ブロンプトンは坂道に弱い!って、果たして本当?


壮大な坂道

ブロンプトンは、坂に弱い自転車です。

・・・と、よく言われています。

 

実際、私もブロンプトンを買う前は、いろいろ調べていたのですが・・・

ブログなどを見ていると、ブロンプトンは坂がきつい!・・とか、
他の折りたたみ自転車と比べて、坂に弱いのが弱点だ・・とか、
そういった情報を、よく見かけました。

 

実際、ブロンプトンは坂に弱い自転車なの?

他の折りたたみ自転車よりも、登れないの?

 

・・それとも、そんなことは無いの??

 

私はもう7年ほどブロンプトンに乗っていて、坂道を走ったこともたくさんありますので、
この記事ではそんな疑問に答えていきます。

ブロンプトンは「乗車フォーム」が、坂に弱い

まず、結論からなのですが・・・

 

ブロンプトンは、他の折りたたみ自転車より

少しだけ、坂に弱い

と、個人的な感想としては、こう思います。

 

その、理由なのですが・・・

ブロンプトンは、乗車ポジションが、
他の折りたたみ自転車と比べて「アップライト」ですよね。

 

ブロンプトンの乗車ポジション 公式サイトより

ブロンプトン英国公式サイトより画像を引用

 

こんな感じで、上半身が起きた、
ロードバイクとかよりも、どちらかというとママチャリに近いポジションで走るものです。

 

そしてこの、上半身が起きまくったポジションは、坂を登るのにあまり向かないのです。

というのも・・上半身が起きた状態だと、坂を登るときに、
簡単に「後傾」してしまうからです。

 

坂を登るときは、坂の斜度ぶんだけ、身体の軸が後ろに傾きます。

そして最初の状態が、まっすぐに近い、前傾していない状態だと、
坂によって後ろに転がり落ちるくらいにまで、後傾してしまうのです。

 

そして「後傾」は、自転車のスピードを殺してしまう重大要素です。

 

なので、ブロンプトンが坂を登るのに苦労するのは、
軸が「後傾」しやすいからなんだなぁ・・と、感じました。

 

とはいえ、ブロンプトンが坂を苦手とする要素は、
そのくらいだと思います。

 

一般的によく言われるのは、「重さ」です。

 

確かにブロンプトンは、重い鉄製の自転車ですし、
同じくらいの価格帯の、他の折りたたみ自転車と比べて、だいたい1kgくらい重いものなのですが・・・

とはいえ、たった1kgくらいだと正直、レースとかをしないのなら誤差の範囲だと思います。

 

おそらく、1kg違う2台の自転車を、どっちが重いかわからない状態でそれぞれ乗り比べてもらって、
どっちが重いか正確に答えられる・・という人は、なかなか、居ないでしょう。

 

そしてブロンプトンは、「剛性」とか、「ダンシングのときの安定感」とかいった、
登りに必要は他の要素は、じゅうぶんに高いレベルだと思います。

 

と、総合的に見て・・・

ブロンプトンは、BirdyとかDAHONとかの他の折りたたみ自転車と比べて、
登りの能力は「少しだけ劣る」なぁ・・というのが、
いろいろと使ってみての、感想です。

「ギア比」を下げてしまうのも、ひとつの手

ここまで読まれて、自転車趣味の方であれば、
「ん?ギア比の話は??」・・と、もしかしたら思われたかもしれません。

 

そうです。ブロンプトンはギア周りが貧弱で、段数が少なく、
細かい変速ができませんので、ギア的にも登りに不利なんですね。。

 

しかしここは、「軽めのギア」にしておけば、基本的に解決します。

 

もともとブロンプトンで、そんなにスピードを出してかっ飛ばすことは、しないはずです。

もちろん、かっ飛ばしても全然良いのですが・・・

ブロンプトンは自転車の性格としては、どちらかというと「まったり系」とか「ポタリング系」でしょう。

 

なので坂に対応させたいのなら、最初から、全体的に軽めのギアに調整しておけば、
軽いギアが全然無くて、登れない・・!とかには、なりにくいと思います。

 

 

・・・と、ブロンプトンは他の折りたたみ自転車たちと比べると、
確かに少しだけ、坂には弱いよなぁ・・というのが、
いろいろ試してみての、感想です。

 

しかし「坂に弱いから、ブロンプトンはやめとこう!」と思うほどの、要素でも無い・・とも、思います。

後傾とかは例えば、ハンドルバーを前に出す裏技とかを使えば、けっこうカバーできますし・・・

 

ブロンプトンで坂、実際どう?という疑問の、
なんらかの参考になれば、幸いです。

 

関連記事
ブロンプトンの整備に必須の工具を、「まず集めたほうがいいもの」を中心にまとめて紹介しています。

 

ブロンプトンを盗難から守るのに最適な、頑丈で持ち運びやすいU字ロックを解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ