コンパクトな折りたたみ自転車こそが、旅に役立つ最強ツールだ!


快晴と草原

1日かけて、旅先の観光地を回ったけど、見たい場所の半分しか回れなかった。。

そんな経験はありませんか?

 

筆者は昔から、一人旅が好きなのですが・・そういう経験をすることがけっこう、ありました。

旅先までは電車や飛行機で早く到着できるとしても、
結局、旅先での移動手段は足がメインになるんですよね。

 

足でふつうに歩くと、当然ながら、時速4kmくらいでしか移動できません。

なので回りたい場所がたくさんあったり、それぞれの距離が離れていたりする場合、
なかなか回りきれないものです。

 

現地でタクシーや電車を使おうにも、
タクシーは高いですし、どこででも拾えるわけではありません。

ましてや電車は、見たい場所をつなぐように走っているわけではありませんので、なかなか使いにくいです。

 

私はこんな感じで、せっかく休暇を利用して旅に出たのに、回りたかった場所を回りきれなかったという経験が多く、
なにか良い解決策はないものか・・とよく考えていました。

 

そして・・・

最終的には、折りたたみ自転車の現地持ち込みが、すべてを解決してくれました

折りたたみ自転車こそが、最強の観光地散策ツールだと思う理由

高性能な折りたたみ自転車は、
一人での「旅」や「旅行」と、これでもか!ってくらいにベストマッチします。

 

折りたたみ自転車は、徒歩や電車といった他の交通手段と比べても、
ロードバイクなど他の自転車と比べても、「特殊」な交通手段です。

そして折りたたみ自転車特有の、いろいろなメリットがあるわけですが・・・

 

このメリットたちが、「ひとりでの旅や旅行」にバッチリ、合うんですね。

 

以下、旅や旅行を快適にしてくれる、
折りたたみ自転車ならではのメリットについて解説していきます。

① 「輪行能力」が、最強

自転車以外の交通手段・・つまり「クルマ」や「バイク」は、
遠く離れた旅先に持ち込むのは、難しいです。

 

これらを旅先に持ち込むためには、自分で運転して旅先まで行く・・つまり「自走」しか、ありませんよね。

なのでたとえば「東京から大阪」みたいに、遠く離れたところまで旅で行きたいのなら、
何時間も、自分自身で運転し、たどり着くしか無いです。。。

 

しかしこれが自転車だと、自転車ならではのスキル「輪行」が使えます。

 

いちおう解説をしますと、輪行とは自転車を折りたたんだり分解したりして、
電車とか、飛行機とか、船とかタクシーとかの他の交通機関に載せて、運ぶことですね。

これをうまく使うと、基本的に無料で、
しかも自分で運転する・・とかせずに、さくっと旅先に「足」を持ち込むことができるのです。

 

そして折りたたみ自転車だと、この「輪行」まわりの能力が、最強です。

最強というのは、ロードバイクとかクロスバイクとかの、
「他の自転車」に比べて・・ですね。

 

たとえばロードバイクだと、ホイールを外して、変速機を処理して・・といった、
「輪行作業」に、長いと数十分かかります。

対して折りたたみ自転車だと、
袋詰めとか入れた全行程でも、一分以内とかで終わることが多いです。

 

そして折りたたみ自転車は、ロードバイクよりはるかに小さくもなりますので、
「輪行」におけるストレスが、ロードバイクなどよりはるかに、少ないのです。

 

・・・と、折りたたみ自転車は、その最強の輪行能力によって、
一人旅をおもいっきり、快適にしてくれます。

② スピードも意外と速い

折りたたみ自転車は、スピードも意外と、速いです。

走る道にもよるのですが、しっかりした折りたたみ自転車だと、
軽めにこいでも時速20km、少し強めにこげば時速25kmくらいは出てくれます。

 

時速4kmの徒歩とは、次元が違う速さですね。

 

このくらい速ければ・・・たとえば、徒歩だと何十分もかかって、しかも疲れてしまうような道も・・

たったの数分とか、10分とかでびゅーんと、ラクに移動できてしまったりします。

 

たとえば駅から駅まで・・とかは、徒歩だとかなりがんばって歩くことになると思いますが、
折りたたみ自転車があれば、ひとっ飛び!です。

 

これはもう、経験していただければ一発だと思うのですが・・・
その快適さは、歴然・圧倒的です。

③ 自由

折りたたみ自転車は、どこから出発しどこへ行くのも、自由です。

 

現地で、電車やバスでの移動をメインにするなら、
駅とか、時刻表とか、乗り換えとか・・そういったものに、ガチガチに縛られてしまいます。

特に、初めての旅先だったりすると・・・
路線がよく分からなかったりとか、地名がわからなくて乗り換えミスった・・!とか、
いろいろと、ストレスになるところが多いです。

 

しかし「自転車」であれば、当然ではありますが、
路線とかいったものに縛られることは、ありません。

行きたい場所から行きたい場所まで、気の向くまま、自由に走り回ることができます。

 

なので例えば、この観光地とこの観光地を、この順番で回ろう・・とか、
完全に自由に、計画してしまうことができますし・・・

走る中で、ふと、良さそうなスポットを見つけたら、
ふらっと立ち寄って、道草を食う・・とかも、自由です。

これもやっぱり、経験していただくのがいちばんだとは思いますが、
ものすごく、快適なものです。

 

そして逆に、大きな距離をいっきに移動したいときは、かんたんに輪行できますので、
電車を使ってしまえばOKです。

上にも書いたとおり、折りたたみ自転車は最強の輪行能力を持ちますので、
輪行することになったとしても、基本的にスムーズに動くことができます。

 

 

・・・と、折りたたみ自転車を取り入れた旅は、メリットだらけでした。

もし、旅をすることが多く、1日でできるだけたくさんの観光地を回りたい!と思われる場合は、
導入されてみてはいかがでしょうか。

どの折りたたみ自転車が、旅に向いているのか?

折りたたみ自転車が良い!と言われても、折りたたみ自転車にはいろいろな種類があります。

観光地散策ツールとして導入するなら、どの折りたたみ自転車が良いのでしょうか。

 

個人的なイチオシはずばり、「ブロンプトン」です。

 

私が使っている折りたたみ自転車でもあるのですが、
車輪のサイズが同じくらいの他の折りたたみ自転車と比べると、群を抜いて、小さくなってくれます。

折りたたんだブロンプトン

「小さくなる」というのは、折りたたみ自転車にとってとても重要なメリットです。

 

重さや走行性能の低さは、カスタマイズでなんとかできますが、折りたたんだときのサイズは、カスタマイズで変えることは基本的にできません。

そしてブロンプトンレベルに小さくなると、混みやすい日本の電車でも、さほど気を使わずにさくっと持ち込めます。

 

しかし、価格が執筆時点で20万円程度と、かなり高額になってしまうのがネックです。。
中古品であれば、ヤフオクで8-10万円程度で買えますので、もし整備スキルをお持ちであったり、整備してくれる自転車店を確保できるのであれば、狙い目かもしれません。

 

性能は良いものが欲しいけど、もうすこし安く買いたい!というのは、もっともな考えだと思います。

その場合は、「DAHON」というメーカーの折りたたみ自転車がおすすめです。
このメーカーも品質には定評があり、しかも執筆時点で5万円くらいから手に入れることができます。

 

逆に1-2万円くらいの折りたたみ自転車は、観光地散策用としては、まったくおすすめできません。

一番のネックは重さです。20kgくらいあることが多いので、折りたたんだとしても持ち運ぶのはまず無理だからです。
また、折りたたみサイズも、あまり小さくなってくれないものばかりです。

 

重くて大きい自転車だと、取り回しが難しくなり、気軽には持ち運べなくなってしまいます。。

観光地散策用の折りたたみ自転車は、まず最初に「折りたたんだときの小ささ」、次に「軽さ」を優先して選ぶと、
快適に持ち運び快適に走り回れる、納得のいく一台を見つけられるのではないかと思います。

スマートフォンを活用し、さらに効率よく観光地を回る

折りたたみ自転車を使うと、速く走り回ることはできるのですが、
観光地の場所を確認できる手段がないと、特に初めての観光地ですと、迷ってしまうと思います。

 

最近だと、ナビにスマートフォンを使われる方は多いと思いますが、
観光地で折りたたみ自転車を活用したいときは、ハンドルにスマートフォンを装着して、
それを見ながら回ることをおすすめします。

目的地を探す効率が、段違いに跳ね上がりますので。

 

しかしナビにスマートフォンを使うとしても、
次から次へと、たくさんの観光地を回るためには、スマートフォンの使い方に、ちょっとしたコツがあります。

私の使っている方法にはなりますが、以下、それをご紹介したいと思います。

なお、スマートフォンはiPhoneでもAndroidであっても、うまくいくと思います。

 

方法なのですが・・まず、候補となる観光スポットを、お好みのマップツールに片っ端から登録します。

ガリレオマップにスポット登録

引用:iPhone用アプリケーション「Galileo Map」
© OpenStreetMap contributors

 

マップツールは、Google MapやApple Mapでもいいですし、
Galileo Mapのようなオフラインマップを使ってもいいと思います。

上の画像は、私が鎌倉の観光スポットを巡ったときに、事前に観光スポットをマップ上に登録したものです。

 

あとは、スマートフォンを見ながら、
北から南へ、東から西へ、のように、近いスポットから順番に回っていくだけです。

 

シンプルな方法ではありますが、
目的地をひとつ登録してそこに向かい、終わったら次の目的地をひとつ登録してそこに向かい・・という方法と比べると、
最短距離でたくさんの目的地を回れるので、とても効率がいいです。

 

私は一人旅での観光をよくするのですが、
この方法を採用してから、旅先で、時間あたりで回れる観光スポットの数が飛躍的に増加しました。

 

このブログでは他にも例えば、バッテリー消費を極限まで抑えて、スマホでナビするテクニックを紹介していたりします。

 

スマホと自転車の相性は、なかなかに良いですので・・・

スマホの、ナビとしての使い方をいろいろ試行錯誤すると、
もっと快適に、縦横無尽に観光地を走り回ることができるように、なると思います。

折りたたみ自転車を導入すると、旅がものすごく快適になるかも!

折りたたみ自転車は、旅先で観光地を巡るときの、最強ツールになり得ます。

「小さくて」「軽い」折りたたみ自転車は、さらに最強です。

 

さらに、スマートフォンなどのナビをうまく活用すると、最短距離・最大効率で、目的地を回ることができるようになります。

 

仕事などで忙しく、なかなか休みが取れない場合・・

限られた休日で、できるだけがっつりと観光をしたい!

と、思われることでしょう。

 

そのような場合、折りたたみ自転車は理想の道具になるのではないか、と思います。

 

また効率だけではなく、自転車は、歩道さえあればいつでも立ち止まることができます。

なので、ふと立ち止まって景色を楽しんだり、写真を撮ったりすることができますし・・・

しかも観光スポットだけでなくその間の道も、旅の一部として楽しむことができるようになると思います。

 

旅先で、徒歩で歩き回るのに苦労したり、
複雑な電車の路線に悩まされたりしたことのある方は・・・

折りたたみ自転車を活用すると、より快適な観光を楽しめるかもしれません。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ