ブロンプトンのクランクを175mmに交換してみた結果


ブロンプトン175mmクランク

ブロンプトンのクランクは、純正だと「170mm」一択です。

なので普通は、それ以外の選択肢は無いのですが・・・

 

私は思い立って、ブロンプトンのクランクを175mmのものに換えてみたのですが・・・

どうやら私に合っていたようで、
明らかに乗りやすさ・パワーの出しやすさが、アップしました。

 

市販されているクランクで、175mmを越えるものはなかなかありませんので、
普通の感覚でいえば175mmは「いちばん長いクランク」となると思います。

 

ブロンプトンのクランクを175mmに伸ばすと、どうなるの?

この記事ではここをテーマに、お話ししてみます。

175mmに伸ばすと、こうなる

175mmにクランクを伸ばすと、まず大きいパワーを掛けやすくなります。

まずというか、これが全てですね。笑

 

クランクはテコですので当然、長いほうがトルクが大きくなります。

なので発進とか登りとかの、ひと回しひと回しが重い状況でも、
グン!グン!と負けることなく、回しやすくなります。

その差はかなり大きく、ロードバイクのギア的にいえば、
1-2段くらい軽くなったな・・と感じるほどです。
(個人差があるとは思います・・笑)

 

とはいえもちろん、デメリットもあります。

クランクが長くなりますので、一回転あたりの回す距離が大きくなり、
素早い回転が難しくなる・・ということですね。

重めのギアをぐんぐん回すタイプを「トルク型」、
軽いギアをすばやく回すタイプを「ケイデンス型」と言うことが多いですが・・・

この「ケイデンス型」に向かなくなる、ということです。

なのでケイデンス重視タイプのペダリングが得意だと、向かないように思われるのですが・・・

 

とはいえ・・ブロンプトンという自転車はそもそも、ケイデンス型の乗り方がしにくい自転車です。

理由は、変速の貧弱さですね。

ケイデンスを重視して回すときは、変速機をフルに活かして、
回しやすいギアの重さを狙っていくものだと思います。

そしてロードバイクだと20段以上の変速が普通ですので、
重さの調整がほぼ完璧にできるのですが・・・

 

しかしブロンプトンはご存知のように、ひとつの変速機あたり2-3速しか変速できず、
ふたつの変速機を掛け合わせてやっと、6速です。

なので、ギア比を微調整してケイデンス型の乗り方をする・・というのが、
ちょっと、やりにくかったりするのです。。

 

私はもともとトルク型の乗り方が好きなのですが、
こういった事情もあって「ブロンプトン x 長いクランク」というのは、
なかなか良いカスタマイズだったりするのでは・・と思います。

ブロンプトンにおすすめの、長いクランクはこれ!

ブロンプトンに使える、純正以外のクランクはいろいろあるのですが・・・

個人的には「スギノ」の製品は、イチオシです。

 

スギノは自転車パーツの世界では、定番ではあるのですが・・・

剛性が高く、製品としてすごくしっかりしている印象があります。

 

そしてルックスとしても、例えばシマノの最新型クランクあたりは「モダン感」がありすぎて、
やや古風な印象のブロンプトンからはちょっと浮くな、と個人的に思うのですが・・・

スギノのものなら、

スギノRD2クランク

こんな感じで、ブロンプトンの雰囲気からもあまり浮かないなぁ・・と、私の感覚では思いました。

 

 

具体的な製品としては、例えば上記のものなら、
5ボルトタイプ、PCD130mm・・と一般的なブロンプトンにちゃんと合うのではないかと思います。

 

175mmクランクを装備すると・・

スギノの175mmクランク

たった5mmの違いではあるのですが、ぱっと見でも純正クランクよりかなり長い印象になります。

そして回すときの感覚もかなり、違ってきます。

175mmクランク折りたたみ

折りたたんでもこんな感じで、私のブロンプトンの場合は、
特に干渉とか不都合はありませんでした。

5mm伸びるだけですので、それはそうかもしれませんが・・笑。

 

 

クランクを伸ばすのは、「トルク型」ペダリングを追求するときの常套手段なのですが・・・

「ブロンプトン x 175mmクランク」というのもなかなか良い組み合わせで、
私はもう4年くらいはこの仕様で使っているのですが、
170mmに戻す気にはまったくならないくらい、快適です。

ブロンプトンにロングクランク・・ぜひ検討してみては、と思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ