軽い体重はロードバイクに無意味?適度に重いほうが有利だと思う理由


巨大で重いバーベル

ロードバイクは、軽いほうがいい!!

・・・というのは、ロードバイク界における常識です。

 

ロードバイクを趣味にしている方であれば、
何十回、何百回と聞いたことでしょう。

 

そしてそれは、「体重」も同じとされます。

「ロードバイク」と「人間」ですと、重いのは圧倒的に「人間」ですので・・・

この人間がわずかでも軽くなれば、ロードバイクには有利!というわけです。

 

ロードレースだと実際、そうなんだろうと思います。

私はレーサーではありませんので、ここで多くを語りはしませんが・・・

山をいくつも越えることが多いロードレースで、わずかでも速く走ろうとするなら、
自転車・乗り手ともに、1gでも軽くしよう・・!というのは、
重要なことなのだろう、と思います。

 

しかしレースではない、一般的な自転車旅とか、自転車通勤とか、街乗りとかの、
「日常でロードバイク趣味を楽しむ」というスタンスですと・・・

むしろ体重は、適度に重いほうが有利なのではないか、と思います。

 

もちろん、メタボになることを奨めているのではなく・・笑

カラダを徹底的に絞って、1gでも軽く・・という方向性よりは、
筋トレをしたり、しっかり食べたりして、
ちゃんと力のある、ごつい身体を作るほうが有利なのでは・・という意味です。

 

日常でロードバイクを使うとき、
「坂を登る」ことは、少ないと思います。

ロードバイクで毎日毎日、激坂を踏破している・・という方は、
おそらく、稀でしょう。

 

そして「体重の軽さ」がいちばん、有利に働くのは、
言うまでもなく、ヒルクライム・・登りです。

なので登る機会が、少なくなればなるほど、
「体重の軽さ」の重要度は、下がってくると思うのです。

 

そして人間は、基本的には、
重いほうがパワーが強い、と思います。

 

例えばボクシングなどの格闘技では、重さが違う人同士を戦わせないように、
わざわざ、たくさんの階級に分けています。

体重が違っても強さが変わらないのなら、わざわざ分ける必要はありませんので・・・
基本的に重いほうがパワーがある、ということは、言えると思います。

 

体重が重いほうが、当然、筋肉量も多くなることが多いですので、
ペダルを回す筋力も当然、強くなるでしょう。

そして自転車は、「重心位置」に気をつけていれば、体重をパワーに変えることができる乗り物ですので、
そういう意味でも、重いほうが有利です。

 

そして日常の中で、乗ることが圧倒的に多い「平地」では、
パワーの強さがそのまま、スピードにつながってくると思います。

 

これがランニングだと、自分で自分の体を運んでいくわけですので、
平地であっても、体が軽いほうが有利だと思うのですが・・・

ロードバイクは体重を、バイク自体が支えてくれますので、
平地だと体重が重いことは、ほとんどデメリットにはならないでしょう。

であれば単純に、パワー・・つまり推進力が強ければ強いほど、
スピードが出たり、たくさんのエネルギーで長距離を走れたり・・と、なるはずです。

 

実際、ロードレースでも、
登りを得意とする「クライマー」は、わずかでも軽いことが優先されますが、
平坦を得意とする「スプリンター」は、多少重くても、ごつくてパワーがあることが優先されるものだと思います。

そして一般人が、クライマーみたいに登りまくることは、まずありませんので・・・

一般人ができるだけ、スピードやロングライド能力を上げたいのであれば、
どちらかというと「スプリンタータイプ」の、しっかりした肉体を作るほうがいい。・・と、言えるかもしれないです。

 

以上、決して私自身が重いことの言い訳とか、
ダイエットしたくない口実とか、そういうわけではないです・・笑

 

もちろん、適正体重がどうとか、理想の体重はどうなのか・・といったものは、
個人によって違ってきますので、なんとも言いづらいのですが・・・

 

一般の人が、一般的な道でロードバイクを楽しむ限りだと、

過度に「体重の軽さ」を追求するよりも、
むしろパワーとか出せるエネルギー量とかのほうを、追求するほうがいいのかもしれない・・と、思います。



スポンサードリンク



運営者:じてまにドクター

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマり、その後も自転車のある生活を楽しみ続けている、いち自転車マニアです。
 
【年齢・性別】30歳台、男性

【居住地域】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【方向性】まったりライド方面

【職業】
元、とある総合病院の内科医・研究員です。

現在は、企業の産業医をしています。

医師目線から運営しているブログはコチラ
(日々のカラダの使い方を整え、痛みや不調の改善を目指すブログです)

【所有自転車】
ブロンプトン:独自の魔改造がほどこされた、超小さくなる折りたたみ自転車です。クルマに常備したり、輪行で旅先に持ち込んだりと使い倒しています。

SURLY CrossCheck:初めてフレームから組み上げたロードバイク系自転車です。ハンドルやタイヤを換装することで、マウンテンバイクモードとかクロスバイクモードとかにチェンジできます。

以上の2台です。

カテゴリー
おすすめ記事
最近の投稿

ページの先頭へ