地図表示できるガーミンウォッチ

ガーミンの並行輸入品は英語版だけど、日本正規品とどっちがいい?


ガーミンウォッチ

ガーミン製品には「日本正規品」「並行輸入品」があります。

 

例えばAmazonなどの通販サイトで・・

ガーミンのナビ専用機、サイクルコンピューター、スマートウォッチなどを検索すると、
「日本正規品」と書いてある製品と、「並行輸入品」と書いてある製品とがあると思います。

 

そして・・どちらを選ぶのか?というのはかなり、重要な選択になります。

どちらを選ぶかで、かかるお金とか、使いやすさとか、いろいろな面がすごく変わってくるからですね。

 

なのでこの記事では、ガーミン製品の日本正規品と並行輸入品はどう違うの?

それぞれのメリット・デメリットは?買うならどっち?

そんなところを解説していきます。

並行輸入品のデメリットは「日本語に対応できない」こと

まず・・

「並行輸入品のデメリット」

ここを解説していきます。

 

並行輸入品はその名の通り、「並行輸入」されたものです。

つまりはアメリカとかヨーロッパとか、そっちで売っているものを、
他のいろいろな物といっしょに輸入してきているわけですね。

なので物品としては、アメリカやヨーロッパで売られているものが、そのまま手に入ることになります。

 

そして並行輸入品の、いちばんの特徴は・・

日本語に一切、対応していない

ということです。

 

ガーミン製品が日本で売られる場合は、日本語に対応させるために、ソフトウェアからカスタマイズされます。

それがされていないわけですので・・日本語の文字を表示するとか、そのへんからまったく出来なくなるわけですね。

 

これが、どんなデメリットを生むか?

まず「地点」や「ルート」といったものを、日本語で登録できなくなります。

例えば「糸島一周サイクリング」みたいなコース名を登録しても、文字化けしてまともに表示できませんので、
「Itoshima Around Cycling」みたいなコース名にするしか無いわけですね。

 

また「地図」の上に表示する文字も、日本語に対応できません。

なので例えば、よく売られている「日本語の国土地理院地図」みたいなものをインストールしても、
文字部分は文字化けしてしまいますし・・

ガーミンデバイスは周囲の駅などの「地点」を検索できますが、
そういった地点も日本語名の場合は、すべて文字化けして表示されてしまいます。

 

もちろん設定画面もすべて英語ですし、エラーの通知文章なども英語ででてきます。

 

並行輸入品を改造して、日本語表示できるようにする方法も、有るにはあるのですが・・

かなり難しいですし、機種のアップデートなどで無効化されることも多いですので、
私としては微妙な方法だな・・と思いました。

 

というふうに、並行輸入品を買った場合は、

すべてのデータを、英語で閲覧・入力するしか無い

というのが、最大のデメリットになります。

 

 

しかしここは、もう開き直って「英語だけを使う」ようにすれば、解決します。

ガーミンデバイスを使うなら、走ったコースに名前をつけたりは何度もするはずですが、
そのときに毎回、英語だけで登録するようにしたりとか・・

 

もしくは例えば、マップをインストールする場合なんかも、

 

無料の方法を含め、ガーミンのデバイスに地図をインストールする方法を解説しています。

 

上の記事に詳しく書いていますが、「オープンストリートマップ」といったところからデータを入れるようにすれば、
英語文字だけが使われた日本地図が、無料で手に入ります。

 

私自身、並行輸入品・英語版のガーミンデバイスばかり使っていますが・・

最初から割り切って英語だけで使うようにして、特に問題になるところもなく、快適に使えています。

並行輸入品のメリットは「安い」こと

英語しか使えない・・というのはもちろん、デメリットです。

日本語が使えるのなら、使えるに越したことはありませんよね。

 

では・・そのデメリットを押してでも使いたくなる、「並行輸入品のメリット」はいったい何?

安い

これに尽きます。

 

製品によって違ってきますので、一概に比べるのは難しいですが・・

並行輸入品は日本正規品の「半額」くらいで買えることが多いですね。

日本正規品が10万円のデバイスのところ、5万円で買えるわけですので・・わりと、圧倒的な差だと思います。

 

並行輸入品も日本正規品も「日本語に対応するか?しないか?」以外は、基本的には変わりありません。

なので日本語対応のところだけは割り切ってしまって、価格的なメリットを取る!

と、たとえば私自身はそういう選択をしています。

「日本正規品」を買うほうがいいのは、こんな人!

それでは・・「日本正規品」を買っておくほうがいいのは、どんなタイプの人なんでしょうか?

 

一番はもちろん「日本語対応がほしい」場合ですね。

日本語で地点が表示される地図、日本語による地点検索・・

もちろんかなりのメリットですし、ここが外せない!という場合は日本正規品を買うしか無いはずですので・・

 

もうひとつは日本正規の保証が欲しい、という場合です。

保証の内容とかは、購入するショップなどによって変わってきますので、ここで一概には言いにくいですが・・

たとえば日本正規代理店による、破損時の修理・・といったサービスは、
海外版の並行輸入品ですと、受けられないはずです。

 

もちろん並行輸入品でも、海外ガーミン本社による保証はつきますし(英語でのやりとり・海外への輸送などが必要になるでしょうが)、
Amazonなど通販サイトからの保証もうまく利用したり・・で、何とかなるところではあります。

とはいえ・・いろいろな条件を比べてみて、日本正規販売店・代理店の保証が欲しい!

そういう場合は、日本正規品を買うことになると思います。

 

 

今回はガーミンデバイスの「並行輸入品」と「日本正規品」は、どっちがいい?といったテーマでお話ししてみました。

 

関連記事
優秀アウトドアウォッチの「ガーミンウォッチ」を、ロードバイクのナビに使うためのノウハウを解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ