ブロンプトンのタイヤ、おすすめは?選び方を徹底解説!


ブロンプトンのフロントタイヤ

ブロンプトンのタイヤ、そろそろ、交換の時期だけど・・・

新しいタイヤ、どれにしよう?

 

ブロンプトンのタイヤ選びは、ブロンプトンオーナーにとってすごく重要なところです。

 

いちばん簡単なのは、純正タイヤをもう一回買うことですが・・・

純正タイヤはけっこう高価で、しかも取り扱いショップも限られています。

なので純正以外の、サードパーティー・タイヤが使われることが多いのですが・・・

 

とはいっても、いろいろなタイヤがありますので、
一体、どのタイヤがブロンプトンに最適なの?

コスパが良いのは?走行抵抗が低いのは?乗り心地重視だと?

というのは、よく迷われるところのようです。

 

なのでこの記事では、「ブロンプトンのタイヤ選び」について解説していきます。

ブロンプトンに合う「タイヤサイズ」を解説

まず・・そもそもブロンプトンに合う「タイヤサイズ」は?

 

まず・・タイヤはビード(内側部分)にワイヤーなどが入っていて、伸び縮みできません。

ので、タイヤの「内径」がわずかでも違うと、装着できません

 

一方でタイヤの「太さ」のほうは多少、幅をもって対応できるものですので、
ある程度いろいろな太さが適合します。

 

で、ブロンプトンのタイヤ内径は・・・

349mm

です。

ここから1mmでも違うと、装着できないわけです。

 

そして自転車タイヤのサイズには、いろいろな表記があります。

なので「内径が349mmのタイヤ表記」を挙げていくと・・・

① 16 x 1 1/8

② 16 x 1.20

③ 16 x 1 1/4 (= 16 x 1.25)

④ 16 x 1.35

⑤ 16 x 1 3/8

 

といった感じになります。
(他にも有るには有りますが、主なのはこんなところです)

 

それぞれ、タイヤ内径は349mmで、
タイヤ幅はそれぞれ「① 28mm、② 30mm、③ 32mm、④ 35mm、⑤ 37mm」ですね。

なので上の表記がされたタイヤを探せば基本的に、ブロンプトンに適合すると思います。

 

自転車タイヤの表記は本当にごちゃごちゃしていて、わけがわからなくなるポイントなのですが・・・

上の記事にも書いたように「ETRTO」という基準を軸にすると、こんがらがることはなくなります。

ブロンプトンは「16インチ」なのですが、16インチにもいろいろあったりしますので、
そこを基準に選ぼうとかすると、わけわかんなくなるのです・・

 

そして具体的な製品については、下のほうで解説するのですが、
いちばん細い「16 x 1 1/8」からいちばん太い「16 x 1 3/8」まで、ブロンプトンには使われることがあるようです。

なので実際にブロンプトンのタイヤを探すときには、
①から⑤までのどれかの表記のものを選べば、ちゃんと対応してくれると思います。

 

ちなみに「ブロンプトン タイヤ」あたりでAmazon検索すれば、それで良いんじゃないの?と思われるかもしれませんが・・・

意外と、適合しないものが出てきてしまって、それを買って泣きを見る・・なんていう、
以前の私のようになるかもしれませんので、ご注意ください・・笑

「タイヤサイズ」を理解して、ちゃんと選ぶことをおすすめします。

具体的なおすすめタイヤは、これ!

具体的な、おすすめタイヤを紹介していきます。

「走行の軽さ」重視だと、これ!

ブロンプトンに合う細身スリックタイヤ

 

まず軽快さ、走行抵抗の少なさ・・といったところ重視だと、
この「シュワルベ コジャック」だと思います。

 

このタイヤは私自身、気に入ってよく使うのですが・・・

まずタイヤサイズが「16 x 1 1/4」なので、ブロンプトンに合うタイヤの中でもけっこう細身で、
そしてスリックタイヤで、しかも薄めで軽い・・という特徴があります。

なのでブロンプトン純正タイヤなどと比べても、走行抵抗がかなり低いです。

 

このコジャックタイヤには「ケブラービード」という、ビードに特殊繊維ケブラーが入ったバージョンがあり、
そっちだと少し軽かったり、タイヤを折りたたんで持ち運べたりとメリットはあるのですが・・かなり高価になります。
(ブロンプトン純正の「ブロンプトンコジャック」も、ケブラービードなので高価ですね)

しかし紹介しました製品は「ワイヤービード」ですので、価格としてもけっこう、リーズナブルです。

 

ブロンプトンで長めの距離をよく走る場合は、脚に疲れがたまりにくいですのでこれが一番いいのではないか・・と思います。

「耐パンク性」重視だと、これ!

一方で、多少重くても「耐パンク性」を重視する!という場合は・・

 

ブロンプトンに合うパンク耐性が高いタイヤ

 

この「シュワルベ マラソン」がおすすめです。

 

シュワルベの「マラソン」シリーズは、クロスバイクなどでもよく使われる、
「パンクに強いタイヤ」の代名詞みたいなタイヤです。

とても頑丈な耐パンク層があり、それで刺さってくる物などからチューブを守ってくれるわけですね。

 

太さは「16×1.35」と、ブロンプトン対応タイヤの中では太めで、
グリップ力の高さや安定性が高いです。

そのかわり重くて太いので、ペダルは上の「コジャック」あたりと比べればすこし重くなる・・と、そんなタイヤですね。

 

実際に私はブロンプトンで通勤しまくっていた頃、このタイヤを履かせていたのですが、
一度もパンクはしませんでしたし、ふわふわした乗り心地で疲れにくかったです。

「ブロンプトンで日本一周」みたいな過酷な用途でも、よく採用されるタイヤのようですね。

 

価格としてもリーズナブルですので、
タイヤの「防御力」を中心に考えるなら、このシュワルベ マラソンで大きな間違いはないのでは・・と思います。

 

 

今回はブロンプトンのタイヤの選び方について、解説してみました。

 


 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミスを防ぐための、一押しアイテムです。

Amazonで見る
楽天で見る

詳細なレビュー記事はこちら

運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ