ホイールのニップルを回す方向はどっち?超絶シンプルに解説!【振れ取り】


ニップル回し

ネジは、時計回りに回せば締まり、反時計回りに回せばゆるみます

ねじを回す方向

・・・これは種類を問わず、ほとんどのネジでこうなっていると思います。

ニップルも、同じです。

そして、これさえ理解していれば、
ニップルを回す方向で悩むことはまず無くなります。

 

スポークには、ネジが切られていて、
「ニップルを回す」というのは、そのネジに対してニップルを締め込んでいくことです。

ホイールのニップル

たとえば、上の画像は一般的なホイールなのですが、
赤丸の部分にニップルがあります。

ホイールのニップル

拡大すると、こんな感じなのですが・・・

この部分は、スポーク側のほうにネジが切られていて、
そこにニップルを締め込んでいくような構造になっています。

 

そのため、向こう側にスポークがある状態にすると、
こんな感じでネジがあるのと同じことになるのです。

ねじのイラスト

こんな感じでネジがあるとイメージして、
これを時計回りに回せば締まり、反時計回りに回すとゆるむ、ということです。

ニップルを回す方向

上の画像のように、時計回りにニップルを回すと、
ニップルは締まっていきます。

ニップルを回す方向

上の画像のように、反時計回りにニップルを回すと、
ニップルはゆるんでいきます。

 

あくまで、「スポークを向こう側に置く」ことにだけ注意すれば、あとはふつうのネジと同じように、
時計回りにまわせば締まり、反時計回りにまわせば緩むことだけを考えればいいですので、
わかりやすいのではないかと思います。

回す方向がよくわからなくなったら、
一度、画像のようにスポークが向こう側にくるようにセッティングしなおしてから、
あとはふつうのネジと同じようにニップルを回すと、わかりやすいと思います。

 

 

 

基本的に上の方法で、迷ったり間違えたりすることはなくなると思うのですが・・・

注意するべきなのが、スポーク側ではなくリム側にネジが切られているホイールの存在です。

ホイールのニップル

たとえばこのホイールは、SHIMANOの「WH-6800」というホイールなのですが・・・

このホイールは、リム側にネジが切られているホイールです。

ホイールのニップル拡大

ニップル部分を拡大すると、こんな感じなのですが・・・

このホイールの場合は画像における奥側、つまりリム側に、ネジが切られているのです。

そのためスポークではなく、「リム側」に向かって、締めたりゆるめたりすることになるのです。

ねじのイラスト

ネジに置き換えると、こんな方向になります。

このネジを時計回りにまわせば締まり、反時計回りに回せばゆるむ、という関係ですね。

ニップルを回す方向

こういったホイールの場合は、上の画像のほうが時計回りになりますので、
上の画像の方向に回せば、ニップルは締まります。

ニップルを回す方向

そして、この方向が反時計回りになりますので、
この方向に回すとニップルはゆるみます。

最初に説明した、スポーク側にネジが切られているホイールとは、
真逆になるんですね。

 

私はこういうことを知らずに、いつもと同じように締めていたつもりが実はゆるめていて、
リムがいつの間にかがっつり変形していてすごく焦った・・ということがあります。

 

「リム側にネジが切られているホイール」はときどきあり、ニップルを回す方向が真逆になってしまいますので、注意が必要です。

逆にここにさえ注意すれば、ニップルを回す方向を間違えてしまう要素はほとんどなくなるのではないかと思います。

 

 

 

ホイールの振れ取りなどメンテナンスを、自分でするためには、
ニップル回しによるスポークテンションの調整はぜったいに必要です。

 

しかしニップルを回す方向は、意外に迷いやすいところで、
私も本やブログなどいろいろな情報を見てもなかなかしっくりこず、
整備するたびに迷っていたのですが・・・

上のような考え方をするようにしてからは、ニップルを回す方向で悩むことはまったくなくなりました。

もし、ホイールを整備するたびに、ニップルどっちに回せばいいんだっけ?と悩む場合は、
参考にしていただければと思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ