地図表示できるガーミンウォッチ

ガーミンウォッチに地図を入れる方法を、具体的に解説


ガーミンウォッチに地図を表示

ガーミンウォッチに、地図を入れる!

これができると、ものすごく便利です。

 

私自身、「ガーミンフェニックス」というシリーズのウォッチを、自転車ナビに愛用しています。

そしてその中に、日本地図データを入れているのですが・・

手首をあげるだけでサッと地図が確認できるので、かなり優秀です。

 

しかしガーミンウォッチに地図を入れるのは、場合によっては、ちょっと難易度が高いかもしれません。

少なくともスマホにアプリをさくっと入れるよりは、手間が多いです。

 

なのでこの記事では、ガーミンウォッチに地図を入れるには、具体的にどうすればいいの?

そんなところを解説していきます。

「プリインストール」タイプを買えばいちばんラク。だが・・

まずは、正攻法からです。

地図がプリインストールされた、日本語版を買う

これがいちばん簡単です。

 

例えば、この記事を書いている時点だと、

 

ガーミンの地図プリロード済みスマートウォッチ

 

この「ガーミン Fenix 6X」の日本正規品だと、条件を満たすようですね。

 

ガーミンウォッチの情報はガーミン日本公式サイトから得るのが、いちばん正確だと思います。

そしてそのサイトの、仕様情報ページに・・

 

6Xのマップ搭載情報

ガーミン日本公式サイト Fenix 6X製品情報ページより引用

 

とあるように「旺文社地形図」と「詳細道路地図」がプリインストールされているようですね。
(仕様は変わることなどあり得ますので、正しい情報はご自身でご確認ください)

ガーミンウォッチにはこういったタイプの他に「地図がプリインストールされていない」「そもそも、地図をインストールできない」といったタイプの製品がありますので、
ここの確認はすごく、重要です。

 

こういった「地図プリロード済み日本正規品」タイプの製品を買えば、最初から日本語地図が入っていますので、なにも難しいことはありません。

「地図を入れる作業」なんてものも必要なく、最初からマップが使えます。

ので、最初からそういった製品を選ぶ!というのが、いちばん簡単・確実な選択肢だと思います。

 

 

しかし・・

このタイプの製品には、大きなデメリットがあります。

ずばり・・値段が高い、ということですね。

 

製品によって違いがありますので、一概には言えませんが・・

たとえば「海外仕様の並行輸入品」といったタイプと比べると、
価格は実に、2倍以上になることも多いです。

値段にして、数万円の差ですね・・

 

もちろん何を選ぶかは、完全に個人の自由ですので、否定するつもりなどは全くないです。

しかし私自身はちょっと、さすがに高すぎるな。。と思い、このタイプは見送りました。

 

そしてかわりに以下の方法で、比較的安価に、地図のインストールを実現しました。

「海外仕様品にオープンストリートマップをインストール」がおすすめ

ガーミンウォッチに地図を入れる、ふたつめの方法・・

それは「海外仕様品」に「オープンストリートマップ」を入れる

という方法です。

 

オープンストリートマップについては、

 

オフラインでの自転車ナビに最適な、「オープンストリートマップ」について解説しています。

 

上の記事でも詳しく解説していますが・・

つまりは無料でダウンロードして使える、オープンソースのマップデータのことですね。

みんなでデータを編集して作る、地図版ウィキペディアみたいなサービスです。

 

グーグルマップのデータといったものは規約の関係上、勝手にダウンロードして使うことはできないのですが・・

このオープンストリートマップは自由にダウンロードして、スマホやナビデバイスに入れて使うことができます。
(実際の規約などについては、ご自身でもご確認ください)

もちろんガーミンウォッチにも、インストール可能です。

 

ガーミンウォッチの海外仕様品を買っても、日本地図は入っていないわけですが・・

このオープンストリートマップをインストールすればふつうに、表示できるようになるわけですね。

 

実際に、街中をちょっと拡大して表示してみても・・

ガーミンウォッチに地図を表示

こんな感じで、そこそこ高い情報の充実度があると思います。

 

自転車ナビ用途でももちろん、あるべき道がぜんぜん表示されない!道が現実とぜんぜん違うふうに表示される!・・なんてことも無く、
普通にちゃんと、道を表示してくれます。

 

そして、この方法のいちばんのメリットは値段が安いことですね。

ガーミンウォッチの海外並行輸入品といったものは、日本正規品と比べて実に半額以下の値段で買えることも多いです。
(日本Amazonではなく、例えば米国版のAmazonとかで安く扱われている場合が多いです)

モノにもよりますが、日本正規品は10万円以上するところを、海外仕様品だと5万円くらい・・とか、そんな感じですね。

もちろんこれは圧倒的なメリットだと思いますし、私自身、これがあるので海外仕様品を使うことにしました。

 

それでは・・以下、ガーミンウォッチにオープンストリートマップをインストールして地図を使えるようにする、
具体的な方法を解説していきます。

オープンストリートマップをインストールする、具体的な方法

まずは、オープンストリートマップのデータがないと始まりません。

マップデータは・・

 

 

上のいずれかのリンク先から、ダウンロードできます。

リンク先サイトが無くなってしまうことがありますので、知っているリンク先をすべて挙げてみましたが・・

とりあえずは「①」のサイトから、日付が新しいデータをダウンロードしてみるのが一番だと思います。

 

ダウンロードしたデータを解凍すると、「.img」形式のファイルができあがると思います。
(①からダウンロードした場合は「gmapsupp.img」ができるはずです)

そしてガーミンウォッチはパソコンにUSB接続すれば、中身のデータが見られる状態になるはずですので・・

そこからガーミンウォッチの中にぽん、とデータを入れるだけです。

それで、その次のガーミンウォッチ起動のとき自動的に、地図が読み込まれるはずです。

 

このあたりはウォッチに限らず、たとえば「ガーミン Edgeシリーズ」といったナビ専用機でも同じだと思います。

なのでガーミンウォッチは使ったことがないけど、他のガーミンデバイスは使ったことある・・という人だと、すぐに適応できるでしょう。

 

注意点として・・オープンストリートマップのデータには、「英語版」と「日本語版」の2種類があります

そして私としては、「英語版」のほうをおすすめします。

(上で紹介した「①」のリンクからダウンロードした場合は、英語版になっているはずです)

 

英語版は、

地点名が英語表示されたFenix

こんな感じで、地点名などがローマ字で表示されるタイプのマップで・・

日本語版はこれら地図上の文字が、日本語表示されるタイプですね。

 

日本語版のほうが分かりやすくて良いのでは?・・と思われるかもしれません。

しかし海外仕様のガーミンウォッチはもちろん、デフォルトでは日本語に対応していませんので、「対応させる処理」が必要になるのですが・・

これがけっこう複雑で、難しいのです。。

 

私自身、海外仕様品に日本語マップをインストールして使ったことはあり、一時は成功していたのですが・・

Fenix 日本語マップ認証エラー

ある時こんな感じで「認証エラー」が出て、いきなりマップが読み込めなくなったり・・など、トラブルが続出したので結局、不採用としました。

 

あとは自転車ナビの最中に、文字をじっくり読む・・なんてこともありませんので、英語でも特には問題ないと思います。

なので私自身は日本語の導入は早々にあきらめて、英語版マップを使うことにしました。

英語版マップであれば特にトラブルなく、スムーズに導入できると思います。

 

もし、どうしても地図は日本語表示がいい!という場合は、
上で紹介しました「地図プリロードの日本正規品」にしておくほうがいいと思います。

 

 

・・と、ここまでで説明しました方法で、海外仕様のガーミンウォッチでも問題なく地図が表示できるようになるのでは、と思います。

 

注意点としては・・そもそも「マップ非対応」の機種を選ばない、ということです。

日本仕様・海外仕様を問わず、ガーミンウォッチには「マップ表示に非対応の機種」があります。

そしてマップ非対応であればもちろん、オープンストリートマップを使おうが、地図を表示させることはできません。

 

ガーミンウォッチの仕様は、上でも述べたようにガーミン日本公式サイトから確認するのがいちばんだと思います。

マップ機能が欲しい場合は、これをじっくりと確認し、間違えずに「マップ表示対応」タイプの製品を選びましょう。

 

この記事ではガーミンウォッチに地図を入れる方法を解説してみました。

 

関連記事
優秀アウトドアウォッチの「ガーミンウォッチ」を、ロードバイクのナビに使うためのノウハウを解説しています。

 

ガーミンウォッチに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ