クロスバイクでロングライドって、できる?100km走るコツを紹介!


クロスバイクで旅

ロングライドの王様は、ロードバイク!

というのが、一般的だと思います。

 

実際、ロングライドが一番ラクなのは、ロードバイクだと思います。

軽いし、走行抵抗が少ないし、姿勢をいろいろ変えられるので疲れにくいし・・・

 

でも・・「クロスバイク」でのロングライドも意外と、良いものです。

筆者は何度も、クロスバイクで100km以上を走ったことがありますが・・
あえてクロスバイクで長距離を走るのも、ぜんぜんアリだと思います。

 

なのでこの記事では実際、クロスバイクでロングライドって、どうなの?

といったところを解説していきます。

厳しいのは「ハンドル」、逆に言えばそのくらい

ロングライドといえばロードバイク!というのは、もはや定番の意見です。

そしてクロスバイクは、ロードバイクと比べるとロングライドには向かない。
・・というのが、もっぱらの意見でしょう。

 

では・・クロスバイクの具体的にどこが、ロングライドに向かないのでしょうか?

一番は「ハンドル」、ですね。

 

クロスバイクといえばまっすぐなハンドル、バーハンドルです。

ロードバイクのドロップハンドルとは、対照的ですね。

そしてこのバーハンドルは、街中などですばやく動くときには優秀なのですが・・・
ロングライドには向かないハンドルなのです。

 

バーハンドルだと手の向きが「横」になりますので、どうしても長時間ずっとそのままで居るには、無理な姿勢になります。

歩いている人のイラスト

ふつうに歩いていると、こんな感じですが・・・
この手の向きは、ドロップハンドルを握るときの手の向きですよね。

バーハンドルを握るときの手の向きは、ここから90度回転したような形になりますので、
どうしても不自然になってしまうものです。。

 

何時間ものあいだ、自然ではない姿勢になっていると、
どうしても、肩こりが来たりとか、腕がしびれたりとかしやすいものです。

なので、長距離にはロードバイク!・・というのが、よく言われることになるんだと思います。

 

しかし・・ここは「バーエンドバー」があれば解決します。

バーエンドバーは、

バーエンドバー

こんな感じの、ハンドルの端っこにくっつけるバーなわけですが・・・

これを握っているあいだは、手を自然な「縦向き」にできます。

 

なのでクロスバイクでロングライドをしたいなら、このバーエンドバーをつけておけば、
体勢がキツくなってきたな・・と思ったらバーエンドバーを握れば、けっこう、回復できるものです。

これはバーエンドバーつきクロスバイクで、何度もロングライドをしてきた私自身の経験からも言えることです。

 

例えば、

 

エルゴンのバーエンドバー付きグリップ

 

こういった「バーエンドバーつきグリップ」といったものを装備していくほうが、
普通のシンプルなバーハンドルよりも、ロングライドにおいてはずっと有利だと思います。

バーエンドバーがあるぶん、握りの幅が狭くなるというデメリットはありますが・・・
通常、メリットのほうがずっと大きいですね。

 

そして・・「ハンドル以外」の部分は、ロードバイクと大して変わらないです。

現代では軽量なクロスバイクとか、タイヤが細くて走りやすいクロスバイクとかもたくさん出ていますし・・・

変速機などの「コンポーネント」に、ロードバイクとまったく同じものを使う機種も多いです。

ロードバイクこそ軽くて走りやすい!クロスバイクは重くて抵抗が大きい!というのは、過去の話になったな・・と思います。

 

なので、クロスバイクでロングライドをするなら・・

バーエンドバーをつけるとか、握り方を工夫するとかの「ハンドルがロングライドに向かない」対策さえちゃんとやれば、
ロードバイクともさほど変わらない、優れたロングライド能力が手に入る・・と思います。


スポンサードリンク



運営者:ドクターゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ