ロードバイクのクランク長を170cmから175cmにしたら、180cmまで伸ばしたくなった


175mmのクランク

クランクの長さを5mm変えると、
乗り味が、びっくりするくらい変わりました。

 

クランクの長さは、自転車のパーツの中でも、
ちょっと変えるだけでまったく別の自転車のように変わってくる、
「換えごたえ」がすごい部分だと思います。

 

私が最初に購入したロードバイクのクランクは、170mmだったのですが、
長年、自分の自転車のクランクが何mmなのか・・といったことも知らずに、乗っていました。

しかし・・とある自転車雑誌の記事で、「クランク長を伸ばす」ことが奨められているのを見た私は、
自転車整備に興味を持ちいろいろ試していたこともあって、
よし、いっちょ、クランク伸ばしてみるか!・・・と、5mm伸ばして175mmにしてみました

 

・・・別の自転車に乗り換えたレベルで、乗りやすさが変わりました

 

まず、最初の加速がものすごくラクになりました。

クランクはテコですので、長い方が、掛けたのは同じ力でもより強いトルクで回せるのですが・・・

170mmのときは、ぐっ、と力を入れないと進まなかったのですが、
175mmにすることで、軽い力でスッ・・・と進むようになった、と感じました。

 

そして、上りもかなり、ラクになりました。
同じくらいの力でも、ぐんぐんペダルが回るので、
すぐに疲れることや、脚が「売り切れてしまう」ことも減りました。

 

もちろん、一概に、クランクを伸ばせばいい!ということが書きたいわけではないです。

一般に、クランクは長い方が、テコが長くなるので、力強く回すことができるようになり、
短いほうが、円の軌道が小さくなるので、素早くくるくると回しやすくなります。

身長や脚の長さから、適切なクランク長を計算する方法もありますが、
最終的にどのクランク長が「合う」のか?・・というのは、人それぞれだと思います。

 

私の場合は、乗り方に長いクランクが「合って」いたので、
たった5mm、クランクを伸ばしただけで、ものすごく乗りやすくなった!・・と感じたのでしょう。

そして場合によっては、たとえば170mmから165mmに、5mm、クランクを短くすることで、
「劇的に回しやすくなった」と感じられるかもしれません。

クランクは、長くするにしろ短くするにしろ、
たった5mmで、ものすごく大きな影響があるので、
ご自身に合ったクランク長を、5mm刻みで探していき、
合うクランク長を探し出すことができれば、大きなメリットがあると思います。

 

もちろん、現在のクランク長が合っている場合もあるでしょうから、
無理して換える必要は無いのですが・・・

たとえば日々、ロードバイクなどの自転車に乗る中で、
「もっと大きい軌道で、足をぐんぐん回したい」という感覚や、
「もっと小さい軌道で、足をくるくる回したい」と、感じられるかもしれません。

その場合は、もっと長くなればいいなぁ・・短くなればいいなぁ・・といった感覚にあわせて、
長くする・短くする、を考えればいいのではないか、と思います。

 

そして私は、クランクを175mmにしても、
さらに「もっと大きく脚を回したい」と感じるようになりました。

おそらく私には、長いクランクが合っているのでしょう。

 

175mmのクランクにも、いろいろあるのですが・・・

 

シマノの175mmクランク(ティアグラグレード)

 

私はこれを採用しました。

グレードとしては「ティアグラ」で、上位のアルテグラやデュラエースに比べるとかなり廉価なものですが、
シマノは低めのグレードでも品質がよく、レースをしない私ならじゅうぶんな性能があるだろう・・と思ったからですね。

結果としては正解で、剛性も回転のスムーズさもおしなべて優秀なクランクだと思いました。

 

 

175mmの上といえば、177.5mmか、もしくは180mmしかありません。
(それ以上のクランクは、私が探した限りでは存在しないようでした。地面とぶつかってしまいますのでそのあたりが限界なのでしょう)

そして・・・180mmのクランクは、この記事の執筆時点で、
シマノの最上級パーツグレード「デュラエース」くらいにしか無いようです。。

価格としては、5万円程度。。。クロスバイクが1台買えてしまいます。。。

さすがにクランク長を伸ばすためだけに、そこまでのお金は出せません。。
泣く泣く、クランク長を「さらに5cm伸ばすチャレンジ」は、諦めることとなりました。。。。。

シマノ様、できればアルテグラか105グレードで、
180mmクランクを出してください・・・(懇願)

 

クランクの交換は、専用工具も必要になりますし、
できれば、トルクレンチもあったほうがいいです(おすすめトルクレンチはこの記事に書いています)。

なのでもし、自転車専用工具をまだあまりお持ちでない場合は、けっこうな冒険になってしまうかもしれませんが・・・

 

サドルの交換やハンドルの交換など、その他のパーツ交換と比べて、劇的な差が出やすいところですので、
もし、現在のクランク長より「長いほうがいい!」「短いほうがいい!」と感じられるのであれば・・・

思い切って換えてみると、新たな世界が開けるかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ