サンマルコの乗り心地がいい、ロングライド向けサドル

クロスバイクのハンドルの高さ、目安は?上げるほうがいい?


LOTUSのクロスバイク

クロスバイクのハンドルは、低いほうがいい!!

というのはわりと、持たれがちな価値観だと思います。

 

自転車のハンドルは低ければ低いほどいい!という考え方は、
ハンドルがめちゃくちゃ低い「ロードバイク」を参考に、持たれやすいですし・・

私自身、人生1台目のクロスバイクを買ったときには、そう思っていました。

 

とはいえ・・クロスバイクのハンドルの高さって、実際には、どのくらいがいいの?

バランスのとれた高さって、なにを目安に考えたらいいの?

というのは特に、クロスバイクを買ったばかりだったりすると、気になるところだと思います。

 

なのでこの記事では、クロスバイクのハンドルをとにかく低く!ではなく・・

バランスのとれた高さを探していくための考え方を、解説していきます。

「手が痛くならない」が、基本

ハンドルが低すぎると、どうなるか?

真っ先に、手が痛くなるはずです。

 

あまりにもハンドルが低いと、前のめりになり・・

ハンドルだけにどっかりと体重が掛かった「ハンドル荷重」の状態になります。

 

そしてその状態で、何十分も、何時間も乗っていれば・・

もちろん圧迫で手が痛くなったり、しびれてきたりするはずです。

 

そしてクロスバイクはロードバイクなどと違って、握る場所が基本的にひとつしかありませんので・・

手が痛くなったとしても我慢して、乗り続けるしかないです。

そうなるのはもちろん、NGですよね。

 

なので・・クロスバイクに乗っていて、手が圧迫で痛くなってくるのなら、

痛くなくなるところまで、ハンドルを上げる

のがおすすめです。

 

はじめは、少しだけ上げてみて・・

それで手の荷重が抜けて、圧迫感が減るのなら、「上げて正解」ということになると思います。

 

逆にあまりに上げすぎると、今度は「おしり荷重」「後傾」といった状態になりますので、
上げれば上げるほどいいわけではないのですが・・

バランスがとれる範囲で「手が痛くならない程度に、高め」にしておくのが、おすすめです。

「操作性を失わない」高さに

ハンドルが低すぎると、起きるデメリット・・

ふたつめは、「操作性」です。

 

操作性というのは、右へ左へ・・すばやく軽快に移動できる能力のことですね。

クロスバイクはロードバイクなどと比べて、もともとこれが高く、クロスバイクならではの「強み」になっています。

 

なのですが・・

ハンドルが低すぎると、この操作性は失われます

 

これはもう、実際に試すほうがわかりやすいと思いますが・・

ハンドルがあまりに低いと、「ハンドルを左右に切る」動作や「車体を傾けて曲がる」動作が、明らかにやりにくくなるはずです。

そのぶん直進し続ける「直進安定性」が増したりとか・・そういうことになるわけですね。

 

そしてせっかくのクロスバイクで、操作性を無くしてしまうのは・・

これはもう、いちばんの長所をわざわざ失いにいっている・・ということになると思います。

 

なのでもし、ハンドルが低すぎて、軽快な左右への動きができなくなっている・・

と感じるのなら、すばやく動けるようになるところまで、ハンドルを上げるほうがいい

と思います。

 

せっかくのクロスバイクの長所を、そのまま生かしておくわけですね。

 

 

と、いろいろお話ししてみましたが・・

まとめると、クロスバイクのハンドルの高さは、

「手の痛み」「操作性低下」を起こさないくらいの、高めがいい

と、なると思います。

 

今回はクロスバイクのハンドルの高さは、どう決めればいい?をテーマにお話ししてみました。

 

関連記事
軽さ?乗り心地?それぞれを重視したサドルの選び方を解説しています。

 

歯数は?変速段数は?グレードは?・・さまざまなポイントに注目しながら、スプロケットをどう選ぶかを解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

Twitter
Instagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ