ブロンプトンにカンビウムは合う?実際に使ってるので解説します!


カンビウムを装着したブロンプトン

ブルックスの革サドルは、ブロンプトンとの相性が抜群です。

そして・・ブルックスの「カンビウム」も、ブロンプトンに合う!

と、実際に使ってみて思いました。

 

カンビウムとは、ざっくり言うとラバー製サドルなのに、革サドルと同等の乗り心地を持つサドルです。

 

ブルックスのラバー素材サドル

 

これですね。

 

革サドルといえば、その圧倒的におしりに優しい「乗り心地」がメリットなのですが・・

革ではない「ラバー」製なのに、匹敵するほどのやわらかい乗り心地・・というのが、カンビウムの強みです。

 

そして革ではないので「全天候型」だ・・というのも、カンビウムの強さですね。

革サドルは雨に当たるとふやけてしまうので、できるだけ雨の日は使わないとかの注意が必要なのですが・・

ラバーに水は染み込みませんので、カンビウムだと雨の心配はまったく要らない!というメリットがあります。

 

と、カンビウムはそういうサドルなのですが・・

カンビウムって、ブロンプトンに合うの?

というのは、ブロンプトンに装備してみようかな?と思う場合、気になるところだと思います。

 

なのでこの記事では、「ブロンプトンとカンビウムの相性」を中心にお話ししていきます。

「乗り心地」は、こんな感じになる!

ブロンプトンにカンビウムを装着すると、「乗り心地」はどうなるのか?

というのはまず、気になるところかもしれません。

 

ここではブロンプトンに最初からついている「純正サドル」と比較してみると・・

乗り心地は圧倒的にアップします。

 

純正サドルといえば、

ブロンプトン純正サドル外観

おなじみの、コレですね。

なかなか良いサドルなので、ブロンプトンのサドルはあえてコレのままにしている・・という方も多いかもしれません。

 

そして、このサドルの構造なのですが・・

ブロンプトン純正サドル裏面

こんな感じで、全体をプラスチックの骨格で支えるような構造になっています。

 

こういう構造は純正サドルに限らず、たいていのサドルでそうなっていますね。

 

しかし、カンビウムは・・

ブルックスカンビウム プラスチック骨格部分に赤丸

こんな感じで「赤丸の部分だけが、プラスチック骨格で支えられている」構造です。

それ以外の部分は、頑丈な「ラバーだけ」で支えられているんですね。

 

硬いプラスチックと、柔軟性のあるラバー・・

上に乗るとして、どちらが乗り心地が良くなるか?は言うまでもないと思います。

 

実際、カンビウムに座ると純正サドルより明らかに「おしりの負担」が少ないですし・・

段差を越えたときなんかの、おしりへの「衝撃」の吸収性も明らかに高いです。

摩擦力が高いラバーですので、おしりの「グリップ力」が高くなるのも、メリットになり得ると思います。

 

と、感覚は人それぞれかもしれませんが・・

ブロンプトンの純正サドルから、カンビウムに換えると、

「乗り心地」が圧倒的に良くなった!

というのが、私の感想です。

 

ブルックスのラバー素材サドル

「見た目」も、ブロンプトンに合う!

カンビウムは「見た目」的にも、ブロンプトンに合うと思います。

 

ブロンプトンは昔から変わらない、ちょっと古風な見た目をしていると思います。

少なくとも、バリバリのスピードタイプ折りたたみ自転車の「Birdy」あたりと比べると、そうでしょう。

 

なのでブロンプトンに例えば、最新鋭の「軽量カーボンサドル」といったものを装着すると・・

見た目てきに「浮いてしまう」場合があると思います。

美的感覚は人それぞれなので、ここは一概に言えないところではありますが・・

 

そしてブロンプトンの、そのちょっとレトロな見た目に合わせるべく・・

例えば「革サドル」なんかがブロンプトンの定番になっていたりしますね。

 

そして「カンビウム」も、そんなブロンプトンに合う見た目をしていると思います。

ブロンプトンにカンビウム すこし遠くから

ブロンプトンにカンビウム 近くから

あんまりシャープすぎない、それでいて野暮ったくもない見た目が、ブロンプトンのシルエットに合っているのではないかな・・と思います。

このあたりの感覚も人それぞれですが・・笑

 

ブロンプトンに見た目的に合うサドルは、最新鋭ロードバイクに合うようなサドルとは、ちょっと違ってくるものですが・・

カンビウムだと「見た目」的にも、ブロンプトンからそう浮きはしないのではないか・・と思います。

 

ブルックスのラバー素材サドル

「重い」のが、いちばんのデメリット

と・・ブロンプトンとカンビウムはなかなかに相性が良く、特に乗り心地を引き上げてくれるのですが・・

しかしメリットに対応する「デメリット」も、ちゃんとあります。

 

一番のデメリットは「重い」ということですね。

 

例えばここも、ブロンプトン純正サドルを例にとってみると・・

ブロンプトン純正サドルの重さを計測

こんな感じで、重さは実測で「342g」でした。

この重さは特に「軽さ」を追求しないサドルとしては、一般的なものだと思います。

 

対してカンビウムの重さは・・

ブルックスカンビウムの重さを計測

実測で「460g」です。

実測の比較で120gほど、カンビウムのほうが重いわけですね。

 

サドルが重いともちろん、そのぶん車体が重くなり、「走り出しのラクさ」「上りやすさ」がダウンしてしまいます。

なのでここは、カンビウムに換えたときに発生するデメリットですね。

 

重さに特にこだわりが無い場合、気にするほどの違いでもない・・と思われるかもしれませんが・・

もし、ブロンプトンをできるだけ軽量化したい!という方向性の場合は、この重さは致命的なデメリットになるかもしれません。

ブロンプトンに「快適さ」を求めるなら、一押しのサドルです!

「カンビウム x ブロンプトン」の組み合わせが向くのは・・

ブロンプトンに「快適さ」を求める

そんなタイプの人だと思います。

 

カンビウムはあらゆる意味で「快適」なサドルです。

上で挙げましたように、乗り心地は純正サドルから大きくレベルアップします。

 

そして例えば・・

 

定番の「ブルックスの革サドル」は、ブロンプトンに合うのか?について詳しく解説しています。

 

上の記事で紹介しているように、ブロンプトンに乗り心地を求めるときは「革サドル」が選ばれることが多いものです。

そして革サドルもカンビウムに劣らず、乗り心地が高いのですが・・

サドルオイルを塗ったりというメンテナンスが必要、というデメリットがでてきてしまいます。

 

しかしカンビウムは基本的に一切、メンテナンスが必要ありません

それも全天候型なのとあわせて、カンビウムの強みとなっていますね。

なのでそういう意味でも、カンビウムは「快適なサドル」なのです。

 

ブロンプトンはどちらかというと、まったり走る・・というコンセプトの自転車だと思います。

なのでブロンプトンにできる限りの「快適さ」を求める私のような人は、多いかもしれません。

 

そしてブロンプトンに快適さを求めるのであれば・・

カンビウムがベストな選択肢になる可能性がある、と思います。

 

ブルックスのラバー素材サドル

 

関連記事
ブルックスのメンテナンスフリー・雨降り問題なしタイプのサドル「カンビウム」を解説しています。

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ