作りがしっかりしたフラットペダル

自転車のペダルが滑る!滑り止めの方法を徹底解説!


三ヶ島ペダル

自転車のペダルがずるっと滑ってしまい、
危ない思いをしたことはありませんか?

 

特に、ママチャリに最初からついてくる感じの、安価なプラスチック製ペダルですと、
滑りやすいと思います。

そういったペダルは雨が降っていたりすると、もう、どんどん滑ってしまいますよね。。

 

そして滑ってしまうと、乗りにくくなるだけじゃなく、転んだりするリスクも上がってしまいます。

しかも、滑るぶんパワーが逃げてしまいますので、
無駄に疲れるはめにもなってしまいます。。

 

このペダルがずるずる滑る問題に、悩む人はけっこういるようです。

なのでこの記事では、自転車ペダルの滑り止めの方法を解説していきます。

滑り止め力が高い「ペダル」に交換する

まず・・ペダルが滑る問題の解決で「王道」と言えるのが、「ビンディングペダルへの交換です。

 

当然、ビンディングペダル・ビンディングシューズを導入し、シューズペダルに固定すれば・・

ビンディングが外れてしまわない限り、滑ることは一切なくなります。

なのでロードバイクなどの自転車を買って、ある程度乗り慣れてくると、
ビンディングに移行する人が多いものです。

 

しかし・・ビンディングは日常生活で使うには、かなり、わずらわしいです。。

私もしばらくの間、自転車のペダルをすべてビンディングにして乗っていたのですが・・・

毎回バチンとはめるのは面倒だし、シューズが歩きにくいものになるのも面倒だし・・となって、
結局、使わなくなってしまいました。

 

レースに出たり、レースの練習をしたりするならもちろん、ビンディングを使うほうがいいのでしょうが・・・

私としては、ビンディングのわずらわしさに悩まされることなく、
しかも、ペダルが滑る問題を解決したい!・・と、贅沢なことを考えていました。

 

滑り止めテープを使うか?とか、いろいろ検討してはみたのですが・・

いちばん効果的だったのは、優秀なフラットペダルへの交換でした。

 

たとえば「三ヶ島」という会社のフラットペダルは、滑りにくさにおいてすごく優秀です。

さらに剛性感、ベアリングの回転、といった基本性能においても全体的に優れています。

 

長年使ってきて、これが最強!と感じている「三ヶ島製フラットペダル」の、その良さやデメリットなどを解説しています。

 

三ヶ島フラットペダルについては、上の記事で詳しく解説しているのですが・・

多くのペダルで、靴をがっちりと固定する凹凸の多い構造が使われていたりして、
これまでに私が使ってきたペダルたちの中では、トップクラスの滑り止め能力があると思いました。

 

ペダルのアップグレードは、雨の日も含めて、
ペダルが滑りやすい問題を一発で解決してくれる、すごくコストパフォーマンスのいい投資だと思います。

滑り止め力が高い「シューズ」に交換する

そしてペダルだけでなく、優秀なシューズの導入も、なかなかに効果は高いです。

 

滑り止め能力が高いシューズを使えば、晴れた日はビンディングか?と思うくらい滑りにくくなりますし・・

雨の日でもぜんぜん危険に感じないくらいの、優秀なグリップ力を見せてくれます。

 

では・・自転車で滑りにくいのは、どんなタイプの靴なの?

 

靴には、靴底がでこぼこしているもの、フラットなもの、といったものがあると思うのですが・・・

自転車のペダルに最適なのは、「靴底がフラットな靴」です。

靴底がフラットな靴

こんな感じの、平坦なものですね。

 

逆に、

靴底がでこぼこした靴

こんな感じで、靴底に凹凸が多い靴はあまり、自転車向きではないです。

 

靴底がフラットだと、ペダルに触れる「接地面」が大きくなります。

そして摩擦力は接地面が大きいほど、大きくなりますので・・

フラットな靴のほうが摩擦が強く、滑りにくい!となります。

 

具体的に、どんなシューズがいい?

 

ファイブテンの靴

 

例えば上のような「ファイブテン」の靴は私自身、愛用しているものです。

 

ファイブテンの靴は、マウンテンバイクとか、もしくは登山とかでよく使われていて・・

靴底がフラットなのに加えて、「ステルスラバー」という独自の滑りにくいラバーが使ってあります。

私がこれまでいろいろ履き比べてきた中では、ダントツと言えるくらいの、ペダルからの滑りにくさがありました。

滑りにくい「乗り方」を使う

装備だけじゃなく「乗り方」もけっこう、重要です。

 

ペダルが滑るのは、ペダルに「滑るような力が加わったとき」です。

たとえ氷の上でも・・横方向の力がまったく掛かっていないなら、滑らないですよね。

そしてこの「滑るような力」が大きくなってしまう乗り方・小さくなる乗り方、というのがあったりします。

 

たとえば、脚の力だけでグイグイとペダルを踏んでしまうと・・

そのパワーで、靴が滑ってしまいます。

なので脱力し、体幹の力メインでなめらかにペダリングしていくようにすると・・
靴はより、滑りにくくなります。

 

まあ、このあたりは難しいですし、私自身も練習中のことなのですが・・笑

 

 

もしくは「後傾」という乗り方をしてしまうことは、多いです。

後傾は自転車の後ろ側に、体重がオチてしまっているような乗り方で・・

文字通り、後ろに傾き続けるような乗り方になってしまうので、
その傾く力によって、ペダルが滑りやすくなりがちです。

 

後傾については、

 

自転車に乗っているとすぐ疲れる・・の原因「後傾」や、どういう乗り方をすれば疲れないのか?について詳しく解説しています。

 

上の記事で詳しく解説しています。

 

 

と、どうしてもペダルはある程度滑ってしまうのですが・・・

お話ししたような「ペダル・シューズ選び、乗り方の研究」といったものをやっていくだけでも、かなり滑りにくくなると思います。

 

ペダルは、ハンドル・サドルと並び、人間が自転車に接する場所のひとつで・・

ここが滑りやすいか滑りにくいかで、自転車に乗るときの快適さがものすごく変わってきます。

もし、いつも乗っている自転車のペダル、やたら滑るんだよなぁ・・と思われるのであれば、
この記事の内容も参考に、いろいろと試行錯誤されてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事
「ベアリングの回りやすさ」「靴からの滑りにくさ」「ペダル軸の剛性」に優れた、三ヶ島製フラットペダルについて解説しています。

 

ペダルに関わるすべての記事を一覧します。

 

【SK11 デジタルトルクレンチ】
整備ミス防止の必須ツールです。

Amazon楽天

レビュー記事はこちら
 

運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマごと
特殊ページ
サイト内検索
最近の投稿

ページの先頭へ