自転車のチェーンオイルは長持ちのウェット系?汚れに強いドライ系?


自転車チェーンのアップ

チェーンオイルで手や服が汚れる!

チェーンオイルが切れて、チェーンが錆びる!

何度もチェーンオイルを差すのが面倒。。。

 

・・・ロードバイクやクロスバイクなどの自転車を買って、乗り始めると、
かならず遭遇する悩みだと思います。

 

そのため、どんなタイプのチェーンオイルを選ぶのか?
どの製品を選ぶのか?・・というのは、なかなかに重要なことです。

 

できれば、長持ちして、雨に強くて、べとつきにくくて、服についても汚れが残らない・・という、
「最強オイル」があれば、誰もがそれを使うのでしょうが、
どのオイルにも、一長一短があり、最強オイルといったものはなかなか無い・・というのが現実のようです。

だったらどのオイルでもいいや・・と、昔の自分も思っていたのですが、
オイルをちゃんと選ぶと、オイルを差す頻度が下がったり、
チェーンの錆をちゃんと防ぐことができたり・・と、意外とメリットが多いです。

 

 

チェーンオイルには、大きく分けて「ドライ」タイプと「ウェット」タイプとがあり、
まずは、この2つのうちどちらを使っていくのか・・を考えるのが、定番だと思います。

 

かんたんな特徴としては、
「ドライ」タイプは、差したあとはさらさらと乾いた感じになるオイルで、
触ってしまってもべとつきにくかったり、汚れがつきにくかったり、べとつかないので走行抵抗が少なめだったりします。

対して「ウェット」タイプは、差したあと粘性が残るようなタイプで、
特に水に強く、雨の中で放置したりしてもなかなか落ちないのですが、
べとついてしまったり、汚れがつきやすかったりします。

 

結論から言いますと、私は、日頃「ドライ」タイプのチェーンオイルを使っています。

チェーンオイル2本

上の写真の、左側は、BIc-004という、AZ社の「ウェット系」チェーンオイルで、
右側は、呉工業の「ドライ系」チェーンオイルなのですが・・・

 

私は長期間、左の、ウェット系チェーンオイルを使っていたのですが、
ウェット系オイルの、べとつきやすさや汚れのつきやすさは、相当なものです。。。

チェーンオイルで汚れた服

上の画像は、私の服なのですが・・・

赤丸の部分に、黒い汚れがついてしまっているのが、おわかりいただけますでしょうか。

 

この部分は、ウェット系チェーンオイルがついたチェーンが、
自転車を持ち上げたとき、すこしだけ、服に触れてしまったときのものです。

その後、できるだけ早く洗濯したのですが・・・
服には、しっかりと、黒い汚れが残ってしまいました。。。(泣)

幸い、この服はさほど高価なものでもなく、それほど大きな被害というわけでもないのですが・・・

 

手にオイル汚れがつきやすい、くらいならばまだしも、
ちょっとした接触で、洗濯してもリカバリーできない汚れがついてしまうのは、
なかなか、厳しいと思いました。。。

 

対して、ドライ系オイルは、汚れのつき方がとてもマイルドです。

汚れの付き方の程度も、同じくらい手でチェーンに触れても、
ウェット系オイルのときと比べて、ほんのちょっとした黒くなりませんし、
石鹸などを使えば、かんたんに落とすことができます。
(ウェット系オイルは、石鹸でごしごし洗ってもなかなか落ちません)

そして、服についてしまったとしても、
しっかりと予備洗いをした上で洗濯機で洗うと、ほぼ完全に汚れを消すことができました。
(このあたりは、素材などによって結果が違ってくるとは思うため、一概には言えませんが・・・)

 

ドライ系オイルの弱点といえば、長持ちのしにくさなのですが・・・

私は自転車を室内保管し、主に日常生活に使い、雨の日もときどき自転車で出かけ、
週末ときどきロングライドをする・・・といった使い方なのですが、
こういった使い方で、2ヶ月くらいまでなら普通に保ちます。

毎月、オイル注油をしていれば、まず、オイル切れを起こすことはないのではないか、と思います。

 

以上より、自転車の用途は日常生活メインで、ときどきロングライドをする・・・といった使い方なら、
総じて「ドライ系」チェーンオイルのほうがメリットが多いと思います。

 

 

おすすめとしては、これですね。

サラサラで注油しやすく、汚れがつきにくいわりに、かなり長持ちしてくれるので、
私自身はもう何年も愛用しています。

 

 

逆に、ブルベのような超ロングライドをしたり、レースをしたり・・といった使い方であれば、
ドライ系チェーンオイルは保ちが悪すぎるかもしれませんので、
ウェット系を使うほうがいいのではないか、と考えます。

少なくとも私は、ゴリゴリのウェット系オイルは、
「汚れのつきやすさ」という点において大きなデメリットがあるため、
普段の生活にもその自転車を使うのであれば、あまり向かないかな・・と感じました。

 

なお、チェーンオイルには、
ウェット系のドライ系の特徴を併せ持った「セミウェット」タイプのものもありますので、
そのあたりから検討してみるのも良いかもしれません。

 

ワコーズのセミウェット系チェーンルブ

 

ワコーズチェーンオイル

例えばセミウェットだと、この「ワコーズ A310」はおすすめです。

長く使ってもべっとべと・真っ黒にはならないわりに、ウェットタイプのように長持ちしますので、
私はロングライドに出かける前とかに、これを使うことも多いです。

 

ウェット系チェーンオイルは、確かに長持ちはするのですが、
万一、服についてしまったときなどに、泣きを見ることになるかもしれません。。。

ドライ系オイルといっても、耐久性はそこまで低くもありませんので、
もし、日常で、趣味で乗り回すのがメインで、
ブルベなどの超長距離ライドや、レースはされないのであれば、
一度、「ドライ系」チェーンオイルを試してみるのも良いかもしれません。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ