めなのですが、「転がり抵抗」まわりがすごく優秀です。

遅くなりがちな小径車のブロンプトンでも、なめらかに遠くまで進んでくれるので、気に入っています。

 

シュワルベコジャックは、ブロンプトン純正品でも採用されているのですが・・

そっちは「ケブラービード」という、軽さを重視した製品になっているかわりに、値段が2倍くらいします。

タイヤはあくまで消耗品ですので、安いほうがいいよな・・と思い、私自身は上の製品を使っています。

 

 

と、今回はブロンプトンにおすすめのカスタム・パーツをテーマに、いろいろお話ししてみました。

 

関連記事
ブロンプトンの整備に必須の工具を、「まず集めたほうがいいもの」を中心にまとめて紹介しています。

 

ブロンプトンを盗難から守るのに最適な、頑丈で持ち運びやすいU字ロックを解説しています。

 

ブロンプトンをちゃんと持ち上げて固定できる、おすすめメンテナンススタンドを紹介しています。

 

折りたたみ自転車「ブロンプトン」に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ