自転車のペダルが重い、漕いでも全然進まない・・原因はこれかも!


ペダルを踏む足元

ペダルを踏んでも踏んでも、自転車がうまく進んでくれない。。

・・なぜ?

 

いつも、何かに引っかかったような抵抗がある・・・

なんだか、踏んだ力がぜんぜん、自転車に伝わってないような気がする・・・

 

・・・こういう「自転車がうまく進んでくれない問題」は、
けっこう根が深くて、しかし工夫すると解決しやすいことだったりします。

 

自転車はなぜ、がんばってもうまく進まないのか??

この記事では、「解決できる原因」を優先して、説明していきます。

「ペダリング」ができていない

いちばん、根本的な原因として・・・

ペダルをうまく動かす、「ペダリング」ができていないと、
脚を動かしても動かしても、自転車が前に進まない・・!という感じになります。

 

ペダリングができている状態なら、10のパワーを出せば、8くらい自転車が進んでくれるけど、
できていない状態だと、10のパワーを出してるのに3くらいしか進んでくれない・・といった感じです。

それだと、進むわけがないですよね。。

そしてそういう場合は、ほとんどの力が無駄になってるなぁ・・と、感じるかもしれません。

 

どんなふうにペダリングするのがいいのか?というのは、
いろいろな人が、いろいろなことを言っていて、
人によってまったく、違ってくるところです。

 

とはいえ・・・

ペダルを円の軌道上に、正確に動かす

ここは、どんな乗り方をするにしろ、絶対に必要なコツだと思います。

 

ただただ、ペダルを上から下に踏む・・いわゆる「ベタ踏み」と、
私が素人ながらにでも、円を描くようにパワーを出すようにした状態とでは、
エネルギー効率に少なくとも、2倍以上の差がある・・と感じます。

 

具体的なペダリングの練習方法は、今はネットやYouTubeで検索してもいろいろな情報が出てきますので、
いろいろと試してみて、自分自身が効率よく自転車を進められる方法を、追求していけばいいと思います。

例えば私の場合は、

「後傾」を防ぎ、体重をペダリングにちゃんと利用する方法・・といったものは、重要だと感じました。

 

ペダリングは、ツール・ド・フランスを走るようなトッププロでも追求を続けるところで、
私のような一般人が、本当の意味で「できるようになる」なんてことは無いのですが・・・

とはいえ、「できるだけ練習する」程度であっても、
ペダリングをまったく練習していない状態と比べると、
劇的な変化がでてくると思います。

「メンテナンス」が不十分

第2の可能性として、あげられるのは「メンテナンス」ができていない部分があって、
そこが、走るときの抵抗になっている・・というケースです。

 

例えば、

チェーンオイルが切れている

タイヤの空気圧が不十分

ホイールの回転軸や、ボトムブラケットなど回転部分のグリスが切れている

あたりの、どこかがまずいと、
走行抵抗は大幅にアップしてしまいます。

 

自分もママチャリだけに乗っていたころは、
このあたり全てノーマークで、全てできていませんでしたが・・笑

 

ロードバイクなどのスポーツ自転車に乗っている方であれば、
チェーンオイルや空気圧について、まったくノーマーク!ということはなかなか無いでしょうが・・・

忙しくて、忘れてしまう・・ということは結構、あると思います。

 

とはいえ定期的なメンテナンスができていないと、ペダルは重く、自転車は進まなくなりますので、
私はメンテナンスは、タスク管理ソフトの繰り返しタスクにしています

タスクをただただこなしていけば、いつの間にか定期メンテナンスが終わっている・・という感じになるので、
けっこう、おすすめの方法です。

 

いずれにしても、基本的なメンテナンス忘れは、自転車が進まない・・!に直結しますので、
できるだけ忘れないように・・が、重要だと思います。

そもそも「飛ばせない道」ばかり選んでいる

そもそも、「いつも走る道」が悪い・・という、場合もあります。

例えば、混雑した街中とか、人が多い場所とか、信号だらけの場所ばかりを、
ロードバイクで走っていたり・・とかですね。

 

ロードバイクなどの自転車は、「慣性」で走るものです。

速いスピードを出すまでが大変ですが、
スピードが出てしまえば、細いタイヤもあいまって、ラクにスピードを維持できます。

なのですが・・これは「慣性を維持できる環境」での話です。

 

例えば、少し進むたびに信号があるような場所だと、
慣性でどんどん進んでいく・・なんて、無理ですよね。

信号があるたびに、止まらざるをえませんので、
そのたびにまた、ゼロから加速していくしかなくて、
これが大変なのです。。

そういう場所ばかりを走っていると、
ペダルが重い・・とか、がんばって漕いでるのに全然進まない・・といった感覚になると思います。

 

これが例えば原付とかだと、アクセルを捻ればびゅーんと加速しますので、
何度、信号などで止まろうが問題ないのですが・・・

 

「慣性を維持できる環境」だけを走るためには、
例えば快適なルートをあらかじめリサーチして、そういう場所だけを走る・・というスタンスが、有効です。

もしくは例えば、走りにくい場所はことごとく「輪行」してしまう・・とかですね。

私の場合は、無理に走りにくい場所を走ろうとせず、
走りやすい「おいしい道」だけを走るようにしたところ、
自転車が進まない・・!と感じることは明らかに、減りました。

 

 

と、自転車が漕いでも漕いでも進まない・・!の、原因となりそうな要素を挙げてみました。

 

それぞれ、ちゃんと解決できるポイントだと思いますので、
もし、自転車がぜんぜん進まない・・と感じられるのであれば、
このあたりのポイントを、いろいろと試行錯誤してみることをおすすめします。


スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ