ビンディングペダルはいらない?こういうケースなら、必要です


片面ビンディングペダル

ビンディングペダルは、いらないのでは?

フラットペダルのほうが良いのでは?

 

でも・・本当にいらないのか、わからない・・・

やっぱり、ビンディングペダルの良さも気になる・・

 

この記事ではそんな「ビンディングペダル vs フラットペダル」で悩んでいる方に対して、
こんな場合はいらない、こんな場合は必要・・といった考え方を紹介していきます。

まず、そもそも「向き不向き」がある

まず、当たり前のことを言ってしまいますが・・・

何にだって、向き不向きがあるはずです。

 

たとえばスポーツだと、テニスに向いている?向いていない?とか、
格闘技に向いている?向いていない?とかが誰にでもあるでしょう。

そして基本的には、「向いていないこと」にさんざん力を注いだところで、
うまくいくことは少ないはずです。

 

ビンディング・フラットペダル論についても、同じことが言えます。

ビンディングペダルというのはかなりの「特殊なもの」ですので、人によって向き不向きが激しく、
どうしても自分にビンディングペダルは向かない・・!となる人は出てくるはずです。

 

向かない場合の例としては、たとえばビンディングペダルを使うと膝が痛くなる・・!とか、
ビンディングペダルでけっこう練習したけど結局、フラットペダルとスピードがぜんぜん変わらない・・とかいう場合ですね。

ビンディングペダルは足を瞬時に外せなくなるデメリットがあるぶん、スピードなどにメリットがあるはずですが・・・

それでもフラットペダルと全然変わらない場合は、自分はビンディングには向かないな・・と思っていいと思います。

 

逆に、明らかにビンディングに向く人も、居ると思います。

フラットペダルだとぜんぜん長距離走れなかったのに、ビンディングに変えたとたん、めっちゃ走れるようになった!とか・・

もしくは単純に、ビンディングペダルを使うときのほうが感覚的にしっくりくる・・とかですね。

 

そういう向き不向きにおいて、自分はビンディングに向いている!と感じるのなら、迷わず使えばいいですし・・・

逆にどうしてもビンディングはしっくりこない・・向かない・・と感じるのなら、無理して使う必要はないと思います。

 

もちろんプロのロードレーサーとしてレースに出るのなら、そんなことは言えないですし、
選択の余地なく、絶対ビンディング!となっていくはずですが・・・

そうでないのなら、個人個人の「向き不向き」に従ってビンディングを使うか?使わないか?を考えていくのが、
いちばん基本的なところになるのではないか、と思います。

ビンディングペダルの、フラットペダルと比べたメリットデメリットはこれ!

では、ビンディングペダルを選ぶと、どんなメリットがあるのか?

当然ではありますが、靴をペダルにバチッと接続できるシステムなわけですので、
それにまつわるメリット・デメリットになってきます。

 

例えばペダルを「引き上げる」ときにもパワーを掛けられますので、スピードをさらに上げられる可能性はありますね。

しかし「引き足を使わない乗り方」というのも世の中にはあったりして、
この「引き上げる」ことがメリットになるかどうか?は、ほんとうに人それぞれだったりするのです。

ビンディングだとフラットペダルと比べ速度がどうなるのか?は、この記事で考察していますが・・・

このへんもやっぱり、ビンディングで本当に速くなるのなら採用すればいい・・みたいな「人による」ところだと思います。

 

あとはやっぱり、靴を瞬時にペダルから外せなくなりがちですので、
いわゆる「立ちゴケ」とかの危険がでてくることですね。

瞬間的にペダルを外せなかった・・!というのは、プロでも起こることのようですので、
プロでもないのならやはり、完全に防ぐのは難しいことでしょう。

しかしここも人によっては、ペダルに固定されるのでむしろ「自転車と一体化できて安定する」という場合もあるようですので、
そのくらいビンディングに向く乗り方ができるのなら、ビンディングのほうがいい・・という場合もあるかもしれないです。

 

 

・・と、ビンディングペダルはいらないのか?必要なのか?は一概にこう!と言えるようなテーマではなく、
結局は人による!みたいな結論になってしまいますが・・・

自分はビンディングだと乗りやすい!とか、フラットペダルのほうがしっくりくるな・・みたいな「感覚」に従って決めていくのも、
ひとつの考え方かもしれません。

ちなみに私自身は、フラットペダル派です。

なんらかの参考になれば幸いです。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ