自転車の寿命や耐用年数はどう判断する?ロードバイク・クロスバイクを軸に解説!


川沿いのタイヤが太い自転車

俺の自転車、あと何年もつの・・?

 

 

ロードバイクやクロスバイクを持っている方であれば、自分の自転車が何年のあいだ使えるのか?というのは、
気になるところだと思います。

 

まあ、当然というか、何年!!と一概に決められるものではないのですが・・・

この記事ではざっくりと、自転車の寿命・耐用年数はどのくらいと考えればいいのか?について考えていきましょう。

自転車の寿命・耐用年数は、こう考えるといいかも

自転車の寿命って、どこが壊れたらくるの?

・・・「フレーム」というのが、おそらくたいていの場合の答えだと思います。

 

ホイールやステムといったパーツも、壊れる可能性はありますが、
そのあたりは壊れれば交換できます。

もちろんフレームも壊れたら交換できますが、
「フレームが変わる = 他の自転車になる」というのが一般的な感覚だと思いますので、
やっぱり、フレームの寿命が自転車の寿命・・と言っていいでしょう。

 

なら、フレームの寿命って、どのくらいなの?

まずは「素材」で変わってきます。

 

自転車の素材といえば、ほとんどがカーボン、アルミ、クロモリの3種類です。

そして素材によって、強度とか壊れにくさとか、そういったものが違ってきます。

 

もちろん、アルミは絶対に__年で壊れる!!・・みたいな、決まりきった答えは出ません。

ですが本、インターネットなどなど、いろいろな情報をもとに、
ざっくりと書いてみると・・・

 

① クロモリ:一生もの。適切な手入れをしていればずっと壊れることなく使い続けることができる。

② アルミ:頑丈で衝撃や破損に強い。が、ダメージが蓄積しやすくハードな使い方を続けると壊れやすい

③ カーボン:最近のものはかなり頑丈で、耐用年数も長い。が、特に硬いものや尖ったものにダメージを受けるとすぐ壊れてしまう。

 

というのが、よく言われているな・・というのが個人的な印象ですし、
事実をけっこう、含んでいると思います。

 

では、肝心の寿命・耐用年数はどのくらいか?なのですが・・・

こっちはいろいろな情報を束ねると、だいたい5年-10年くらい、といったところでしょう。

 

もちろん10年を越えるほど使っても、ビクともせず、えんえん使い続けられる・・といったケースもあると思います。

しかしやっぱり、アルミフレームなどの破断が報告されるときは、
5年以上は乗り続けられたフレームのことが多いな・・というのが、個人的な感想です。

 

なので、ここまでをまとめて本当にざっくりと、個人の考えを言いますと・・・

 

① クロモリ:基本的にはえんえん乗れる。しかし雨ざらしや錆対策をぜんぜんやっていない場合は5-10年くらいで寿命がくるかも

② アルミ:使い続け、ダメージを受け続けているのであれば、5年を越えると壊れる可能性がでてきて、10年も乗ればかなりリスキーになってくる

③ カーボン:基本的にはずっと使い続けられるが、紫外線や雨などで劣化させ続けたなら5-10年くらいで寿命がくるかも。かつ、硬いものにぶつけたりで一発おじゃんの可能性は高め

 

という感じになるのではないか、と思います。

 

特にクロモリフレームは重いかわりに、耐久性では最強・・というのが私の考えではあり、
錆対策をちゃんとやってさえいれば、壊してしまうことなくずっと愛車にできるのではないか・・と考えています。
錆対策の具体的な方法は、この記事に書きました

 

もちろん、自転車の耐用年数なんかは、ちゃんとした統計をとれば、
平均どのくらい、中央値がどのくらい、フレーム別に違いはあるか・・みたいに、はっきりわかるはずなのですが・・・

現実には、個人が生活で使っているフレームの、いつ壊れたか?情報なんてまず集めきれないと思いますし、
そもそも破断とかするまで使い続けられることのほうが稀でしょうから・・・

まあ、ちゃんと統計をベースに「結論」を出す・・というのは、なかなか難しいでしょう。

 

なので自転車の耐用年数を考えるときは、ほんとうにざっくりと、5年とかそのくらいを軸に考えて、
あとはクロモリだから自分の自転車は、ふつうよりはちょっと頑丈かな・・とか、
自分の自転車はフレームが軽めだから、寿命はちょっと短めかな?・・とか、

そんな感じで考えていくのが、自転車の寿命・耐用年数を考えるときには良いのではないか・・と思います。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ