当サイトのおすすめアイテム
作りがしっかりしたフラットペダル

エルゴングリップってどう?手が痛くならない・・は、本当?


エルゴングリップ画像

何時間も、クロスバイクやマウンテンバイクに乗っていて・・・

イテテ・・手が圧迫されて、痛い・・!

 

エルゴングリップはそんな「ロングライドでの手の痛み」に強い、定番グリップです。

特徴的な幅広グリップが、手の痛みをやわらげる・・というのは、よく言われていますね。

 

しかし・・ふつうのグリップと比べて、どのくらい違うの?

どのくらいの距離を乗ると、手にはどのくらいの負担がかかるの?

ということを体験を踏まえて語っている記事は、あまり見当たりませんでした。

 

私自身はもう5年ほど、エルゴングリップを装着した自転車を使い続けています。

なのでこの記事では、エルゴングリップの使用感って実際どう?

そんなところを解説していきます。

手のダメージは普通のグリップの「2/3」くらいになる

「手のひらの痛み」「手のひらの圧迫」「ハンドルからの振動」

エルゴングリップに換えるとこのあたりが減ることが、期待できるわけですが・・・

普通のグリップと比べるとどのくらい、軽減できるの?

 

あくまで個人の感想ですが・・・

エルゴングリップではない一般的なグリップと比べて、「2/3」くらいになった

というのが、実際にけっこうな期間使ってみての、率直な感想です。

 

圧迫や痛みは、確かに、激減と言えるくらいに減るのですが・・・

半分以下になったり、ほぼ無くなったりまではしない・・と、そういう感じですね。

 

エルゴングリップが圧迫や振動を吸収するのは、「面積の広さ」「クッション性」によるところが大きいです。

エルゴングリップはぱっと見でわかるように、握り部分が幅広くなっていますし・・

そして、分厚くて質がいいクッション材が使われていますので、そういった要素が働いてくれるわけです。

 

とはいっても、やっぱり手にかかる体重をゼロにする!なんてことはできませんので・・

ましではあるものの、結局はしびれてくる・・と、そんな感じなのです。。

 

とはいっても2/3にもなれば、かなり有利です。

なのでエルゴングリップを使う価値は、やっぱりあるよな・・と思い、私自身は現在も使っています。

エルゴングリップと「似たグリップ」と比べて、どう?

Amazonなどを探していただくと、わかるかもしれませんが・・・

エルゴングリップと「形が似ている、エルゴン製ではないグリップ」というものが結構、あります。

 

そして結論から言いますと、そういった「エルゴングリップっぽいけど、エルゴングリップではないもの」は、おすすめしないです。

 

モノによって、全然違ってはくるのですが・・

例えばエルゴングリップよりずっと安い、形が似たタイプのもの・・というのを、私も使ったことはあるのですが、
「クッション性」「滑りにくさ」の2点で、大きく劣るものでした。

 

グリップにはもちろん、クッション性や滑りにくさが必要ですし、
それはグリップに使われる「ゴムやプラスチックの質」が関わってくると思うのですが・・

やはり、コストをかけずに作られたグリップですと、
エルゴングリップそのものと比べると、どうしても「質」が落ちてきてしまうものだと思います。

 

選択は、人それぞれではあるのですが・・

私自身としてはエルゴングリップに形が似たグリップではなく、
ちゃんと「エルゴングリップ」そのものを買うことを、おすすめしたいです。

エルゴングリップを買うなら、どの種類がいい?

エルゴングリップには、いろいろな種類がありますが・・・

大きく分けると「幅広タイプ」「細身タイプ」「バーエンドバー付きタイプ」の3つに分けられます。

 

「幅広タイプ」は・・・

 

エルゴンの幅広グリップ

 

この「GP-1」タイプが代表的です。

 

このタイプは幅が広いので、てのひらの根っこ・・「手根骨」の部分までをしっかり載せることができます。

なので前述した「手のひらの痛み」「振動」を抑える効果を、じゅうぶんに発揮することができます。

 

 

もしくは「細身タイプ」として・・・

 

細身タイプのエルゴングリップ

 

この「GA3」タイプがあります。

 

このタイプはGP1ほどの幅広さはないので、面積を使った負荷の分散はしにくいですが・・

エルゴングリップならではの「クッション性の高さ」はちゃんと健在で、
衝撃の吸収力などがちゃんと高い・・というのは、しっかり実感することができます。

もしくは、手が小さめの方でも握りやすいですので、そういった面でも良いと思います。

 

 

「バーエンドバー付き」のタイプとしては・・

 

バーエンドバー付きのエルゴングリップ

 

この「GP2」タイプが定番です。

 

エルゴングリップだと、手のダメージを軽減することはできますが・・・

それでもやっぱり50kmを越えてくるくらいから、手のしびれなどが出てくるものです。

そして100kmを越えてくると、我慢できないレベルに、私の場合はなってきます。
(個人差が大きいところだとは思いますが)

 

普通のストレートグリップだけだとその場合、持ち方を変えることはほぼできませんが・・・

バーエンドバー付きだともちろん、ストレート部分・エンドバー部分を握り変えて負荷を分散できますので、かなりラクにできます。

 

目安としては、エルゴングリップをつけた自転車で「50kmクラス以上」のライドをよくするのなら、バーエンドバー付きタイプ・・

そして、あまり長い距離を乗ることはないのなら、エンドバー無しのストレートタイプ・・という選び方がいいのではないか、と思います。

 

 

今回はエルゴングリップって、どう?といったテーマでお話ししてみました。





運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

Twitterアカウントはこちら
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ