フラットペダルで引き足は使える?「ペダル選び」「靴選び」によっては可能です!


黒いフラットペダル

「引き足」は、ロードバイクの必須スキルだ!

と、言われることが多いですし、
私も、重要なスキルだと思います。

 

 

そして引き足はもちろん、ビンディングでペダルにバチッ!と足を固定するからこそ、
使える技なのですが・・・

 

しかし、固定はしない「フラットペダル」であっても、
装備をしっかりと選んで、うまく足を動かすことができれば、
ビンディングに近いような「引き足」が使えます。

 

フラットペダルで引き足を使うには、どういうペダルや靴を選んで、
どんな感じで足を動かせばいいのか?

 

私は日常のライドではずっとフラットペダルを使っている、フラットペダル愛好家ですので、
この記事ではそのあたりをお話ししていきます。

フラットペダルで引き足・・足を動かす「コツ」はこう!

フラットペダルで引き足を使うためのコツの、いちばん大事なポイントは・・・

 

ギザギザやピンに、うまく引っ掛ける

 

ということです。

小さいギザギザつきのフラットペダル

例えば、こんな感じのフラットペダルですと、
踏む面に、小さいギザギザがあるのがおわかりいただけると思います。

 

もしビンディングなら、足はペダルにがっちり固定されますので、
あまり考えなくても、足がペダルから離れることはないのですが・・・

フラットペダルだと、そのままだと足が離れてしまいますので、
こういうギザギザとかに引っ掛けることで、足を固定するわけですね。

 

うまく引っ掛けるためには、
あまり強くペダルに力を掛けないのが、コツになってくると思います。

 

ペダルに体重が残っていると、ズレてしまいますいですし・・・

そもそも脚を引き上げるパートで、脚に重さが残っていること自体、NGですよね。

 

あくまで軽く、ペダルの表面にやさしく触れるような感じで、
ギザギザに引っ掛けると一番、引き足を使いやすくなると思います。

 

引っ掛けるのはもちろん、ギザギザでもピンでもいいですし・・・

ギザギザやピンが無い場合は、ペダルの面そのものに引っ掛ける意識でいくと、
うまくいくかもしれません。

フラットペダルで引き足のための、「ペダル」や「靴」はこう選ぶ!

そして、フラットペダルでうまく引き足を使うためには、
そんなペダルや靴を使えばいいのか?

 

まず、ペダルとしては、
ギザギザやピンがしっかりしていて、引っ掛けやすいペダル、ですね。

大きなギザギザが、しっかりついているようなペダルですと、
靴を強力に引っ掛けることができ、まるでビンディングみたいな引き足を使うことができます。

 

ペダルの品質自体も、頑丈で回転がよく、剛性が高いものがいいですので、
私としては三ヶ島製のフラットペダルの中から検討するのを、おすすめしたいです。

三ヶ島製は全体的に品質がよく、ふにゃふにゃする・・とか、軸がすぐよれる・・みたいな低品質ペダルは、
なかなか無いのではないか、と思うからです。

 

そして靴のほうは、靴底がフラットな靴がいいと思います。

 

フラットなシューズはそもそも、フラットペダルとの相性がいいのですが・・・

靴底がフラットだと、ギザギザやピンへの引っ掛かりも良くなりますので、
「引き足を使う」という視点からみると、さらに必須の要素になると思います。

 

逆に凹凸が多いような靴ですと、ギザギザなどにうまく引っ掛かりませんので、
ぜんぜん引き足が使えない・・ということに、なりかねないです。。

 

 

フラットペダルのメリットは、多いです。

 

使いにくいビンディングシューズを、使う必要がありませんし、
当然ですが、自転車を離れたい時でもすぐに、足を外すことができます。

 

そしてそんなフラットペダルでも、コツとか、装備選びをきっちりやれば、
ある程度のレベルまでなら、「あれ、これビンディング不要なんじゃ・・?」と思うくらいの引き足が使えたりします。

 

もちろん、レースで全力!みたいなガチ回しには、さすがに対応できないですが・・笑

 

なので実際には、全力で走るようなライドではビンディングを使い、
それ以外のほとんどのシチュエーションではフラットペダルを・・と、私は使い分けています。

 

フラットペダルで引き足が使えるようになると、
フラットペダルでも一気に加速したり、急坂をグイグイ登ったり・・がかなりやりやすくなります。

なので「フラットペダルでの引き足テクニック」を追求していくのも、結構、意味があることだと思います。

ぜひ、いろいろと試行錯誤してみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ