Amazonでの購入に最大「2.5%」のボーナスがつきます

片面SPD・片面フラットペダルのおすすめは?


片面SPDのM-324ペダル

片面SPDペダル・片面フラットペダルが欲しい!

でも、どれが優秀なのか分からない・・!

 

片面SPDペダルは普通の靴でも、ビンディングペダル(SPDペダル)でも乗れる便利ペダルです。

ですが・・少しマニアックな製品なので、
これが定番!といった製品が少し、分かりにくかったりします。

 

私自身はフラットペダル派・たまにビンディングも使う、というタイプで、
片面SPDタイプのペダルをよく使います。

なのでこの記事では、おすすめ片面SPDペダルはどれ?

そんなところを解説していきます。

優秀な片面SPDペダルの「条件」は?

片面SPDペダルは、どう選べばいい?

 

ここは、

① 品質に定評のある「メーカー」の製品

「フラット面」がしっかりしていて、足を載せやすい

 

の、2点です。

①:品質に定評のある「メーカー」

ペダルを作っている「メーカー」が良い!

というのは、外せないポイントだと思います。

 

というのは・・ペダルの品質はだいたい、「メーカーごと」に決まってくるからです。

優れたメーカーなら、ベアリングの質とか、金属の質の良さとか、しっかりしたペダル軸とか、
そういったものが優れていることが保証されますし・・

そうではないメーカーのペダルだと、どれを選んだとしても、
回転が鈍いとか、踏むたびにたわむとか・・そういう微妙なことになります。

 

私自身、これまにいろいろなペダルを試し、比べてきたのですが・・

片面SPDペダルを扱っているメーカーでいうと、

「三ヶ島」「シマノ」「KCNC」

この3メーカーのペダルは、品質が良いと感じました。

 

回転の良さとか、しっかりしたボディとかの基本的な性能は、それぞれのメーカーで高いのですが・・

挙げてみた3メーカーのざっくりとした強みを書いてみると、

◇三ヶ島:「回転のスムーズさ」が最強

◇シマノ:「剛性」が最強

◇KCNC:「軽さ」が最強

 

ここは完全に個人の感覚ですが・・

それぞれのメーカーの特徴は、こんな感じだと思います。

 

とはいえ片面SPDペダルが欲しいなら、この3メーカーのどれかから選んでおけば、
大きな間違いにはならないのでは・・と思います。

②:「フラット面」がしっかりしている

ペダルの「フラット面」がしっかりしている、というのも外せない条件です。

 

片面SPDペダルには、SPD面とフラット面の2つがあるわけですが・・

このうち「SPD面」のほうは製品によって、そこまで大きな違いは出にくいです。

 

はめやすい・にくいなど、ある程度の違いはあるものの・・

バチン!とはめればがっちりと問題なく、足を固定してくれます。

「SPD」という、しっかりしたひとつの規格に基づいたつくりなので、差が出にくいんですね。

 

しかし「フラット面」の性能は、製品ごとの差がすごいです。

 

フラット面は規格なんてものも特に無いですので・・
メーカーごと・製品ごとに作りがばらばらです。

なのでしっかりした踏面があって、ズレずにがっちり靴に食いつくタイプと・・
パワーを掛けると簡単に、ペダルの上で滑ってしまう・・みたいなタイプがあります。

もちろん良いのは、がっちり食いつくタイプですね。

 

しっかり靴に固定できる、フラット面の実現のためには、

① 踏面の「面積」が大きい

「ピン」「縁のギザギザ」が装備されている

 

そういった条件を満たしていると、良いと思います。

おすすめの片面SPDペダルは、これ!

ここまでを踏まえて、おすすめの片面SPDを紹介していきます。

ここではメーカーごとに並べてみます。

三ヶ島

シマノの片面SPDペダル

 

三ヶ島の片面SPDペダル

 

 

シマノ

シマノの片面SPDペダル

 

シマノの片面SPDペダル

 

KCNC

KCNCの片面SPDペダル

 

 

ここに挙げたものであればそれぞれ、上で挙げたような条件をちゃんと満たした、
優秀ペダルとなる可能性は高いのでは・・と思います。

片面SPDペダルが向く・向かないのは、こんな人!

片面SPDはビンディング・フラットの両方が使える!というメリットがあるわけですが・・

悪く言えば片面ずつしか使えない!という中途半端さもあります。

 

なのでレースの練習をするので、フラット面なんて使わない!

もしくは街乗りクロスバイクなどで、ビンディングは怖いから使わない!

そんな場合はもちろん、片面SPDは向かないです。

 

片面SPDペダルのデメリット・メリットを詳しく解説しています。

 

片面SPDペダルのデメリットやメリットについては、上の記事でも詳しく解説していますが・・

片面SPD・片面フラット!という特徴が「ハマらない」場合はやっぱり、
普通の両面SPDペダルか、もしくは両面フラットペダルを買っておくほうがいいです。

 

しかしひとつのペダルを交換せずに、ビンディング機能も、フラットペダルも使える!

そこに強い魅力を感じるのなら、片面SPDを選んで後悔は無いのではないか・・と思います。

 

今回はおすすめの片面SPD・片面フラットペダルをテーマにお話ししてみました。


Amazonでの購入に最大「2.5%」のボーナスがつきます
運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ