ブロンプトンに泥除けは必要か?外すとどうなる?


ブロンプトンの泥除け

ブロンプトンには、泥除けがついています。

しかしもちろん、外すことができます。

 

泥除けを外すと、見た目がすっきりしたり、少しですが軽くなったり・・とメリットがあります。

しかしもちろん、泥はねが増えたり・・とデメリットもでてきます。

 

私自身、実際にブロンプトンの泥除けを、前後ともに外して運用してみたことがあります。

そして現在は、前輪のみ泥除けを外した状態で使っています。

 

なのでこの記事では、ブロンプトンの泥除けを外すと実際、どんな感じになるの?

そんな疑問に答えていきます。

外すと・・こんな感じになる!

泥除けを外すと、どうなるか?

で、気になるポイントはおそらく、
「どのくらい泥跳ねが増えるか?」、だと思います。

 

泥除けを外すと、雨の中、すぐに泥でびちょびちょになってしまうのか・・?

それとも外しても意外と、影響は少ないのか・・?

というのはもちろん、大事な点ですよね。

 

実際、前後ともに泥除けを外してみて思ったのは、
前と後ろとで、わけが違うということです。

前輪の泥除けを外すと

ブロンプトンの「前輪の泥除け」を外しても、
泥跳ねは大して、増えないです。

 

理由は前輪のすぐ近くに、太いフレームがあるからですね。

ブロンプトンの太いフレーム

こんな感じで、ぶっといフレームがホイールのすぐ近くにありますので、
泥跳ねはほとんどがここで防がれます。

なので泥除けが無かったとしても、泥が顔面にバンバン飛んでくる!・・とかはほぼ起きないです。

 

しかし「靴」は、ある程度は汚れます

フレームに当たって、跳ね返って飛び散る泥の範囲に、靴は入ってしまっているからですね。。

 

例えば私は靴の防水のために、コロンブス社の「アメダス」というスプレーを使っているのですが・・・

こういうので撥水したりとか、もしくは靴カバーで保護してあげたりとかが、
前の泥除けなしで雨の中を走るなら、必要になるかもしれないです。

後輪の泥除けを外すと

後輪の泥除けを外すと・・後頭部に、泥がバシャバシャ掛かります・・笑

 

後輪が巻き上げた泥は、背中に、頭からお尻まで一直線の形で襲いかかります。

どのくらい掛かるかは、スピードにもよるのですが・・・

例えば地面がしっかり濡れているときに、速いスピードで飛ばす!などしようものなら、
すぐに頭に冷たさを感じ、すぐにそれが泥であると気づき、後悔するわけです・・・

 

そしてこれは、後ろの泥除けが有りさえすれば、ほぼ完全に防げるわけですね。

なのでブロンプトンにおいて、泥除けの重要性は、後輪側が圧倒的に上なのです。

 

とはいえ低速で走る限りなら、泥除けなしでも大丈夫だったりもします。

ブロンプトンのようにホイールが小さいと、ホイールから背中までの距離が長いので、
ロードバイクとかと比べると泥が飛んでくる距離に、だいぶ余裕があるのです。

なので地面が濡れているときは、必ず10km/hちょいくらいまでの低速にする!・・という走り方なら、
泥除けナシだったとしても、なんとかなるのではないか・・と思います。

 

 

今回はブロンプトンの泥除けについてお話ししてみました。

 

関連記事
ブロンプトンの整備に必須の工具を、「まず集めたほうがいいもの」を中心にまとめて紹介しています。

 

ブロンプトンを盗難から守るのに最適な、頑丈で持ち運びやすいU字ロックを解説しています。




運営者:ゆう

 

海岸線沿いのブロンプトン

 
自転車通勤から自転車にハマった、いち自転車マニアです。

【年齢・性別】30歳台、男性

【生息地】九州のどこか

【自転車趣味歴】7年程度

【職業】
現在:企業の産業医
元:総合病院の内科医・研究員

【自転車乗りとしての特徴】
◇貧脚・ゆるポタ勢
◇折りたたみ自転車・輪行大好き
◇フラットペダル派
◇好きな素材はクロモリ
◇全部自分で整備するマン
 
詳しいプロフィール

TwitterInstagram
 

カテゴリー
テーマ特集
サイト内検索
最近の投稿




ページの先頭へ