ブロンプトンのグリップは、「エルゴングリップ」が最強だと思った


ブロンプトンにエルゴングリップ

ブロンプトンにエルゴングリップって、どう?

 

ブロンプトンに使えるグリップは、いろいろあるのですが・・

私は「エルゴングリップ」をもう5年ほど、組み合わせて使っていて、
これがブロンプトンとの相性最強なのではないか・・と感じています。

 

なので以下、ブロンプトンにエルゴングリップを装着することの、
メリット・デメリット、考えたことなど、語っていきます。

ブロンプトン x エルゴングリップ メリット編

エルゴングリップは冒頭の画像のように、
握り部分が幅広い、特徴的な形をしたグリップです。

 

似たような形のグリップもいろいろ、出ているのですが、
元祖で、いちばん基本性能が高いのは「ERGON社」が出している、
「エルゴングリップ」だと思います。

 

エルゴンの幅広グリップ

 

代表的なのは、こういったものですね。

 

そしてこのエルゴングリップの、
いちばんの強みは「手のひらへの優しさ」だと思います。

幅広い、特徴的な形のグリップが、
手との接触面積を増やすので、手のひらへの負担を減らしてくれるんですよね。

なのでロングライドとかで、手のひらが痛くなりにくいですし・・・
段差を越えるときとかの、手にくる衝撃もかなり、マイルドになります。

 

そして・・・
この「手のひらに優しい」という特徴は、ブロンプトンとの相性が抜群です。

 

というのは・・ブロンプトン自体が、手のひらに優しくない自転車だから、ですね。

 

ブロンプトンは、ホイールが小さい自転車ですので、
クロスバイクとかに比べると、段差の衝撃などはかなり、手に伝わりやすいです。

 

しかも、ホイールが小さいゆえ、ハンドルがすごくクイックですので、
ハンドルが不意にブレたりしないよう、無意識にしっかりと握りやすいものだと思います。

 

そういった理由によって・・・
クロスバイクやマウンテンバイクと、乗り比べたことがある方であれば、
お分かりいただけるかもしれませんが・・・

ブロンプトンはかなり、手や手のひらが痛くなりやすいんですよね。。

 

そしてそうであれば、もちろん、
手のひらに優しいエルゴングリップの恩恵は、大きくなります

 

実際に私は以前、エルゴングリップではない細いグリップを使っていて、
そのあとエルゴングリップに乗り換えたのですが・・・

手のひらへの負担は、あくまで個人の感想ですが、
2/3くらいに減ったなぁ・・と感じたものです。

 

ブロンプトンに最初からついているスポンジグリップも、クッションがききますので、
手のひらにはかなり優しいのですが・・・
(もしや、このあたりの事情を考えて、スポンジグリップを採用している?)

私としては、「しっかりと握り込む」ことにおいてエルゴングリップのほうが優れる・・と思いましたので、
エルゴングリップのほうを採用しています。

 

・・・と、エルゴングリップはもともと良いグリップで、
私はクロスバイクのハンドルにも、採用しているのですが・・・

ブロンプトンとの相性は、特に良いグリップなのではないか、と思います。

ブロンプトン x エルゴングリップ デメリット編

そしてブロンプトンに、エルゴングリップを組み合わせた場合の、
デメリットについてなのですが・・・

まあ、ぶっちゃけ、そんなには無いと思います。笑

 

強いて言うなら、折りたたみサイズが少しだけ大きくなってしまうこと、でしょうか。

ブロンプトンにエルゴングリップ

グリップの角度にもよるですが・・・握りの部分が大きいですので、
折りたたんだとき、そのぶんだけ外側に張り出してしまいます。

ブロンプトンの最大の強み、「折りたたみサイズの小ささ」を、
わずかでも殺してしまう・・というのは、ちょっと痛い点です。

 

とはいえ、わずかな張り出しですし、やわらかい部分ですので、
そんなに邪魔になるようなものではないと思いますし・・・

加えて、私の場合は、
ブロンプトンの折りたたみサイズを、さらに小さくできるハンドルを使っていますので・・・

エルゴングリップをつけて折りたたんだブロンプトン

こんな感じで、エルゴングリップの出っ張り部分が、内側に引っ込むような形になるため、
出っ張り部分が折りたたみサイズを損ねてしまうことは、全くないです。

 

あとはまあ、手に合わないと、握りにくいことくらいでしょうか。

こればっかりは、相性の問題ですので、
実際に試してみるしかないと思いますが・・・

もし、近くにこのグリップを置いてあるショップなどがあり、
握り心地などを試すことができそうなのであれば・・・

 

実際にハンドルに装着した状態とは少し、違ってくるかもしれませんが、
試しに握らせてもらって、フィットするか確かめてから、
購入を検討してもいいのではないか、と思います。

 

ちなみに私の手には、これでもか!と言うくらいにジャストフィットします・・笑。

どのタイプのエルゴングリップがいいの?

エルゴングリップには、いくつかの種類があります。

 

まずは「スタンダード」タイプですと、

 

エルゴンの幅広グリップ

 

この「GP-1」が代表的ですね。

しっかりした幅の握り面が、圧迫や痛みをしっかり分散してくれます。

 

 

もしくは「細身」タイプ、といったものもあります。

 

細身タイプのエルゴングリップ

 

この「GA3」といったものですね。

握りは細めなものの、もっちりとした「エルゴングリップの握り心地」はしっかり踏襲しています。

なので細めのグリップのほうが手に合う!という方には、こっちのほうが合うかもしれません。

 

 

「バーエンドバーつき」タイプというものもあります。

 

バーエンドバー付きのエルゴングリップ

 

この「GP2」タイプですね。

少しだけ重くなったり、握れる範囲がすこし小さくなったりはしますが・・

ロングライドですごく有効な「手が圧迫されてきたら、バーエンドバーに持ち替える」ができますので、
長距離を走ることが多い場合は、このタイプが有効かもしれません。

 

 

以上3タイプ、私自身はそれぞれ、ブロンプトンに装着したことがあるのですが・・

どれも使いやすかったですので、あとは個人の好みに合わせて、好きなものを選べば大丈夫なのではないか・・と感じました。

 

 

 

・・・と、ブロンプトンにエルゴングリップを組合わせることについて、語ってみました。

私自身としては、もう5年ほど使い続けていますが今のところ、
他のグリップに浮気しようとは考えていません。

ブロンプトンにエルゴングリップ、どうかな?と悩まれる方の、
なんらかの参考になれば、と思います。

 

関連記事
ブロンプトンの整備に必須の工具を、「まず集めたほうがいいもの」を中心にまとめて紹介しています。

 

ブロンプトンを盗難から守るのに最適な、頑丈で持ち運びやすいU字ロックを解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ