セラサンマルコのおしりが痛くなりにくい、幅広サドル

折りたたみ自転車はどの種類を買う?比較し選び方を解説!


川沿いのブロンプトン

折りたたみ自転車を買おう!

でも・・どの車種を選ぶか、迷う・・!

 

折りたたみ自転車には、いろいろな種類があります。

なので、どれを選ぶか?・・は、折りたたみ自転車を買おうとするとき、迷いまくるところだと思います。

 

私自身、何年も前に折りたたみ自転車の「ブロンプトン」を購入したのですが・・

買う前はどれにするか?と散々、悩んだものです。

 

もちろん、どの折りたたみ自転車が良いか?は人それぞれです。

なので「選び方」を知った上で、どれを選ぶか?を自分自身で考えていくことになると思います。

 

折りたたみ自転車の選び方は、どうすればいい?

どんな折りたたみ自転車を選べば、後悔しない?

以下、「考え方のコツ」を解説していきます。

「折りたたみサイズ」が、まず重要

折りたたみ自転車には、いろいろなパラメーターがあります。

「速さ」、「値段の安さ」、「頑丈さ」、「軽さ」、「見た目のかっこよさ」などなど・・

そして、折りたたんだときの大きさ・・「折りたたみサイズ」も、重要なパラメーターのひとつです。

 

どのパラメーターを重視するか?も人それぞれなわけですが、私自身の考えとしては・・

「折りたたみサイズ」が、自転車のパラメーターのなかで一番重要

だと思います。

 

理由は、折りたたみサイズが少しでも小さいと「輪行」が圧倒的にラクになるからですね。

特に日本は、混んだ電車が多いですので・・

折りたたみサイズを数cmでも小さくできれば、狭い電車の中でも、
あ、ここは折りたたみ自転車を置ける!という場所が、かなり増えていくものです。

 

なので、折りたたみサイズが小さい自転車を選ぶ!というのが、
折りたたみ自転車で迷うときには、まず考えておくほうがいいことなのでは・・と思います。

 

 

では、折りたたみサイズが小さい自転車って、どれ?

ここは「ブロンプトン」か?「極小径車」か?

の2択になってきたりします。

折りたたみサイズ重視①:ブロンプトン

折りたたみサイズが小さい自転車・・

で、まず挙がってくるのが「ブロンプトン」です。

 

飛び抜けて折りたたみサイズが小さいブロンプトンの、詳しいサイズ感について解説しています。

 

ブロンプトンの「具体的なサイズ感」については、上の記事で詳しく解説しているのですが・・

ブロンプトンはだいたい「18インチ」という、折りたたみ自転車としては大きめのホイールサイズがあります。

なので折りたたみ自転車の中でもスピードとか、段差を越える能力・・といったものが普通に高いです。

 

そしてその「ホイールサイズが大きめ」タイプの中では、ブロンプトンは圧倒的に小さくなります。

比べる折りたたみ自転車にもよるのですが・・比べる部分によっては「20cm」くらい差がつく場合もありますね。

それだけ違うと、輪行における持ち運び・・といったものは圧倒的に、快適になります。

 

と・・

◇折りたたみサイズが、小さくなる自転車が欲しい!

◇でも、走行性能もあんまり犠牲にしたくない・・

 

そんな場合は、ブロンプトンが一番!・・と、私の意見としてはそう思います。

折りたたみサイズ重視②:極小径車

もっともっと、折りたたみサイズが小さい自転車が欲しい!

走行性能をある程度下げてでも、電車での持ち運びを最強にしたい!

 

そんな場合は「極小径車」が、良い選択になるかもしれません。

 

極小径車とは、ホイールサイズがふつうの折りたたみ自転車と比べても、大幅に小さく・・

そのかわり折りたたみサイズが、極限まで小さくなる!・・といった感じの自転車です。

車種としては「パシフィック キャリーミー」とか、「PECO」とかが、
この記事を書いている現在、売られています。

 

極小径車のホイールサイズは一般的には、8インチとかが多いですね。

もちろん、「16インチから20インチくらい」が一般的な折りたたみ自転車の中では、
小さすぎるくらいに小さいホイールです。

 

そして、車種にもよるのですが・・

極小径車はブロンプトンの半分くらいの幅にまで、小さくなる場合もあります。

それだけ小さいと・・混雑した電車内なんかでも、なにも気にせずスイスイ持ち込めるくらいになってきますね。

 

とはいえ・・デメリットとして走行性能は、かなり低くなってしまいます。

もちろんホイールが小さいと、速く走っているとき安定しにくいですし、段差にも弱くなりますよね。

 

なので極小径車は歩道メインで、ゆったりまったり走るスタイルがメインになってきます。

車道の高速走行も、べつに禁止されているわけではないですが・・

バランスを崩して落車するリスクがある程度上がるはずですので・・あまり、おすすめはしないです。

 

・・と、「折りたたみサイズの小ささ」を極限まで求めたい!

というのであれば、「極小径車」という選択肢もアリだと思います。

「走行性能」メインなら、こんな選択肢がある

折りたたみサイズは、そこまで小さくならなくて良いので・・

「走行性能」が、できるだけ高い折りたたみ自転車が欲しい!

そういう考え方であれば、スピードを重視したタイプの折りたたみ自転車もあります。

 

この領域には、かなりいろいろな自転車があるのですが・・

まず押さえておきたいのは、ホイールが20インチである、というところです。

 

自転車は基本的には、ホイールが大きいほうが速くなります。

これはスピード系自転車の王様「ロードバイク」が、27インチくらいという大型ホイールを採用していることからも、そうですよね。

 

そして「折りたたみ自転車」における、最大サイズのホイールは20インチくらいです。

そしてホイールサイズが、スピードに与える影響は大きいので・・

スピードを重視!という方向性なのであれば、まずはできるだけ大きいホイールを!
・・というところを押さえておくほうがいいと思います。

 

具体的には、どんな車種がある?

たとえば「タルタルーガ」とか、「タイレルFX」とか・・

もしくは「KHS F-20RC」といったものが、20インチの高速タイプ・・という条件を満たしますね。

 

Birdy」という自転車もあり、知名度的にはこれのほうが高いのですが・・

これはホイールサイズが「18インチ」とひとまわり小さく、巡航能力はすこし落ちるのではないかと思います。

 

20インチの折りたたみ自転車だと、軒並み折りたたみサイズは、かなり大きくなってしまうものが多いです。

なので電車に乗る時は、載せる場所などかなり気をつけないといけなくなりますが・・

ここはまあ、スピードとのトレードオフ、ですね。

 

と、折りたたみ自転車に「速さ」をいちばんに求めるのなら・・

「ホイールサイズが20インチ」を条件として選んでいくと、良いものが見つかるかもしれないです。

 

「速さ」を求めて折りたたみ自転車を選ぶときの、重要ポイントを解説しています。

「安くて性能がいい」ものを求めるなら、これ!

性能が良い折りたたみ自転車が欲しい・・

でも、できるだけ「安い」ものが良い!

 

もちろん、アリな視点だと思います。

いくらでもお金を出せる!という人は少ないですし、
できるだけコスパ良く、いいものを手に入れたい・・というのは、自然な考えだと思います。

 

とはいえ・・いくらなんでも「1-2万円」とかだと、いわゆる「粗悪品」しか手に入りません。

ママチャリならそのくらいでも、ある程度使えるものが買えるかもしれませんが・・

「折りたたみ自転車で」そのくらい・・となると、
まともに折りたためないとか、めちゃくちゃ重くてまともに持ち運べないとか・・そういったものになってきます。。

 

このあたりの詳しいことは、

 

1-2万円の折りたたみ自転車はやめておいたほうがいい!そう思う理由を詳しくお話ししています。

 

上の記事にも書きましたが・・

ある程度品質のある折りたたみ自転車が欲しいなら、現代だと少なくとも6-7万円くらいは必要だ・・と感じます。

 

そのくらいの価格で、どこから折りたたみ自転車を買えばいいの?

ここは「DAHON」が鉄板だな、と思います。

 

DAHONは折りたたみ自転車を探すなら、必ず一度は目にする・・と言えるくらいの、有名メーカーです。

作っている自転車の品質も、良いと思います。

 

そして、作っている製品は年度によって変わりはするのですが・・

この記事を書いている時点だと、「Route」という車種が6万円くらい、
「Boardwalk」という車種が7万円くらいで売られています。

それぞれ、DAHONではかなり長い間売られ続けている、ロングセラーのようですね。

 

DAHONという、ある程度しっかりしていると思われる企業から、
6-7万円くらい出して、折りたたみ自転車を買う・・

であれば「まとも」な品質の折りたたみ自転車が、ちゃんと買えると思いますし・・

このあたりが「安い値段で、できるだけ良い折りたたみ自転車を買う!」と考えたときの、
最適解になってくるのかな・・と感じます。

 

 

この記事では折りたたみ自転車の選び方をテーマに、お話ししてみました。

 

関連記事
軽さ?乗り心地?それぞれを重視したサドルの選び方を解説しています。

 

歯数は?変速段数は?グレードは?・・さまざまなポイントに注目しながら、スプロケットをどう選ぶかを解説しています。

 

自転車本体に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ