スギノのクランクってどう?剛性が高い・・は本当?


スギノのクランク

スギノのクランクは剛性が高い!とか、よく言われているけど・・

実際には、どんな感じなの?

 

ロードバイクやクロスバイクのクランクは、大半が「シマノ」製です。

ほとんどの場合で、最初からついているのがシマノ製だから・・というのが、そのいちばんの理由でしょうが・・

 

しかし「スギノ」のクランクもけっこう、定番です。

クランクを探すなら、品質がいいもの!しっかりした作りのもの!と考えられるのは、当然なのですが・・

スギノのクランクはそのあたりをちゃんと満たす、質がいいものだ・・と、よく言われています。

 

しかし、それって本当なの?

実際に長年使ってみての、経験談が聞きたい!

そういったニーズに答える記事は、あまり無いように思います。

 

私自身はもう5年ほど、とある自転車にスギノ製クランクを装着していて、
シマノなど他社製のクランクと交換して、比べてみたこともあります。

なのでこの記事では、スギノのクランクって実際どう?

そんなところを解説していきます。

「剛性が高い」は、本当だと思う

スギノのクランクがよく言われているのは、「剛性が高い」ということです。

剛性が高いということは、掛けたパワーがふにゃふにゃと逃げてしまうことなく、
ちゃんと、ホイールまで伝わってくれる・・と、そういったことですね。

 

そして、あくまで個人の感想にはなるのですが・・

いろいろと使い比べてみて、「スギノのクランクは剛性が高い」は、本当!だと思いました。

 

まず、スギノのクランクは「芯」がしっかりしていると思います。

どんなものでも、「芯」がしっかりしていないとブレたり、ぐらついたりするものですが・・

スギノのクランクは強いパワーをかけても、ブレたりたわんだりすることなく、
カチッ!と脚の力を受けとり、そしてホイールまで届けてくれる・・という感覚があります。

 

このあたりはもう完全に、個人の感覚ですが・・笑

しかし例えば、シマノの「ティアグラ」クラスのクランクと比べてみると、違いははっきりと分かります。

最高ランクの「デュラエース」あたりと比べてみれば、また違ってくるのかもしれませんが・・

 

そして剛性が高いと、パワーを余すところなく推進力に変えられますので、そのぶん有利です。

平地だとこのあたりは実感しにくいところかもしれませんが・・「登り」だとはっきりした差になりやすいですね。

必死でパワーをかけているときの「ぐにゃぐにゃ感」が少ないと、もう、圧倒的に快適です。

 

剛性は一概に、高ければ高いほどいい!というものでもなくて、
適度な剛性の、脚に優しいクランクのほうがいい!という考え方もあったりしますが・・

とはいえ「剛性が高いクランク」が欲しいのであれば、スギノのクランクを選んでおく!

というのは、そう大きな間違いにはならないのでは・・と思います。

 

スギノのクランクには、いろいろあるのですが・・

 

 

上のものは、フロントシングル用にはなるのですが、
価格も比較的リーズナブルで、良いのではないか・・と思います。

私自身、上の製品のちょっと旧型のものを使っていたりします。

 

この記事では「スギノのクランクって、どう?」

そんなところを解説してみました。


運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagramPinterest
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ