ミノウラの振れ取り台、FT-1をレビュー!安いけどちゃんと使える?


FT-1外観

振れ取り台がほしいけど・・・

「ミノウラのFT-1」って、どう?

 

作業はしやすい?

安いけど、精度は大丈夫?

すぐ壊れたりしない・・?

 

私自身はもう7年ほど前に、ミノウラ FT-1を購入しました。

そしてホイールの振れ取りに、何度も、実際に活用しています。

 

そして・・「安いわりに優秀な、コスパのいい製品」

「個人の自転車整備」なら、これでOK!

そんな感想を持ちました。

 

ミノウラの振れ取り台

 

この記事では、ミノウラのFT-1を詳しくレビューしていきます。

「安かろう悪かろう」ではない

ミノウラのFT-1はわりと、安い製品です。

 

自転車ショップで使われているような振れ取り台は、3万円とか、5万円とか・・そのくらいの製品が多いです。

しかしミノウラ FT-1は1万円未満か、もしくは1万円をちょっと越えるくらいとか、そのくらいの値段で買えてしまいます。

 

もちろん大幅に安いものは、高いものに比べてなんらかのデメリットがあるわけですので・・・

FT-1は高価な振れ取り台にくらべて、耐久性が無いんじゃないの?とか、

もしくは精度が低いとか、作業がしにくいとかがあるんじゃないの?
と考えるのは、自然なことだと思います。

 

私自身、この振れ取り台を買う前は「安かろう悪かろう」じゃないかな?と思っていたのですが・・・

その後結局購入し、長年使ってみたあとの感想としては、

個人の自転車整備には、まったく問題ない性能がある

と思いました。

 

まず・・例えば高価な振れ取り台は、パーツのほとんどが「金属製」です。

しかし・・ミノウラFT-1はプラスチックが多用されています。

 

プラスチックは当然、鉄などの金属よりも弱いです。

なので使っているうちに割れたり、欠けたりして使い物にならなくなるのでは・・?

という不安は、もっともだと思います。

 

そして私自身が実際に使ってきた限りでは、7年のときを経ても、
振れ取りができなくなるような致命的な破損!というのは、ありませんでした。

 

いちおう一箇所だけ、割れてしまった場所はあります。

爪が割れた部分

この、赤丸の部分ですね。

ここは左右の使わないほうの爪を、一時的に固定しておくための部分なのですが・・・
ここだけは使っていくうちに、左右とも、割れてしまいました。

しかし割れた状態でも、爪を固定することはいちおう出来ましたので、大きな問題にはならなかったです。

 

ここ以外には私が使ってきた限りでは、破損した部分はありませんでした。

 

 

もちろん、自転車ショップで毎日毎日、ホイール整備に酷使する・・といった目的なら、
最低でも3万円くらいの、フル金属製の振れ取り台のほうがいいと思います。

しかし、ホイールの振れ取りをするのは年に1回とか、数回とか、そのくらい・・・

そうであれば、このミノウラFT-1でも性能に不足は無いのでは、と思います。

最重要の「爪部分」はこんな感じ!

ミノウラ FT-1は実際に、どんなつくりの製品なのか?

 

ホイールを取り付けたFT-1

まず、ホイールを付けた状態での外観はこんな感じですね。

 

そして・・・

FT-1の爪部分

まず、いちばん重要な構造がこの「爪部分」です。

実際に振れ取りをするときには、ここをホイールに当てて調整するわけですので、
このあたりがちゃんとした作りになっているか?使いやすいか?は、すごく重要です。

 

そして私としては、ここはじゅうぶんに使いやすく、問題ない・・と感じました。

 

まず、ホイールの「横振れ」を調整するためには、ホイールの側面から爪を当てます。

ホイール側面から爪を当てる

こんな感じですね。

 

そしてこの爪は、

調整のためのダイヤル部分

こんな感じのダイヤルをくるくる回すことで、左右位置を調整することができます。

 

なので爪をホイールにぎりぎりまで近づけて、その状態でホイールを回すと、
歪んでいる部分がこの爪にシャリ・・シャリ・・と当たりますので、それで振れている部分がわかります。

 

 

横振れ以外にも「縦振れ」を調整するのですが・・・縦振れの調整には、

縦振れ調整用の爪

こんな感じの、金属パーツ部分を使います。

 

この金属パーツは、

縦振れ爪調整用パーツ

この部分を手で回すと伸縮しますので、これをくるくる回して調整します。

 

そして、

縦振れ調整してるところ

こんな感じで、ホイールぎりぎりまで近づけてホイールを回せば、
振れている部分だけがシャリシャリと金属に当たりますので、振れがわかる・・という感じです。

 

振れ取り台でいちばん重要なこの「爪部分」に関して、このFT-1では全体的にプラスチック製なのですが・・

実際に何年も使ってみても、折れたりとか致命的なことは起きませんでしたし、もちろん肝心の爪の先端は金属製ですので、
「安かろう悪かろう」という作りの悪さは無いのでは・・と思いました。

全体的なつくりも、なかなかいい感じ

そしてこのFT-1は、プラスチック部分も多いのですが・・・

ポール部分

ホイールを支えるのに強度が必要な「ポール部分」はこの通り、金属製になっています。

 

そして振れ取り台は、手前側に重さが集まり不安定になりやすいものですが・・・

重さを支える足部分

こんな感じで、支えるための「脚」を展開することができますので、ぐらつく・・とかは全然なかったです。

 

そしてホイールにはいろいろなサイズがあり、ロードバイクのいわゆる「700C」ホイールだけではなく、さまざまなホイールに対応してくれると嬉しいものですが・・・

この振れ取り台は、ホイールを支えるポールが可動式で、

脚が閉じた状態

ここから・・

脚が開いた状態

ここまで開くので、さまざまな形のホイールに対応できます。

 

実際に私が使った限りだと、700Cはもちろんのこと、小さくて「18インチ」のホイールでも使うことができましたので、
まあ、たいていのサイズのホイールに対応してくれると思います。

 

と・・廉価な商品なのに、必要なところはちゃんと工夫してつくられているようで、
個人のホイール整備にはじゅうぶんな品なのでは・・と思いました。

「買わないほうがいい」のは、こんな人!

と、良い点ばかり挙げてはみましたが・・・

このFT-1を「買うのに向かない」場合も、あると思います。

 

例えば・・・

◇自転車ショップなどで、毎日のように酷使する

◇工具に「質感」「高級感」を求める

 

といった場合ですね。

 

FT-1は私のように、振れ取りといった作業は数ヶ月に1回するかしないか・・なんて場合は、まったく問題ない強度があると思います。

しかしショップのメカニックといったプロが、毎日毎日、いくつものホイールの整備に使い倒す・・なんて場合はおそらく、強度不足になると思います。

そういう場合は多少高くても、フル金属製の「ガチな」振れ取り台を買うことをおすすめします。

 

もうひとつは「質感」「高級感」を求める場合ですね。

FT-1にはお世辞にも、こういったものは無いと思います・・笑。

なので洗練された、質感の良い振れ取り台が欲しいのであればお金を出してでも、ハイグレードな製品を買っておくほうがいいと思います。

 

逆に言えば、向かないケースはこんなものだと思います。

繰り返しになりますが・・低コストで買える個人整備のための振れ取り台としては、間違いなく優秀なものだと思いますので、
用途さえ合うのなら、大きな間違いにはならないのでは・・と思います。

 

ミノウラの振れ取り台

振れ取り台以外にも、これが必要になる

そして振れ取り台は、単体では働くことができません。

 

スポークテンションを測りながら作業をするための「スポークテンションメーター」・・・

そして実際に振れ取り操作をするための「ニップル回し」が、振れ取り台に加えて必要になってきます。

 

それぞれ、いろいろな製品があるのですが・・・

スポークテンションメーターとしては、

 

パークツールのスポークテンションメーター

 

この「パークツール」製が、定番ですし、優秀だと思います。

 

スポークレンチとしては、

 

パークツールのニップル回し

 

この「パークツール」製が、おすすめですね。

それぞれ私自身、振れ取り台のFT-1とセットでずっと使っているものですが、リーズナブルですしじゅうぶんな品質があると思います。

 

 

今回はミノウラの振れ取り台、「FT-1」をレビューしてみました。

 

ミノウラの振れ取り台

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

Twitter
Instagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ