ギシギシ・・ロードバイクの異音の原因、診断と解消の方法をご紹介


静かな波のイメージ

ギシギシ・・

カタカタ・・

チッ、チッ・・

 

そんな音が、ロードバイクなどの自転車で走っていて、
突然、自転車から聞こえてきたら、
とても気になると思います。

 

パーツが破損寸前であったりと、致命的なことが起きる予兆の可能性もありますし、
そうでなかったとしても、原因となる場所を特定し、
音を消したいところだと思います。

 

通常、完璧に整備された自転車であれば、
へんな異音がする、ということは無く・・・
程度の大小を問わず、なんらかの問題があるときに、音が鳴りはじめます。

特に多いのは、グリスで潤滑されているべき部分のグリスが切れて、
金属同士が直接擦れあっているときですね。

このときはギシギシと、耳障りな音が鳴ると思います。

 

それ以外に、チッチッ・・カッカッ・・のように、規則的な音が鳴ることがありますが、
これはホイールなどの駆動部分が、どこかに擦れていることが多いです。

 

パーツを締結するボルトが緩んでいる場合にも、異音が鳴ることはありますね。

 

それ以外にも、パーツが割れたりして破損しかけているときにも異音は出ますが、
これは稀でしょう。

 

やはり、原因としては、グリス切れによるものが最も多いと思われ、
その場合は、分解してグリスアップをすれば解決します。

 

しかし・・異音がしている「場所の特定」は、案外難しいものです。

走行中、音を注意深く聞いても、音がしている場所を正確に判断するのは、
なかなかできることではありません。

場合によっては、車体の前から音が聞こえていると思ったのに、
実は後ろから聞こえていた・・ということさえありえます。

 

このように、ふつうに耳を澄ませて場所を特定しようとしても、なかなかに難しいものなのですが・・

 

自転車に乗りながら、ペダルを回したり止めたり・・など、
「音が発生する条件」を探っていくことで、
意外と簡単に、音の発生源を絞り込むことができたりします。

以下、その方法をお伝えしていきます。

自転車の異音が、鳴っている「場所」を特定するテクニック

まず、一番簡単なのが、
「ペダルを回す・止める」による、原因の切り分けです。

 

 

ペダルを「回す」ときだけ音が鳴り、ペダルを止めると音も完全に止まる・・という場合は、
原因は、駆動系まわりに絞れます。

具体的には、ペダル、クランク、ボトムブラケット、チェーン、ギア、テンショナー・・あたりですね。

ペダルを回すときだけ音が鳴るのであれば、このあたりから疑って、整備してみるのがいいと思います。

 

ペダルを回すときだけ音が鳴るのであれば、
どちらの足で回したときに音が鳴るか・・と、確認しておきましょう。

もし、右足で回すときだけ音が出るなら、右のペダルやクランク、チェーンリングなど、右側についているパーツ・・

左足で回すときだけ音が出るなら、左側についているパーツが、原因となる可能性が上がります。

 

 

逆に、ペダルを「回さずに、惰性だけで走っている」ときに、
チッチッ・・や、カッカッ・・などと、規則的な音がする場合は、
原因は、ホイールまわりになってきます。

具体的には、ホイール自体、ハブ、スポーク、リム、タイヤあたりですね。

ホイール自体が歪んでフレームと干渉していたり、泥除けと干渉していたり・・といったこともありえます。

 

ホイールが原因か?と疑われたら、次に自転車を手で持ち上げて、ホイールを手で回してみましょう。

ホイールが回ることにより音が再現されるなら、原因は十中八九、「そのホイール」です。

前輪を回すと音が鳴るなら前輪、後輪を回すと音が鳴るなら後輪が原因、ですね。

 

 

次に、サドルから腰を上げて、立ちこぎをしてみましょう。

立ちこぎにより音が鳴らなくなり、サドルに座るとまた音が鳴り出す・・という場合は、
サドルまわりが原因の可能性が高いです。

具体的にはサドル自体、サドルレール、シートポスト、シートクランプ、シートチューブ・・といった場所ですね。

 

 

次に、ハンドルから手を離し、手放し運転をしてみましょう。
(当然ではありますが、まわりに人が居ない安全な場所で、じゅうぶんに気をつけて行ってください)

ハンドルから手を離すことで、音が鳴らなくなり、ハンドルを握るとまた音が鳴り出す場合は、
ハンドルまわりが原因の可能性が高いですね。

具体的にはハンドルバー、グリップ、ステム、コラムあたりです。

 

 

以上のことを試すと、異音が起きている場所がだいたい、絞りこめると思います。

 

場所が絞り込めたら、あとはその場所のパーツが破損していないか、などチェックを行い、
また異音を消すために、グリスアップが必要ならグリスアップを、
増し締めが必要なら増し締めを、パーツ交換の必要があれば交換を・・と、必要な対処を行っていきましょう。

 

例えば後輪(リアホイール)が原因と判断できたなら、リアホイールに絞った対処をさらに進めてみる、というのが有効でしょう。

たとえばリアホイールだけ交換してみて、音が消えるか確認してみる・・といったことですね。

 

・・・しかしながら、ここまでに説明した処置で、異音がすぐに消えることもあるのですが、
異音問題は、けっこう複雑となることも多く、
いろいろ試すけれど、なかなか異音が消えない・・というのも、よくあることです。。

 

最終的に、自転車屋などのプロにお任せするも、なかなか消えず、
ある日突然消え、その後ずっと異音は出ない・・なんていうケースも、よくあります。

パーツの破損は無いなど、致命的なことになっていないことだけ確定したら、
あとは、ある程度の異音は受け入れつきあっていく・・というのも、必要な考え方かもしれません。

 

以上、ご自身だけでできるだけ異音を解消する方法について、説明させていただきました。

異音はよくある問題ですが、意外と複雑で、なかなか消えないことも多く、
かなり長期間にわたっての、異音とのバトルを繰り広げざるを得ない場合もあります。

 

この記事があなたの、異音との戦いの、一助となってくれれば幸いです。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ