作りがしっかりしたフラットペダル

自転車の空気が抜けるのはなぜ?原因や予防法を解説!

空気が抜けたタイヤ

「空気が抜ける」

は、自転車の大敵です。

 

たとえば走っている最中に、空気が抜けてしまうと・・

その瞬間から、まともに進めなくなってしまいます。

バランスを崩して、危険な場合すらありますね。

 

そして・・

  • 空気が抜ける「原因」って、なに?
  • 空気が抜けてしまった場合の「直し方」は?
  • 空気抜けの「予防」は、どうすればいい?

空気が抜けた!にうまく対処していくためには、こういった知識が必要です。

 

なのでこの記事では、自転車の空気が抜ける!について・・

その原因や対処法を、徹底解説していきます。

原因も対処法も「ケースごと」に違ってくる

自転車の空気が抜ける、原因と対処法はこれだ!

と、ひとまとめに解説したいところですが・・

 

実は、原因も対処法も・・

どんなケースか?によって、全然変わってくる

という事情があります。

 

どんなふうに空気が抜けるのか?

その経過によって・・どの部分が壊れているのか?が全然違ってきます。

そしてもちろん直し方・対処法も、ぜんぜん違ってきますね。

 

なので以下「ケース」ごとに分けて、解説してみます。

ケース1:尖った物などを踏んだ場合

あっ!釘を踏んでしまった!!

パァン!!・・空気が抜けてしまった。。

 

こういうケースが一番、わかりやすいですよね。

もちろん釘を踏めば、タイヤやチューブに穴があきますので・・

その穴から空気が抜ける!というのは、当然のことになります。

 

もちろん釘以外にも、たとえばガラスの破片や金属片を踏んだり・・

もしくは縁石を無理に乗り上げてしまった!とかで、タイヤに大ダメージを与えてしまった場合・・

タイヤ・チューブが破損し、空気が抜けてしまいます。

 

そしてこの場合は対処法も、わかりやすいです。

①:穴を塞ぐ(パンク修理)

②:チューブを交換する

の、どちらかですね。

 

このふたつを比較すると、パンク修理のほうが「安い」というメリットはあるものの・・

「手間が少ない」「確実に直る」という点で、チューブ交換のほうが優秀だったりします。

なのでチューブさえ確保できるなら、私自身はチューブ交換してしまうことが多いです。

 

方法は・・ここは分かりやすく解説してくれている動画がありましたので、以下引用します。

パンク修理

チューブ交換

(それぞれ サイクルベースあさひ 様の動画を引用しています)

ケース2:「勝手に空気が抜ける」場合

何かを踏んだ!とかなら、分かりやすいのですが・・

「何もしてないのに」「勝手に」空気が抜ける!

という場合もあります。

 

たとえばマンションの駐輪場に、駐輪しておいて・・

さて、乗ろう!と自転車のところに行くとなぜか、ぺしゃんこのタイヤ。。

みたいなケースですね。

 

この場合のほうが実は、原因を判断しにくかったりします。

どんなふうに空気が抜けたのか?を、リアルタイムで判断できないからですね。

 

この場合の原因は・・

  • スローパンク
  • 前回のパンク修理がまずかった
  • イタズラ

他にもいろいろありますが・・このあたりがまず考えられます。

 

それぞれ、どんな場合に強く疑うのか?などの詳しいことは、

尖ったもの踏んだとか、何もしてないのに・・なぜかパンクする!その原因についていろいろ解説しています。

上の記事で詳しく解説しています。

ケース3:「パンクは見当たらない」場合

走っている最中、すこしずつ空気が抜けてしまったり、

もしくは駐輪していた自転車がいつのまにか、ぺしゃんこタイヤになっていたりして・・

しかし「パンク」が見当たらない場合、というケースもあります。

 

パンクというのは基本的に「チューブに穴があく」ことを指しますので・・

チューブにはまったく異常が無いのに、空気は抜けていく、という状況です。

 

目を皿のようにしてチューブを確認し、いっしょうけんめい空気漏れの音を聞き・・

そしてチューブを水につけて確認までするけど、チューブに穴はいっさい無い!

けど、空気は確かに漏れてしまう。。そんな場合です。

 

そしてこの場合は、バルブのほうに問題がある場合が多いです。

バルブ

自転車の空気を入れるときに、空気入れを接続する・・この部分ですね。

 

自転車のチューブは基本的に「チューブ」と「バルブ」の2パーツでできていますので・・

チューブに問題が無いのであれば、疑うべきはバルブになってきます。

 

バルブに起きる不具合には、具体的にどんなものがあるの?

  • バルブコアがちゃんと締まっていない
  • バルブコアの「ゴムパッキン」が機能していない
  • バルブコアが変形している
  • バルブの根本が損傷した

といった感じです。

 

詳しいところは、

チューブに穴は見当たらないのに・・パンクしてないはずなのに・・なぜか空気が抜ける!その原因を解説しています。

解決法なども含めて、上の記事で解説しています。

ケース4:空気抜けを「何度も繰り返す」場合

1回、空気が抜けてしまうならまだしも・・

2回も3回も、繰り返す!

という場合もあります。

 

パンク修理したばっかりなのに、すぐパンクした!とか・・

もしくは3日ごとくらいのペースで、何度も何度も空気が抜ける。。とかですね。

 

そして、その場合は「繰り返す場合」特有の理由が、あったりします。

 

たとえばパンク修理のとき、「タイヤの裏側」をきれいにしていなかったとか、

もしくはタイヤやチューブ自体が、劣化してきているとかですね。

 

空気は抜けるときはどうしても、抜けてしまうものですが・・

こういった原因にしっかり対処しておけば、すくなくとも「何度も繰り返す」は防げるものだったりします。

 

空気抜けを何度も繰り返す場合に関する、詳しいところは・・

あれ、また!?・・自転車の空気が何度も抜けるときの、よくある原因と対処する方法を詳しく解説しています。

上の記事で解説しています。

ケース5:「オフロード」を走ってしまった場合

砂利道などの、いわゆる「未舗装路」を走って・・

走っている最中、もしくはその後に、パンク!

 

こういう「走ってはいけない場所」を走ったあとに、空気が抜ける!

そういうケースも結構あります。

 

自転車には「オフロード対応」タイプがあります。

マウンテンバイク、シクロクロス、グラベルロード、ファットバイクなど・・

 

そしてオフロードに「対応しない」自転車のほうが、多いです。

ママチャリをはじめ、ロードバイク、クロスバイク、ほとんどの折りたたみ自転車などなど・・

オフロード対応!となっていないほとんどの自転車は、オフロードを走ってはいけない自転車です。

 

もちろんロードバイクなどで、ガチオフロードを攻める!なんてことは普通しないでしょうが・・

たとえば帰り道、河川敷の砂利道エリアを通れば近道だ!走り抜けよう!とかはあると思います。

 

ロードバイクなどで、砂利道などオフロードを走ると・・どうなる?

対応しないタイヤで、鋭い小石とか木の枝とかがたくさんの道を走るわけなので・・

穴が空き、空気が抜ける!・・となる可能性は高くなります。

 

こういう理由で空気が抜けた場合は、ほとんどが「ダメージによるパンク」となります。

なのでパンク修理やチューブ交換といった修理が必要です。

 

ロードバイクなどでオフロードを走ると、どうなるの?その対処法は?

そのあたりの詳しいところは、

本来は舗装路を走るための、ロードバイク・・これで林道とかの「オフロード」を走るとどうなるの?を詳しく解説しています。

上の記事にまとめました。

「空気が抜けたまま走る」と、どうなる?

空気が抜ける!というのは、どうしても起きることです。

そして空気が抜けたなら、修理すればいいわけですが・・

空気が抜けたまま乗ってしまう・・という場合があるようです。

 

パンク修理といった作業は、自転車整備に慣れないとけっこう面倒です。

そしてショップに依頼するとなると、お金とか、自転車を持っていく手間とかもかかります。

なのでいっそ、そのまま乗ってしまえ!・・という感じかもしれません。

 

なのですが・・空気が抜けたまま走ると、自転車は壊れてしまいます

すでにパンクしていたとしても・・タイヤやチューブはさらに深刻に、修理が難しいくらいに壊れたりしますね。

足回りだけではなく「フレーム」といった部分が壊れることもあります。

 

なので空気が抜けたまま走る!というのは、やってはいけない禁忌です。

なので空気が抜けた場合は、けっしてそのまま走らずに・・

この記事の内容などを参考に、ちゃんと修理してから乗るほうがいいです。

 

空気が抜けたまま走ると、具体的にどうなるの?

どのパーツが、どんなことになるの?

といった詳しいところは・・

空気が抜けたまま走ると・・自転車はどうなるの?走ってもいいの?あぶないの?といったところを詳しく解説しています。

上の記事で解説しています。

「空気が絶対に抜けないタイヤ」もある

自転車の空気が抜ける!は、自転車の大敵なわけですが・・

それが「絶対に起きない」タイヤ!というのもあります。

 

自転車を支えるのに「空気を使わない」タイプですね。

空気ではなく「ゴム」「シリコンチューブ」「ゲル」といったもので重さを支えるものです。

そして空気を使わないのなら、「空気が抜けて困る」は絶対起きないですよね。

 

こういうタイヤは探せば、けっこうあって・・

いわゆる「パンクしないタイヤ」「ノーパンクタイヤ」といった名前で売られていますね。

 

と、空気が抜ける!に困ったり、パンクを2度と経験したくない。。と思ったりするなら・・

この「空気が抜けないタイヤ」というのも、ひとつの選択肢になります。

 

しかし・・空気が抜けないタイヤには、デメリットもあります。

たとえば「乗り心地が悪い」なんかは、筆頭ですね。

 

空気が抜けないタイヤには、どんな種類があるの?

デメリットはどんなものがあり、どの程度の影響があるの?

といった詳しいところは、

パンクから無縁になれる「パンクしないタイヤ」には、どんな種類があるの?デメリットはある?そんなところを解説しています。

上の記事で解説しています。

 

 

「タイヤの空気が抜ける」は、自転車の大敵です。

そして考えるべきことが、ケースごとに違ってきたりと・・意外と複雑なものです。

 

しかし原因をしっかり追求し、ちゃんと対処することができれば・・

さくっと直したり、再発を予防したりできるようになります。

なのでぜひ、いろいろ試行錯誤してみては・・と思います。

 

今回は「自転車の空気が抜ける」ことをテーマに、お話ししてみました。

関連記事
「ベアリングの回りやすさ」「靴からの滑りにくさ」「ペダル軸の剛性」に優れた、三ヶ島製フラットペダルについて解説しています。
23Cから32Cまで、さまざまな太さのタイヤのメリット・デメリットを、実際に使い比べた経験から解説しています。
自転車パーツに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【よく乗るエリア】福岡まわり

【自転車趣味歴】9年くらい

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
◇いつかオランダに住んでみたい
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

よく読まれている記事
カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿
最終更新日ごと

ページの先頭へ