フロントシングル化のチェーン落ち対策には「ナローワイドチェーンリング」が最高だった


チェーンリング

フロントシングル化するときには、そのままだとフロントディレーラーがなくなり、
チェーンが落ちてしまいますので、対策が必要です。

 

対策の方法は、いくつかあると思うのですが・・・

「ナローワイドチェーンリング」を導入してみたら、
予想していたよりも、ずっと大きいメリットがありました。

 

ナローワイドチェーンリングというのは、下の画像のように、
「薄い」歯と「厚い」歯が、交互についているチェーンリングのことです。

チェーンリング拡大

ぱっと見でも、歯が、交互に違っているのが、おわかりいただけると思います。

 

上から見ると、もっと、わかりやすいと思います。

チェーン拡大

上の画像の、赤く注釈を入れたほうが「厚い」歯で、青く注釈を入れたほうが「薄い」歯です。

厚さの違いは、一目瞭然ですよね。

厚いほうは、歯の先端で比べると、薄いほうの2倍くらい分厚いのではないでしょうか。

 

この、「厚い」歯と「薄い」歯が交互についている構造によって、
ナローワイドチェーンリングは、ふつうのチェーンリングよりも、
圧倒的に「チェーン落ち」が起きにくくなっています。

 

チェーンは普通、ほんの少し・・・数ミリ程度でも横にズレると、
すぐに落ちてしまうものです。

これはもう、多くの方が体感でおわかりいただけることだと思います。

 

しかし、ナローワイドチェーンリングの場合・・・

チェーンを指でずらす前

ここから・・・

チェーンを指でずらした後

このくらいまで、ぐいっとチェーンを指で押しながらクランクを回しても、
チェーンが落ちることはありません。
(ちょっとわかりにくいかもしれませんが、普通はこのくらいわずかに動かしただけでも、チェーンはあっさりと落ちます)

 

まるでチェーンが、チェーンリングに向かって吸収されていくかのように、収束していきます。

 

ふつうのチェーンリングだと、チェーンが歯ひとつから抜けてしまえば、落ちてしまうものなのですが・・・

ナローワイドチェーンリングだと、その特殊構造により、
チェーンが歯「ふたつぶん」から同時に抜けないかぎり、落ちてしまわないとのことです。

それで、ここまで強力な脱落防止パワーが発揮できるんですね。

 

そして・・・普通のチェーンリングであれば、
ときどき、チェーンが落ちてしまうと思うのですが・・・

私は、ナローワイドチェーンリングに換えてからすでに2年ほど経つのですが、
チェーンが落ちてしまったことは、記憶する限り一度もありません。

 

しかも、私は同じ自転車で、タイヤだけを45cの太いタイヤに換えて、
マウンテンバイクのようなオフロードコースに行くこともあるのですが・・・

そういうガタガタ道を走るような状況では当然、ふつうにオンロードを走るときとは比較にならないくらいチェーンは落ちやすいのですが、
そんな状況でも、チェーンが落ちてしまうことはなかったです。

 

チェーン落ちを防ぐ方法として他には、チェーンカバーを使ったり、脱落防止ガイドを外付けしたりする方法もあるのですが、
「装備のシンプルさ」「チェーンの落ちにくさ」ともに、ナローワイドチェーンリングが最強だ、と思いました。

 

そしてさらに、ナローワイドチェーンリングには、
もうひとつのメリットがありました。

 

チェーンが落ちにくくなる以外に、一体、なんのメリットがあるの?
・・・と、思われるかもしれません。

まあ、もちろん、チェーンの落ちにくさに関係したことではあるのですが・・・

リアディレーラーを、チェーンラインが斜めになるところまでめいっぱい使えるようになった、というメリットがありました。

 

通常、リアディレーラーは、チェーンが斜めになるところまでは使わないものだと思います。

たとえば、リアディレイラーが10段だったとすると、
前ギアがアウターのときは、リアディレイラーは重いほう7段くらいまでしか使わないと思いますし、
前ギアがインナーのときは、使うリアディレイラーの幅は軽いほう7段くらいになると思います。

それ以上の幅でリアディレーラーを使うと、いわゆる「アウターロー」「インナーハイ」の状態になってしまい、
チェーンがやたらと斜めになってしまい、すぐにチェーンが落ちてしまいます。。

そのため、ギアが前2段で後ろ10段だとすれば「20段!」と言われるのですが、
実際に使えるのはそのうち14段くらいだったりするのです。。

 

しかし、ナローワイドチェーンリングであれば、
リアディレーラーをトップ・ローまで使いきって、チェーンがおもいっきり斜めになったとしても、
そのくらいではチェーンが落ちません。

そのため10段なら10段を、端から端まできっちり使い切ることができ、
実質的な段数は、フロントダブルとあまり変わらなくなった・・ということが起きました。

 

私は、自転車を自分でメンテナンスするときに、
調整が煩雑になりやすいフロントディレーラーを扱うのが面倒で、フロントシングル化を決行したのですが・・・

そういった事情から結局は、フロントシングルにしたとしても、
スプロケットをワイドレシオにしたこともあって、変速幅にはほとんど困らなかったです。

もちろん、ナローワイドチェーンリングを装備すると、フロント変速はできなくなってしまいますので、
この方法は「フロントシングル化する」時のみ使える方法です。

 

 

おすすめのナローワイドチェーンリングと言うと、BCD、クランクアーム数、歯数などによって変わってくるので、
一概には言えないのですが・・・

「Wolftooth」のチェーンリングは、このジャンルではド定番ですし、品質も良いと思いました。

 

また、Wolftoothのチェーンリングはやや高価なのですが、
最近だとAmazonなどで、わりと手頃な価格で、ナローワイドの品が手に入ったりします。

 

 

例えば「レースフェイス」も、この領域の定番メーカーですので、
もし、お持ちの自転車が「BCD 110mm」「5アーム」という組み合わせなら、上のチェーンリングは良いと思います。
(歯数は、いくつかの選択肢があります)

 

 

また・・・

 

シマノのナローワイドチェーンリング

 

王道中の王道メーカー「シマノ」のナローワイドチェーンリングも、最近だとAmazonで買えたりしますので、
もしBCDやクランクアーム数がこのチェーンリングに合うのであれば、一考の価値はあると思います。

 

 

ナローワイドチェーンリングを使ったフロントシングル化は、実際にやってみるとなかなか優秀な方法でしたので、
もしフロントディレーラーのメンテナンスが面倒、自転車をもっとシンプルにしたい・・と思われるのであれば、試してみてはいかがでしょうか。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ