折りたたみ自転車のデメリットはこれ。失敗した!と後悔しないために


海沿いのブロンプトン

折りたたみ自転車はすごく、便利です。

しかし・・やっぱり「デメリット」もあります。

 

たとえば、折りたたみ自転車を買ってみようかな?と思ったとき・・

ロードバイクやクロスバイクなど他の自転車と比べて、悪い点はどんなところ?

デメリットはどのくらいの程度なの?許容範囲なの?

・・というのは、気になるところだと思います。

 

デメリットを知らずに、折りたたみ自転車を買うと・・

こんな欠点があったのか。。うあー失敗した。。ロードバイク買えばよかった・・!

みたいな感じで、後悔することになりかねません。

 

私自身はこの記事を書いている時点で、折りたたみ自転車を7年間ほど使い倒しています。

折りたたみ自転車を選んで、まったく後悔はしていないのですが・・

ここはデメリットだなぁ・・とか、ダメポイントはここだったな、といった点も有りますので、
折りたたみ自転車を検討するならやっぱり、デメリットをしっかり知ってからのほうがいいと思います。

 

なのでこの記事では「折りたたみ自転車のデメリット」について、詳しくお話ししていきます。

速度が落ちやすい

折りたたみ自転車を、ロードバイクやクロスバイクといった自転車と比べたとき・・

真っ先に思いつくデメリットは「スピードが落ちやすい」ことです。

 

折りたたみ自転車がロードバイクより遅い!というのは、イメージ的にもしっくりくるとは思いますが・・

もうちょっと具体的に言うと、ホイールが小さくて慣性が効きにくいのが、遅い原因です。

 

自転車はいちど走り出すと、慣性で走り続けるわけですが・・

折りたたみ自転車のホイールは、仮に18インチだとして、ロードバイクの「半分くらいの面積」となります。

なのでもちろん、慣性はかなり減ってしまい・・「すぐ止まってしまう」感じになってしまうんですね。

 

しかし実は「最高速度」のほうは、あまり変わらないです。

これは、どんな折りたたみ自転車を選ぶか?でも変わってはきますが・・

「Birdy(BD-1)」や、「DAHON」の高速モデルといった、スピードが出る折りたたみ自転車ですと、
おもいっきりペダルを回せば、ロードバイクとさほど変わらないくらいのスピードは出ます。

スピードを「上げていく」ほうに関しては、慣性はそんなには関係ないですので・・
理屈としても、そうなりますね。

 

折りたたみ自転車はロードバイクなどの自転車より、遅い!

というのは、一般的に持たれているイメージだと思いますが・・

正しくは「慣性がききにくく、減速しやすい」というデメリットになってくると思います。

不安定

折りたたみ自転車は、不安定です。

 

これも、「慣性が弱い」ことによるデメリットですね。

ホイールが小さい折りたたみ自転車では、いわゆる「フライホイール効果」が小さいですので・・

ホイールが大きいロードバイクなどと比べると、どうしても、ふらついたりしやすくなります。

 

とはいえここは、慣れれば、気になるほどでもないな・・と、個人的には思いました。

 

例えば私自身は、ほぼ18インチの「ブロンプトン」という折りたたみ自転車を使っていますが・・

たとえば車道を走るときに、ふらついてしまって危ない!とか感じたことはありませんし、

その自転車に慣れてしまえば、フライホイール効果に頼らず、自分で自転車を安定させるようになるので、
そうなれば別に、問題になるほどの不安定さも無くなるな・・と思います。

 

しかし「疲れやすさ」に関して言うと、けっこう変わってきますね。

ロードバイクなどの自転車はホイールが大きく、勝手に安定してくれますので、
「自分の力で安定させる」必要があまり無いです。

しかし折りたたみ自転車は常に「自分でバランスをとる」感じになるので・・
そこが疲れやすさにつながるのかな?と思います。

「折りたたみ機構」がある

折りたたみ自転車にはもちろん、折りたたみのためのシステムがあります。

そしてこの「折りたたみシステム」そのものが、デメリットになる場合があります。

 

 

例えば・・「異音」の発生源になる場合ですね。

自転車にはたくさんの関節・・たとえばハンドルの締め込み部分とか、サドルレールの締め込み部分とか・・が有り、
すべての関節部分は、異音の原因になりうるわけですが・・

折りたたみ機構があるということはそれだけ、関節部分が多くなりますので、
異音が発生する可能性もそれだけ、大きくなります。

 

実際、折りたたみ用の関節部分にすこし注油してみると、異音が消えた・・なんてことも経験したことがあります。

 

 

もしくは「破損」のリスクも、それだけ上がってきます。

特に安い折りたたみ自転車だと、全体的な「品質」がどうしても落ちますので・・

折りたたみ関節部分の破損というのも、経験上にはなりますが、起きやすくなると思います。

 

ブロンプトンやBirdyなど、そこそこ値段がする折りたたみ自転車ですと、
コストがかかっているぶんしっかりした折りたたみ関節になってはいるようですが・・

それでも走行中にいきなり破損!とか、壊れてしまい修理費用が高くなった。。とかいう可能性はゼロではないので、
ここもデメリットになりうるところですね。

高価

そして・・折りたたみ自転車は基本的に、高価です。

 

これはもちろん、モノによってぜんぜん違ってきますが・・

あくまで個人的な感覚で言うと、ロードバイクやクロスバイクと比べて、
品質的に同じくらいの折りたたみ自転車は、1.5倍くらいの価格になってくるな・・と感じます。

 

折りたたみ自転車は「折りたたみシステム」があるので、もちろん、そこにお金がかかりますし・・

ロードバイクやクロスバイクほどポピュラーではありませんので、そのぶんコストを下げにくいのでしょう。

 

少なくとも、折りたたみ自転車はロードバイクなどと比べて、自転車としての品質のわりに高価になってくる・・

というのは間違いないところで、ここもデメリットになると思います。

でも・・総合的にみて「問題ない」と思います

と、この記事では折りたたみ自転車のデメリットに焦点を絞って、いろいろツッコミを入れてきましたが・・

 

もちろん折りたたみ自転車はデメリットだらけの、ダメ自転車だ!・・とは思わないです。

どんな自転車が合うか?は人によるものですが・・

折りたたみ自転車ならではの「メリット」がバッチリ、ハマる状況であれば、
ロードバイクもクロスバイクもかなわない、最強の自転車になり得ます。

 

具体的には、輪行が好きで、何度も繰り返す場合・・とかですね。

旅のたびに何度も輪行し、日本各地を走り回る・・みたいな使い方をするなら、
数秒とかで折りたたんでしまえる「折りたたみ自転車」という選択は、圧倒的なアドバンテージになってきます。

 

折りたたみ自転車の「メリット」については・・

 

折りたたみ自転車の「メリット」を、7年ほど使い続けた経験から解説しています。

 

上の記事で、詳しく解説しています。

 

 

そしてデメリットも、気にならない人には、気にならないものです。

すこしスピードが遅かったとしても、特にスピードを追い求めていない人にとっては、大した違いにはならなかったりしますし。

ここは例えば、自転車には速さを追求したい!という人もいるでしょうから、人それぞれですね。

 

と、デメリットをちゃんと把握したうえで、許容範囲なのか?メリットと比べてどうなのか?

と考えていくと、後悔のない自転車選びができるのでは・・と思います。

 

今回は折りたたみ自転車のデメリットをテーマにお話ししてみました。

 

関連記事
三ヶ島のイージースーペリアは着脱しやすい?剛性はどう?など、何年も使っている目線から詳しく解説しています。

 

三ヶ島の折りたたみペダル「FD-7」ってどう?折りたたみはスムーズ?剛性は高い?徹底レビューしています。

 

「折りたたみ自転車・小径車」に関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ